第816回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】2018年11月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]歯がゆい試合が続く招待試合、西谷監督も危機感を募らせる
[2]二死からの逆転劇!絶体絶命のピンチを迎えるも底力で掴み取った夏の甲子園
[3]快挙達成!史上初の2度目の春夏連覇!
[4]充実の福井国体、能力の高さを改めて示した根尾昂

充実の福井国体、能力の高さを改めて示した根尾昂



下関国際戦で本塁打を放った根尾昂(大阪桐蔭)

 史上初の2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭。充実を滲ませる中で臨んだ国体でも、その能力の高さを存分に見せつけた。
 中でも特に目立ったのは根尾 昂だ。準々決勝の下関国際戦では、下関国際のエース・鶴田 克樹の球を捉えてセンターへの本塁打を放つと、投げては自己最速となる150キロを記録し、投打にわたってチームを勝利に導く大活躍を見せた。

 天候不良の影響もあり、大阪桐蔭にとって準々決勝の下関国際戦が高校生活最後の試合となった。文字通り、有終の美を飾った大阪桐蔭は、その後に行われたドラフト会議で4名の選手が指名された。また、プロ野球の舞台へ進む選手たち以外でも、大学野球や社会人野球の強豪へ進む選手たちもいる。大阪桐蔭の「黄金時代を」を築き上げた選手たちから、これからも目が離せない。

観戦記事


投げては150キロを記録し、守備でも軽快な動きを見せた根尾昂(大阪桐蔭)

【福井しあわせ元気国体2018】
準々決勝 大阪桐蔭vs済美
大阪桐蔭が公式戦最後を勝利で飾る!

1回戦 大阪桐蔭vs済美
下関国際、敗れるも堅守で大阪桐蔭と渡り合う

(文・栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1121回 公式通算11本塁打の恐怖の核弾頭・西村友哉(中京大中京)の能力を引き出したロングティー 【2020年インタビュー】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1003回 春の香川頂点と広陵挑戦、そして夏のシード権獲得へ!春季香川県大会を徹底解説!【後編】【大会展望・総括コラム】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1013回 公式戦14本塁打の強打を築いた中京大中京のロングティー。そして質の高い日々の積み重ねが圧倒した実力を身につける【後編】【野球部訪問】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1012回 グラウンドを最大限に使うことが堅い守備と強力な投手陣を生み出す 中京大中京【前編】【野球部訪問】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
安樂智大(済美)
愛知産大三河 【高校別データ】
明石商 【高校別データ】
浦和学院 【高校別データ】
英明 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
大手前高松 【高校別データ】
沖学園 【高校別データ】
金足農 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】
高岡商 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
大体大浪商 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム