目次

[1]近畿地区に潜む逸材投手たち
[2]中四国・九州地区の逸材投手たち

 平成最後の選抜となる第91回選抜高等学校野球大会の出場32校が決まった。その最後の大会を盛り上げるにふさわしい選手が集った。今回は西日本の投手編だ。

近畿地区に潜む逸材投手たち


西日本 注目投手リスト
清水 大成履正社
野澤 秀伍龍谷大平安
中森 俊介明石商
河野 佳広陵
石原 勇輝広陵
森 勝哉広陵
森下 祐樹米子東
香川 卓摩(高松商)
根本 大蓮松山聖陵
西舘 昂汰筑陽学園
西 雄大(筑陽学園)
大畑 蓮明豊
寺迫 涼生明豊
若杉 晟汰明豊

 今年の選抜出場校でナンバーワン左腕といえるのが清水 大成履正社)だ。上半身下半身が連動した投球フォームから最速145キロを誇る。ストレートは回転数が高く、空振りが奪え、内外角・高めを投げ分け、三振を量産。現状ではストレートが決め球。さらにストレートを磨き、空振りを奪える変化球を習得して、圧倒的なピッチングができるようにしていきたい。野澤 秀伍龍谷大平安)も近畿大会で安定したピッチングを続けた左腕。胸郭をうまく使い振り下ろす投球フォームから繰り出す130キロ後半の速球は勢いがある。



中森 俊介(明石商)

 近畿ナンバーワン右腕といえるのが中森 俊介明石商)だ。昨夏の甲子園では常時140キロ・最速145キロの速球を武器に八戸学院光星打線相手に好投を見せた中森。ワインドアップから始動し、縦の回転を使って投げられる投球フォーム。体の使い方のうまさは松本 航の高校時代と引けを取らない。久しぶりの大物。いろいろ比較してみたが、近畿で彼を上回る投手はいない。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。