第858回 注目は横浜vs明豊!すべては及川次第!?大会2日目の見所2019年03月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第91回選抜高等学校大会2日目。大会の目玉投手・及川 雅貴、さらには、習志野、神宮大会王者の札幌大谷も登場する2日目の見所を紹介していきたい。



大会2日目を制するのは?

第1試合 日章学園vs習志野

 初出場の日章学園はチーム打率.321と高打率を記録しており、その中心は強打の2番捕手・深草 駿哉、3番・森永 光洋、4番・平野 大和がカギとなる。習志野投手陣の変化球、速球に対応し、着実に点を重ねていきたい。

 今年の習志野は継投策で勝負。安定感のある左腕・山内 翔太がゲームメイクして、終盤で145キロ右腕・飯塚 脩人でつなぐパターンに持っていきたい。

 習志野はチーム打率.299と日章学園には劣るが、11試合で22盗塁を記録した盗塁技術や、走者二塁からシングルヒットが出れば高い確率で本塁へ生還できる走塁技術は間違いなく大きなプレッシャーとなるはず。また美爆音と評される応援も大きなアドバンテージとなっている。

 日章学園は公式戦8試合で4失策しかなかった守備力を発揮し、最後まで接戦に持ち込まれるか。

第2試合 横浜vs明豊

 名門校対決が実現。横浜は2日目の登場となったが、内海 貴斗主将は「早いほうが高いテンションでできるので、僕らとしては歓迎です」と語る。

 横浜のエース・及川 雅貴は甲子園3度目のマウンド。常時140キロ後半の速球、切れ味鋭いスライダー、習得中のチェンジアップがコンビネーション良く決まれば、チーム打率が高い明豊でも打ち崩すのは難しいだろう。ただ、及川は制球難から走者をためて、力のないストレートを投げて打ち込まれる場面が公式戦で見られた。秋季関東大会準々決勝の春日部共栄戦では3回途中まで2本塁打を浴びて5失点と失点の内容が悪く、まだ不安感がある。その不安を払拭できるか問われる。

 上位進出に期待がかかる横浜だが、内海主将は明豊に対して「投打でレベルが高いチームだと思います」と警戒を強める。

 その言葉通り、明豊は投打でレベルが高い選手をそろえる。打線は布施 心海野邊 優汰の上位打線が及川のボールを見極め、着実に走者を溜めることができるか。自分たちのペースに持っていくためにもまずは先制点。そして連打でつながるようだと一気に勢いづくだろう。表主将は「及川投手はチェックして、やはりボールの見極めが課題になるかなと思います」とボールの見極めがポイントになると語った。

 投手陣は若杉 晟汰が投げて、強打者が並ぶ横浜相手にキレのあるストレート、スライダーを低めに集め、丁寧なピッチングを見せてしのいでいきたい。6、7回まで試合を作り、大畑 蓮寺迫 涼生の140キロコンビでねじ伏せる投球ができるようになると理想だ。

 試合展開は及川のピッチングと明豊投手陣のピッチング次第。1イニング1イニングの攻防に注目だ。

第3試合 札幌大谷vs米子東

 神宮大会王者の札幌大谷が登場。まずエース・西原 健太は最低、神宮大会の投球内容が求められる。神宮大会以上のピッチングを見せて、盤石の試合展開に持っていきたいところ。ここぞという場面では右サイドの太田 流星が控えており、逃げ切りたい。打線は強打の遊撃手・石本 壮一朗やセンター・石鳥 亮など打力が高い選手が揃い、神宮大会で見せた先行逃げ切りの野球を見せたい。

 対する米子東は昨秋から打撃改革を行い、中国大会では打ち勝って、決勝まで進出した打撃に注目。キーマンとなるのはチーム最多の11打点を挙げた福島 悠高一塁手や188センチの大型遊撃手・岡本大翔、投打の柱・森下 祐樹 がキーマン。投げては森下が左腕から角度ある直球、キレのあるスライダーを低めに集め、試合を作っていきたい。

 米子東の打撃がカギを握る試合。5,6点勝負になることを期待したい。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
西日本短大附vs日章学園【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
横浜vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
立花学園vs横浜隼人【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs星槎国際湘南【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
第202回 奥川、西はどのような投球を見せたのか?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第201回 佐々木、及川の実力は?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【東日本編】【ドラフト特集コラム】
横浜商vs生田東【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
第916回 大分のライバルが恐れる日高翔太(大分工) 自慢のストレートの凄さが数値でも明らかに!【後編】 【2019年インタビュー】
第923回 高い制球力の秘密は「手首の使い方」!実戦派左腕・若杉 晟汰(明豊)の進化の軌跡 【2019年インタビュー】
第924回 センバツで開花せよ!アベレージヒッター&ユーティリティプレーヤー・野邊 優汰(明豊)! 【2019年インタビュー】
第925回 秋のチーム本塁打王!大型打者・薮田 源(明豊)が化けた思考の転換 【2019年インタビュー】
第927回 負けず嫌いが生んだ速球派右腕への道 寺迫涼生(明豊) 【2019年インタビュー】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
札幌大谷 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
日章学園 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
米子東 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム