第849回 「横浜挑戦権」と「夏のシード権」をかけて!混戦模様の香川大会を徹底解説2019年03月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高松商+大会3位までが夏のシードと「横浜」対戦権獲得/群雄割拠・混戦模様のトーナメント左側
[2]激戦必至・予測不能のトーナメント右側

 3月20日(水)に香川県丸亀市のレクザムボールパーク丸亀で開幕。センバツ出場の高松商を除く37校34チーム(連合チームは石田・笠田・琴平善通寺一・飯山)が参加し、3月31日(日)に<雨天順延>香川県高松市のレクザムスタジアムで行われる決勝戦・3位決定戦まで2会場で計34試合が開催される「平成31年度春季四国地区高等学校野球香川県大会」。
 今回は2月15日(金)に行われた組み合わせ抽選会の結果を反映し、7月13日(土)から25日(木)まで開催予定の第101回全国高等学校野球選手権香川大会への流れを含め、大会を展望していきたい。

高松商+大会3位までが夏のシードと「横浜」対戦権獲得



秋の香川県王者・高松商

 香川県において春の県大会は四国の他3県以上に様々な特典がある。優勝校はセンバツ出場の高松商と共に4月13日(土)10時よりレクザムスタジアムで行われ、夏の香川大会第1シード。第2シードも決する春季四国大会順位決定戦での対戦を経て、5月3日(金・祝)から3日間、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで行われる春季四国地区高等学校野球大会に出場。

 かつ、この大会では3位以内に入れば高松商と共に6月21日(金)抽選会、7月13日(土)~25日(木)開催予定の第101回全国高等学校野球選手権香川大会のシード権を手に入れると同時に、6月8(土)・9日(日)にレクザムスタジアムでドラフト1位候補の最速153キロ左腕・及川 雅貴(3年)を擁する名門・横浜(神奈川)との「香川県高等学校野球連盟招待試合」対戦権を得ることができるのだ。「横浜と対戦できるのは楽しみ」。実際、2月15日(金)の組み合わせ抽選会でも多くのキャプテンから対戦を熱望する声が聞かれた。

 当然、各校のモチベーションは初戦からハイテンションとなることは確実。昨秋県大会のベスト8を対象に、志度(1位)、英明(2位)、藤井学園寒川(3位)。以下、抽選で小豆島中央尽誠学園大手前高松香川中央の順に配されたシード計7校も全く安穏としていられない。

 では、ブロック別に開幕まで1ヶ月を切った時点での情勢を展望していこう。

群雄割拠・混戦模様のトーナメント左側



開 貴斗投手(志度)

<シード1位・志度~高松中央ゾーン>
 昨秋は右サイドの技巧派・開 貴斗(3年・171センチ62キロ・右投右打・高松市立牟礼中出身)と、県大会12打点の5番・國本 亮平(3年・三塁手・166センチ81キロ・さぬき市立さぬき南中出身)ら打線がよきハーモニーを奏で、4年ぶりの四国大会出場を勝ち取った志度だが、今回は一筋縄ではいきそうにない。

 初戦はくせ者の観音寺総合。ここを突破しても高松東と2年生では四国屈指の長打力を有する田中 大貴(遊撃手・右投右打・174センチ66キロ・三豊市立三野津中出身)がけん引する観音寺一の勝者が待ち受ける。志度としては秋の高野連招待試合・報徳学園(兵庫)戦で鎖骨骨折したリードオフマン・田村 大樹(3年・中堅手・左投左打・三木町立三木中出身)の回復具合が大きなポイントになりそうだ。

 また、逆ブロックも昨年香川大会ベスト8の高瀬をはじめ、高松桜井高松中央も力は拮抗しており、8強入りの行方は全く読めない。



8強入りの秋にサヨナラ勝ちした四国学院大香川西と初戦でぶつかる香川中央

<シード校・大手前高松~シード校・香川中央ゾーン>

 昨秋は県準々決勝で志度に競り負けたものの、大手前高松が中心の展開となりそう。初戦は高松南、次戦も坂出工坂出商らの勝者といった実力者が待ち受けるが、四国選抜チオーストラリア遠征メンバーの井上 治樹(3年主将・三塁手・右投左打・174センチ70キロ・善通寺市立西中出身)が「最少失点でしのげるかがポイント」と語る守備力から攻撃につなげ、春の県大会・四国大会連覇を狙う。

 逆ブロックの注目は昨秋2回戦の再現となる香川中央四学大香川西の一戦。前回の対戦では二転三転の末逆転サヨナラ勝ちした香川中央がベスト8入りへの扉を開いているが、四学大香川西もここは譲れないところ。例年チームコーディネーションに強みを持つ香川中央に対し、昨秋より指揮を執る1995年・観音寺中央センバツ初出場初優勝メンバーの1人である高木 稔之監督がいかに対抗力を付けてきたかも勝敗を左右する着目点となるだろう。

【次のページ】 激戦必至・予測不能のトーナメント右側

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
尽誠学園vs大手前高松【香川県 2019年秋の大会 香川県秋季大会】
英明vs四学大香川西【香川県 2019年秋の大会 香川県秋季大会】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第950回 【香川大会総括】「サプライズ」「羽ばたく2年生」「復活」「救世主」 そして本命が頂点へ【大会展望・総括コラム】
第41回 習志野の撃破は必然だった 鶴岡東は「個性的な選手」が揃ったチームだ【101回大会特集】
鶴岡東vs高松商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第27回 四国勢の逆襲か?過去10年間における「初戦勝率」から分析【101回大会特集】
第953回 大会4日目は選抜準優勝の習志野が登場!すべて実力校対決の4日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
城南vs阿波【徳島県 2019年夏の大会 第101回選手権徳島大会】
志度vs三本松【香川県 2019年夏の大会 第101回選手権香川大会】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第833回 今年の高松商のエースは研究心旺盛。目指すは全国屈指の左腕へ 香川 卓摩(高松商) 【2018年インタビュー】
第739回 「超攻撃的リードオフマン」聖地での躍動を誓う 水野 達稀(丸亀城西) 【2018年インタビュー】
第386回 埼玉西武ライオンズ 木村 昇吾選手「レギュラー入りするために。もう一度、自分を見つめ直そう」 【2016年インタビュー】
四国発
石田・笠田・琴平 【高校別データ】
英明 【高校別データ】
大手前高松 【高校別データ】
香川 【高校別データ】
香川中央 【高校別データ】
笠田 【高校別データ】
観音寺一 【高校別データ】
観音寺総合 【高校別データ】
観音寺中央 【高校別データ】
坂出工 【高校別データ】
坂出商 【高校別データ】
三本松 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
志度 【高校別データ】
小豆島中央 【高校別データ】
尽誠学園 【高校別データ】
善通寺一・飯山 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】
高瀬 【高校別データ】
高松 【高校別データ】
高松北 【高校別データ】
高松工芸 【高校別データ】
高松桜井 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
高松一 【高校別データ】
高松中央 【高校別データ】
高松西 【高校別データ】
高松東 【高校別データ】
高松南 【高校別データ】
多度津 【高校別データ】
飯山 【高校別データ】
藤井 【高校別データ】
藤井寺工科 【高校別データ】
丸亀 【高校別データ】
丸亀城西 【高校別データ】
三木 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム