第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?2019年03月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]優勝候補同士が開幕日で実現!横浜の及川は成長を見せているか?
[2]広陵vs八戸学院光星などトーナメントの右側も面白いカードばかり

 2019年 第91回選抜高等学校野球大会の組み合わせが決まった。今回は開幕戦から全出場校が登場する大会8日目までの見どころを紹介したい。

優勝候補同士が開幕日で実現!横浜の及川は成長を見せているか?



大注目の星稜vs履正社

 まず大会注目度ナンバーワン・星稜。出場校の主将の多くが星稜を優勝候補に挙げている。その理由として、絶対的なエース・奥川 恭伸と上位下位と切れ目のない打線だろう。

 奥川は昨秋の公式戦60.1回を投げ、82奪三振、四死球5、防御率0.60と隙の無いピッチング内容。春先の練習試合でも140キロ後半の速球を投げ込んでおり、順調な仕上がり。打線は「強化課題」としてとらえた星稜は、練習試合でも多くの当たりを見せている。

 そんな初戦の相手は履正社に決まった。履正社はエース・清水 大成は最速145キロの速球、キレのあるスライダーで勝負する本格派左腕で、左打者が多く、捻る動作が見られる打者が多い星稜にとっては苦戦しやすい投手。
 打線は長距離砲・井上 広大小深田 大地などチーム本塁打は11本と満遍なく打ちまくっている。初見の奥川はかなり苦労しそうだが、慣れてくると、自慢の長打力が牙をむく可能性は大いにあるだろう。

 試合展開としては両エースの持ち味が発揮できれば投手戦。お互い能力が高い打者がいるので、試合は一発で決まる可能性がある。



左から沼田仁、村田賢一、香川卓摩 投手

 まず開幕戦は市立呉市立和歌山と市立勢の対決。市立呉は2017年に続き、開幕戦での登場となった。市立呉はエース・沼田 仁を中心に粘り強く、勝ち上がるチーム。市立和歌山はチーム打率.326を記録している強打のチームで、さらに守備力も高い選手が多く、近畿6枠目ながら、実力は侮れない。

 久々の選抜出場で、初日の第2試合に登場する春日部共栄はエース・村田 賢一が中心の好チーム。最速146キロの速球、スライダー、スプリット、カーブを制球力投げ分け攻めが多彩。また強肩捕手・石﨑 聖太郎のリードにも注目だ。

 対する高松商はテクニックが長けた香川 卓摩の投球術は全国の舞台でも発揮できるか。エンドラン、セーフティスクイズと小技を駆使して、村田を攻略していきたい。



成長が楽しみな及川雅貴投手

 習志野は、大会2日目第1試合に登場する。習志野は小林徹監督が完投できる投手はいないと語るようにセンバツでも継投策が予想されそう。
 テクニックが長けた左腕・山内 翔太、145キロ右腕・飯塚 脩人の継投リレーを確立させたい。打線は昨秋は新2年生を迎える打者たちの勢いある打撃が目立った。速球への対応力を磨き、古豪復活をアピールしたい。

 対する日章学園は好捕手・深草 駿哉、4番サード・平野 大和と打力が高い選手が多く揃っている。投手力に若干の不安があるだけに打力でカバーしていきたい。

 注目の及川 雅貴擁する横浜明豊との対戦が決まった。
 及川は昨秋、制球難から自分のピッチングができず打ち込まれた場面があったが、150キロ前後の速球、130キロ前半のスライダーの精度はプロの左投手とひけをとらないものがあるだけに、この2つ以外の武器を見出したい。

 ただ明豊はチーム打率.375を誇り、140キロ以上の投手を3人揃える好チームでもある。及川を打ち崩すミート力、選球眼の高さはあるチームで、及川は明豊のしぶとさに耐えることができるか?

【次のページ】 広陵vs八戸学院光星などトーナメントの右側も面白いカードばかり

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第990回 【秋季愛知県大会】中京大中京が日本一へ輝くも、各地区の猛者が実力の片鱗を見せた球国愛知の秋【大会展望・総括コラム】
第3回 入学当時は甲子園出場は厳しいだろうと思っていた 槙原寛己氏【前編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1回 智辯和歌山 名誉監督・高嶋仁氏 ×PL学園元監督 中村順司氏 「練習時間の短縮化」と「野球人口減少」を名将たちはどう考えるのか?【変わりゆく高校野球】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第9回 球史に名を刻む名将・高嶋仁氏(智辯和歌山 名誉監督)、中村順司氏(PL学園元監督)が考える球数制限【球数制限問題】
第648回 「女子野球に新しい風を吹かせたい」模索を続ける履正社女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
白樺学園vs国士舘【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
石﨑 聖太郎(春日部共栄) 【選手名鑑】
石原 勇輝(広陵) 【選手名鑑】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
岩本 大地(石岡一) 【選手名鑑】
浮橋 幸太(富岡西) 【選手名鑑】
江川 侑斗(大分) 【選手名鑑】
太田 流星(札幌大谷) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
及川 雅貴(横浜) 【選手名鑑】
来田 涼斗(明石商) 【選手名鑑】
熊田 任洋(東邦) 【選手名鑑】
黒川 史陽(智辯和歌山) 【選手名鑑】
河野 佳(広陵) 【選手名鑑】
小深田 大地(履正社) 【選手名鑑】
清水 大成(履正社) 【選手名鑑】
霜上 幸太郎(熊本西) 【選手名鑑】
中尾 拓士(大分) 【選手名鑑】
中森 俊介(明石商) 【選手名鑑】
西 雄大(筑陽学園) 【選手名鑑】
西舘 昂汰(筑陽学園) 【選手名鑑】
西原 健太(札幌大谷) 【選手名鑑】
沼田 仁(市立呉) 【選手名鑑】
根本 大蓮(松山聖陵) 【選手名鑑】
野村 健太(山梨学院) 【選手名鑑】
村田 賢一(春日部共栄) 【選手名鑑】
村田 凛(札幌第一) 【選手名鑑】
森 勝哉(広陵) 【選手名鑑】
森 敬斗(桐蔭学園) 【選手名鑑】
山内 翔太(習志野) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
市立呉 【高校別データ】
大分 【高校別データ】
大分工 【高校別データ】
大分商 【高校別データ】
大分一 【高校別データ】
大分二 【高校別データ】
春日部共栄 【高校別データ】
熊本西 【高校別データ】
啓新 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
札幌第一 【高校別データ】
情報科学 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
富岡西 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
津田学園 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
中津商 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
日章学園 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
森 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
米子東 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
市立和歌山 【高校別データ】
市立和歌山商 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム