第818回 奥川、武岡、西原…平成最後の神宮大会で躍動した逸材たち2018年11月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]頭1つ抜けていた奥川 奥川に続くドラフト候補の投手たち
[2]武岡、石川などドラフト候補野手は大爆発ならずもポテンシャルの高さを見せつける
[3]札幌大谷・太田、筑陽学園・福岡など春までの成長が楽しみな選手たち


トーナメント表

平成最後の神宮大会となった第49回明治神宮大会は、札幌大谷の優勝で幕が閉じた。続いて逸材のパフォーマンスについて紹介する。

 今回は
・ドラフト候補の投手・野手
・ドラフト候補とまではいかなくても今後が楽しみな選手
・将来性豊かな1年生
の項目に分けて紹介する。

頭1つ抜けていた奥川 奥川に続くドラフト候補の投手たち



奥川恭伸(星稜)

 まず今大会の注目投手である奥川 恭伸星稜)は前評判通りの実力を発揮した。大会3試合に登板して、防御率0.00と圧巻のピッチングを見せた。奥川は投手好きの人からすれば理想には遠い投球フォームである。歩幅が狭く、しっかりと胸を張ったフォームでもない。ただ骨盤を一気に回旋させた勢いによって高速の腕の振りができる投手で、力みなくリリースできる。そのため常時145キロ前後の速球は内外角にきっちりコントロールされ、さらに、ストライクゾーンからボールゾーンに変化する縦スライダー、スライダー、カーブ、高速フォークボールの4球種で投球を組み立てる投球は高校生のレベルを超越している。

 また、この大会は初日2試合がともに初回5失点と慌ただしい立ち上がり。奥川は大会の流れを読んで、先頭打者から三振を狙いに行ったりするなど、状況判断にたけたところも大人。ポテンシャルの高さと実戦力を兼ね備えた高校生右腕はそうそういない。アジア大会の経験をしっかりと成長につなげており、2019年の日本のエースへ期待できる存在となってきた。

 優勝投手となった札幌大谷西原 健太は、決勝戦の星稜戦で1失点完投勝利。大会前にフォーム修正を行い、開きが小さく、球持ちが優れた投球フォームとなった。この大会では最速140キロのストレートは重量感があり、回転数も高く、空振りが奪える。さらにスライダー、カーブ、チェンジアップの精度は高く、右打者、左打者問わず、苦手にすることなくピッチングが組み立てることができる。全道大会では不調に終わったが、見事に自信をつけていった。これほど実戦力が高い投手だとは思わなかった。

 このままいけば、北海大西 健斗(慶應大)の3年夏の投球ができるまでに行く可能性は秘めている。高卒プロを狙うのであれば、あとアベレージ5キロ~7キロアップは期待したい。

 コールド負けした広陵は3人の投手がドラフト候補として期待できそうだ。それぞれ個性があるのが頼もしい。まず先発の石原 勇輝はなんといっても角度あるストレートとカーブ。大きく胸を張って高い位置から振り下ろすストレートは回転数が高く空振りが奪えるストレート。ブレーキングが利いたカーブは2019年度の高校生左腕の中でも唯一優れた武器といえる。



河野佳(広陵)

 河野 佳は最速145キロを計測したが何といっても光るのが低めへ伸びるストレートだ。回転数が優れたストレート、130キロ前後のカットボール。どれも超高校級。174センチ76キロと上背がなく、大学進学向きとみられるが、同タイプの吉田 輝星がプロへ進んだのを見ると、河野も成長次第では十分に可能な投手だといえる。最近は身長の境目がなく良い投手であれば獲るという流れになってきた。貪欲にレベルアップを追求してほしい投手だ。

 星稜戦の7回表に登板した左腕・森 勝哉は最速142キロを計測。180センチ82キロから振り下ろすストレートは威力があった。1イニングだけだったが、能力は十分。3人の能力は十分に高いので、評価を高めるには甲子園で3人がどれだけ投げられる状況を作れるか。すなわち打撃陣の奮起に期待したい。

西舘 昂汰筑陽学園)は186センチの長身から繰り出すストレートは角度がある。ただ常時130キロ中盤と威力不足を痛感した。大化けしたピッチングを期待したい。香川 卓摩高松商)も135キロ前後の速球、スライダー、カーブと適度にまとまりがあった左腕だった。来年のドラフト候補の投手として期待できるのは上記の7人。さらなる成長を期待したい。

 船尾監督は優勝直後のインタビューで「信じられない」と話すように、想像以上の結果だっただろう。これが自信となるのか、驕りが出てしまうのかはこれからの取り組み次第。確かに西原、太田を中心とした投手の駒は豊富で、打線も北本、センター・石鳥を中心とした打線も強力であることが分かった。

 札幌大谷はこれをピークをせず、この成功体験を機に、レベルアップができるか。選抜はもちろん、札幌地区にも強力なライバルが多い。それでも寄せ付けない強さを身に付けることを期待したい。

【次のページ】 武岡、石川などドラフト候補野手は大爆発ならずもポテンシャルの高さを見せつける

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
四国選抜vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第827回 東京代表の軌跡!キューバ遠征を人生のプラスに!【大会展望・総括コラム】
第22回 俳優・吉村卓也が紹介!ズバリ!!2019年に活躍が期待される1、2年生!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第823回 秋季香川県大会総括 着実に実を結ぶ「オール香川」強化・振興策【大会展望・総括コラム】
第822回 「学びの力」が成績として反映された秋季四国大会【大会総括】【大会展望・総括コラム】
第518回 主体性を持て!揺るがない根拠と自信を築き上げる日大桜丘!【野球部訪問】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第836回 考え方1つで結果は変わる。伊藤裕季也を急成長させた立正大の4年間 【2018年インタビュー】
札幌大谷vs星稜【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第834回 エースは俺だ!神宮大会優勝投手へつなげた投球改革 西原健太(札幌大谷) 【2018年インタビュー】
第833回 今年の高松商のエースは研究心旺盛。目指すは全国屈指の左腕へ 香川 卓摩(高松商) 【2018年インタビュー】
第832回 8回まで無安打の太田流星(札幌大谷)!変幻自在のピッチングのルーツに迫る 【2018年インタビュー】
札幌大谷vs筑陽学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs高松商【2018年 第49回明治神宮野球大会】
太田 流星(札幌大谷) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
西原 健太(札幌大谷) 【選手名鑑】
国士舘 【高校別データ】
札幌大谷 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム