第828回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】2019年01月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]星稜の課題 星稜が恐れる広陵とは?
[2]チームを1つに 打線は速球投手の対応が課題
[3]横浜、創志学園、大阪桐蔭などタレントチームの課題は

 いよいよ2019年がスタートした。選抜は平成最後の選抜となり、夏の甲子園は新元号の元、スタートする。さて、今年の高校野球はどんなチームがリードするのか。選抜出場候補のチームだけではなく、夏に躍進が期待できるチームを紹介していきたい。

星稜の課題 星稜が恐れる広陵とは?



奥川恭伸(左)と西原健太(右)

 2018年は大阪桐蔭が終始リードする形だったが、今年は明治神宮大会準優勝の星稜がリードする形になりそうだ。今年の高校生を代表する投手・奥川 恭伸は絶対的な存在。また奥川以外にも他校であればエース級の実力を持った投手が多くいる。

 打線は1年生ショート・内山 壮真を中心に好打者がずらりと並ぶが、林監督は「今の打力はBクラスかCクラス。このままでは選抜1、2回戦で敗れる」と厳しい。打線については昨年、石川大会決勝で数々の打撃記録を打ち立てた昨年のチームぐらい伸びることを期待している。昨年は「レベルは下から数えたほうが早いチームでしたが、歴代でも最も伸びたチーム」と林監督が評するチームだったという。

 その星稜を追うのはどこか?まず星稜を破った札幌大谷。エース・西原 健太、魅惑の技巧派右腕・太田 流星の2枚看板を含め、打線も上位下位と切れ目なく、守備力も標準以上の高さがある。神宮大会で見せた粘り強い試合運びを見せながら、個々の能力を高めていきたい。

 星稜の監督、選手たちが恐れていたのが、広陵である。投手陣の柱・河野 佳石原 勇輝森 勝哉の3枚看板の実力は全国トップクラス。

 また打線については、巧打者が多く並び、抑えた奥川でさえも、「広陵さんは速球、変化球でも体が突っ込まない状態でボールを見送り、さらに振ることができているので、対戦していて投げづらかった。できれば早い段階では当たりなくない」と警戒する。ただその広陵がコールド負けするということは、まだ予期せぬ失点、エラーが起きた時にそれを修正するメンタルコントロール、術がないということ。それを克服できるメンタルが備わると優勝候補に名乗りをあげそうだ。

 パワフルな打線が売りの筑陽学園、セーフティスクイズ、エンドランなど攻めが多彩な高松商、下位打線まで長打が打てる打者がそろう八戸学院光星石川 昂弥熊田 任洋など能力が高い打者がそろう東邦など、神宮大会に出場した10チームも躍進が期待できそうだ。

【次のページ】 履正社、明石商の2校は全国でも躍進が期待できる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第78回 第二のお母さんとして!愛情米(こめ)たおにぎりで選手を支える!高松商(香川)【頑張る!マネージャー】
第2回 弘前東(青森)【冬が僕らを強くする2019】
第10回 キューバ野球は日本野球のレベルを高める材料がたくさん詰まっていた【前編】【世界の高校野球】
第529回 一戦必勝が導いた優勝!甲子園で勝つためにさらなる高みへ!【バッテリー座談会 後編】【野球部訪問】
第528回 創部10年目で神宮大会V!札幌大谷バッテリーが語る、明治神宮大会初出場までの道のり【バッテリー座談会 前編】【野球部訪問】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第861回 高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
四国選抜vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
札幌大谷vs星稜【2018年 第49回明治神宮野球大会】
札幌大谷vs筑陽学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs高松商【2018年 第49回明治神宮野球大会】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
東妻 純平(智辯和歌山) 【選手名鑑】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
石原 勇輝(広陵) 【選手名鑑】
内山 壮真(星稜) 【選手名鑑】
太田 流星(札幌大谷) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
及川 雅貴(横浜) 【選手名鑑】
熊田 任洋(東邦) 【選手名鑑】
黒川 史陽(智辯和歌山) 【選手名鑑】
清水 大成(履正社) 【選手名鑑】
西原 健太(札幌大谷) 【選手名鑑】
野口 海音(履正社) 【選手名鑑】
森 勝哉(広陵) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
春日部共栄 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
広陵 【高校別データ】
札幌大谷 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム