春の王者を目指す戦いが刻一刻と近づく岐阜県。どのチームが頂点に駆け上がるのか。昨秋の結果を見ながら、各地区ごとにチームの戦力を紹介していく。

昨秋のベスト4を中心とした勢力図を崩す学校



不後 祐将投手(中京学院大中京)

 昨秋は中京学院大中京が優勝し、大垣日大が準優勝。3位決定戦は岐阜第一県立岐阜商とが対戦し岐阜第一が大勝して東海大会進出を果たした。現在の県勢力構図としては、そのままの構図が4強として戦ったという結果になった。当然、この春もこの4校が中心となっていくことは間違いない。

 地区別では中京学院大中京が突出している東濃地区では、麗澤瑞浪土岐商が追いかける存在となっていく。これに一昨年の21世紀枠代表校の多治見中津川工多治見工といった工業校勢がどこまで食い下がっていかれるかだ。

 2年連続出場を果たしている大垣日大が圧倒的リードの西濃地区は、大垣日大が免除の地区予選では海津明誠が1位となった。県大会でも8強に進出して自信を得ている。選手個々が率先してトライしていく姿勢を貫いている。岩橋浩二監督とエースで4番の岩橋球斗君の親子鷹も話題となりそうだ。追うのが県大会で一つ勝っている大垣商大垣養老。さらには大垣工大垣西といったところか。

 混戦の岐阜地区は岐阜第一県立岐阜商の対決に21世紀枠の県推薦校となった岐阜が上位候補。県大会もベスト8まで進んだ市立岐阜商。4年前の夏に甲子園に進んでいる岐阜城北。さらには復活を目指す長良に近年躍進著しい岐阜各務野岐南工も侮れない。岐阜総合学園岐山各務原、私学勢の岐阜聖徳学園富田なども機を窺っている。

 中濃・飛騨地区では帝京可児美濃加茂が双璧。これに環境の恵まれている関商工東濃実、スポーツが盛んで16年秋に県大会ベスト4の益田清風がどう絡んでくるか。また、神奈川県から単身乗り込んできた土井誉仁監督が就任して以来、チーム力は着実に上がっている加茂の戦いも見逃せない。名門校の斐太関有知武義などの戦い方も注目だ。

(文=手束 仁