実績と安定のある菰野、三重、いなべ総合


 昨秋の県大会3位から東海大会を勝ち上がって決勝進出を果たした津田学園が17年ぶり3回目のセンバツ甲子園出場を果たした。その津田学園を県大会で下したのが、剛腕岡林 勇希君を擁する菰野だ。

 地区的には四日市地区では菰野海星が筆頭格。暁に四日市工四日市などがどこまで食い下がれるか。

 桑員地区では津田学園がセンバツ出場で予選免除となるので、いなべ総合が突出している。桑名西桑名北桑名がどう戦うのか。

 鈴亀地区では、鈴鹿が筆頭格で、白子稲生が続く存在。

 中勢地区では昨夏の代表校白山がどういう戦いを示すか注目だ。津商津西久居農林といった実績のあるところも、やはり安定している。

 県南へ目を向けてみると、松阪・牟婁地区では三重松阪松阪商が上位候補。昨秋1位の木本も力はあるだろう。

 南勢地区では宇治山田商皇學館伊勢工、伝統の宇治山田といったところの名前が挙がる。

 伊賀地区は近大高専が筆頭格で、他には名張上野伊賀白鳳あたりが県大会進出を狙う。

(文=手束 仁