第840回 広陵の3本柱、履正社の清水大成に注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本投手編】2019年01月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]近畿地区に潜む逸材投手たち
[2]中四国・九州地区の逸材投手たち

 平成最後の選抜となる第91回選抜高等学校野球大会の出場32校が決まった。その最後の大会を盛り上げるにふさわしい選手が集った。今回は西日本の投手編だ。

近畿地区に潜む逸材投手たち



左から野澤 秀伍(龍谷大平安) 清水 大成(履正社)

西日本 注目投手リスト
清水 大成履正社
野澤 秀伍龍谷大平安
中森 俊介明石商
河野 佳広陵
石原 勇輝広陵
森 勝哉広陵
森下 祐樹 米子東
香川 卓摩(高松商)
根本 大蓮松山聖陵
西舘 昂汰筑陽学園
西 雄大(筑陽学園)
大畑 蓮明豊
寺迫 涼生明豊
若杉 晟汰明豊

 今年の選抜出場校でナンバーワン左腕といえるのが清水 大成履正社)だ。上半身下半身が連動した投球フォームから最速145キロを誇る。ストレートは回転数が高く、空振りが奪え、内外角・高めを投げ分け、三振を量産。現状ではストレートが決め球。さらにストレートを磨き、空振りを奪える変化球を習得して、圧倒的なピッチングができるようにしていきたい。野澤 秀伍龍谷大平安)も近畿大会で安定したピッチングを続けた左腕。胸郭をうまく使い振り下ろす投球フォームから繰り出す130キロ後半の速球は勢いがある。



中森 俊介(明石商)

 近畿ナンバーワン右腕といえるのが中森 俊介明石商)だ。昨夏の甲子園では常時140キロ・最速145キロの速球を武器に八戸学院光星打線相手に好投を見せた中森。ワインドアップから始動し、縦の回転を使って投げられる投球フォーム。体の使い方のうまさは松本 航の高校時代と引けを取らない。久しぶりの大物。いろいろ比較してみたが、近畿で彼を上回る投手はいない。

【次のページ】 中四国・九州地区の逸材投手たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高松商vs坂出工【香川県 2019年夏の大会 第101回選手権香川大会】
広陵vs広島井口【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
第1022回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第629回 野球部は大きなファミリー!母校を率いる指揮官の熱い思い 益田東(島根)【前編】【野球部訪問】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
第934回 逆襲の明徳義塾か、連覇期す高知商か、「1年生1番」森木 大智の高知か? 「3強」以外にも興味深い高知県の夏【高知大会展望】【大会展望・総括コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
龍谷大平安vs日星【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
広陵vs西条農【広島県 2019年夏の大会 第101回選手権広島大会】
第1013回 同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)【後編】 【2019年インタビュー】
第1011回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
第1020回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
龍谷大平安vs花園【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
西舘 昂汰(筑陽学園) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
米子東 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム