第632回 星稜vs履正社の勝負のポイントは?読めばさらに面白くなる大会初日の見所!2019年03月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第91回選抜高等学校野球大会が開幕する。初戦は星稜vs履正社など好カードが目白押し。注目の3試合の見所を紹介していきたい。



大会初日を制するのは?

第1試合 市立呉vs市立和歌山

 市立同士の対決は5~6点勝負が予想されそうだ。今年の市立呉はザ・高校野球と表現できるぐらい堅実な攻めを見せるチーム。犠打数は30、盗塁は20と犠打を足を絡めた野球を展開。ミート力が高い選手が多く、チーム打率.322、広島県大会決勝の1試合以外、5得点以上あげており、突出した長打力を持った選手はいなくても攻撃力は高い選手だといえるだろう。注目選手は4番打者ながら7盗塁を記録した沼田 歩、17打点を記録した田辺 舜治がキーマンとなるだろう。投げては技巧派右腕・沼田 仁がどこまで踏ん張ることができるか。

 対する市立和歌山も同じくチーム打率.326を記録しているように、上位打線に高打率が並ぶ1番・山野 雄也、最も長打力があり、勝負強さを兼ね備えたショートストップ・緒方 隆之介が秋季大会で見せた勝負う強い打撃を見せるか。また2年生左腕・岩本 真之介が市立呉打線を粘り強く抑えることができるか。

 終盤まで見逃せない好勝負が期待できそうだ。

第2試合 高松商vs春日部共栄

 奇襲を駆使する高松商が制するのか?それとも春日部共栄のエース・村田 賢一が踏ん張るのか?

 高松商は神宮大会で見せたセーフティスクイズなど勝負所で小技を仕掛けるように相手から嫌らしい攻撃を見せ、着実に点を重ねる。その攻撃の中心は1番・飛倉 爽汰。昨秋は打率.413、9打点、8盗塁とチャンスメーカー・ポイントゲッターとして存在感を示した。飛倉を起点にして、つなぎの野球で得点を重ねていきたい。また神宮大会で本塁打を放った立岩 知樹はこの試合でも意外性を発揮できるか。エース・香川 卓摩は多彩な変化球を操り、制球力も一定以上のものがあるので、少ない失点が期待できそうだ。

 一方、春日部共栄は村田、石﨑 聖太郎のバッテリーが高松商の打者の特徴、攻撃の特徴をつかみ投球を展開できるか。高松商の攻撃に惑わされて受け身にならず、自分のピッチングができるか注目される。対する打線は右打者の黒川 渓、村田がキーポイントとなりそう。

 試合展開は両投手とも実力を考えると、投手戦が予想される。どちらが集中打で攻略できるか。それができたチームが2回戦へ進みそうだ。

第3試合 履正社vs星稜

 注目の対決が初日から実現した。星稜奥川 恭伸履正社の強打の対決という構図になるが、履正社には今大会屈指の左腕・清水 大成がいる。140キロ前半の速球、スライダー、チェンジアップ、カーブを低めに集めるピッチングは簡単に打ち崩せない。清水が持ち味を示せば、星稜にとってはかなり苦しみそう。

 星稜の打線のカギを握るのは内山 壮真。天才的な反応能力があり、好投手からも長打・本塁打にできる能力はこの試合でも大いに発揮できそう。それを発揮する場面がランナーがいる場面か、いない場面か。もし勝負を分ける場面で内山に回れば、ヒーローになる可能性はある。

 履正社は奥川を攻略するにはチマチマとした打撃ではなく、まさかの長打・本塁打を打って奥川のペースを崩すしかない。昨秋、練習試合を含めると最も本塁打を放った1番・桃谷 惟吹、大型スラッガー・井上 広大、新2年生スラッガー・小深田 大地がカギになるのではないだろうか。

 最後まで見離せない熱い勝負になることを期待したい。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
第4回 星稜高等学校(石川・北信越地区代表)「北信越4連覇と無類の強さを発揮!打線の力は昨年以上」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
星稜vs敦賀【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
市立呉 【高校別データ】
春日部共栄 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
市立和歌山 【高校別データ】
市立和歌山商 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム