第863回 明豊vs札幌大谷など試合のレベルが一気にグレードアップ!大会7日目の見所!2019年03月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第91回選抜高等学校大会7日目。明豊vs札幌大谷など、実力校同士の戦いが満載で、一気に試合のレベルがグレードアップする。そんな2回戦3試合の見所を紹介したい。



大会7日目を制するのは?

第1試合 明豊vs札幌大谷

 初戦、横浜投手陣を攻略した明豊打線の破壊力は初戦を突破した学校の中でもトップクラス。一回り目で投手の特徴をつかみ、2回り目以降から狙い球を絞り、一気に畳みかけたい。キーマンとなるのは1番・表 悠斗、3番・布施 心海、4番・野邊 優汰、5番・薮田 源となるだろう。

 札幌大谷は初戦を振り返ると、徹底とした守備シフトを敷き、犠打や右打ちなど手堅い攻めが光った。初戦同様、手堅い試合運びで明豊に対抗していきたい。また先頭打者本塁打を放った北本 壮一朗など長打力のある選手の活躍もポイント。

 投手では登板が予想されるエース・西原 健太は右打者、左打者に対して何を軸に投球を組む立てるのか。そこが問われる。

 明豊は前回、早期降板となった左腕・若杉 晟汰の復調がカギとなる。若杉は「1、2回は硬くなりすぎて、手首を立てるリリースができませんでした。3回ではその感覚を取り戻すことができたので、次回はしっかりとやっていきたいです」と、もし登板が実現した時、若杉らしい切れ味鋭いボールを投げ込むことができるか。1回戦で好投を見せた大畑 蓮、そして144キロ右腕・寺迫 涼生も控える。

 試合展開としては両チームの攻撃力、投手力、守備力を勘案して、4点~6点勝負となるのではないだろうか。

 終盤まで均衡した勝負を期待したい。

第2試合 龍谷大平安vs盛岡大附

 お互い初戦は延長戦を経験。全国の舞台で粘り強さを発揮している。龍谷大平安はエース・野澤 秀伍は状態が上がっていなかったが、それでも緩急自在のピッチングで打者を封じる投球は盛岡大附打線も苦しみそうだ。打線は4番水谷 祥平、決勝打を放った奥村 展征と土壇場で勝負強さを発揮できる選手がいるのは心強い。俊足の中島 大輔が打撃面で躍動すると、得点力が変わってくるだけに奮起を期待したい。

 盛岡大附は主軸の平賀 佑東岡田 光輝が不発。今度は左投手との対戦になるが、対応できるか。見ていてスイングは非常に鋭く、甘く入ればスタンドに持っていける魅力は感じるが、龍谷大平安投手陣は振り回すだけでは通用しないので、ぜひ初戦とは違う盛岡大附打線の怖さを見せてほしい。また盛岡大附はカバーリングや走塁など打撃以外のレベルも高まっているのも見逃せないポイント。関口監督は過去の甲子園でもポイントとなる場面で代走・代打の起用も絶妙だったので、ぜひそこも注目してほしい。

 初戦同様、終盤まで緊張感ある戦いが期待できるのではないだろうか。ロースコアの試合展開は想像しにくく、5~6点の勝負になるだろう。試合を盛り上げるには盛岡大附打線の爆発にかかっている。

第3試合 山梨学院vs筑陽学園

 大会タイ記録となる24安打を放ち、24得点を記録した山梨学院。多くの選手は「日体大のオープン戦が大きかったです」と語るように、大学生とオープン戦を行った打撃面のプラス効果は想像以上に大きいといえる。好投手揃う筑陽学園相手にも発揮できる可能性は大いにある。打線の中心である菅野 秀斗野村 健太が調子を上げており、徹底マークされる中、活躍できるか。

 筑陽学園はエース・西 雄大は制球力に長けた好投手だが、山梨学院は過去に同タイプの投手を攻略した経験があるだけに、多少の失点は覚悟しないといけないだろう。投手総動員で勝負をしていきたい。

 打線は野田 優人が決勝打含む3安打を放ったように多くの選手が調子を上げている。山梨学院は投手陣に不安を残しており、全体的に調子が上がっていない。付け入る隙は十分にあるといえる。

 筑陽学園は守備力も高いので守備からのミスは考えにくい。そうなるとあとはバッテリーの駆け引き勝負となる。打ち合いが予想され、7~10点勝負になっていてもおかしくない。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第910回 好投手擁する菰野、津田学園の三重県勢が有力か。浜松商、県岐阜商の伝統校復活も期待【大会展望・総括コラム】
浦和実vs山梨学院【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第905回 野手のタレントが続々登場する関東大会2日目。東海大菅生、前橋育英に注目(最新版)【大会展望・総括コラム】
明豊vs鹿児島実 2【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
明豊vs鹿児島実【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
西日本短大附vs明豊【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第26回 東邦が優勝を決めた選抜!俳優・吉村卓也が大会で活躍した選手を紹介しつつ振り返る!!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第878回 山梨学院を追う存在は?シード8校を中心に激戦が予想される春の山梨を分析!【大会展望・総括コラム】
東邦vs習志野【第91回選抜高等学校野球大会】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 龍谷大平安に現れた俊足好打の1番打者・中島大輔(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
第916回 大分のライバルが恐れる日高翔太(大分工) 自慢のストレートの凄さが数値でも明らかに!【後編】 【2019年インタビュー】
第923回 高い制球力の秘密は「手首の使い方」!実戦派左腕・若杉 晟汰(明豊)の進化の軌跡 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
札幌大谷 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム