第809回 近畿6枠はどうなる?龍谷大平安の優勝で幕を閉じた秋季近畿大会を総括!2018年11月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大熱戦が続いた秋の近畿大会を振り返る
[2]選抜への出場権争いは混戦模様

選抜への出場権争いは混戦模様


市立和歌山は選抜出場なるか?

 例年通りならここまでに挙げた上位4チームはよほどのことがない限り、来年のセンバツ出場は濃厚。近畿のセンバツ出場枠は6枠だが、残りの2枠を巡る選考は混迷しそうだ。

 選出される可能性が最も高いのは公立校で龍谷大平安と準々決勝で接戦を繰り広げた市立和歌山だろう。1回戦の近江兄弟社戦で4打数4安打の活躍を見せたリードオフマンの山野雄也(2年)を筆頭に上位打線がよく当たっていた。エース左腕の岩本 真之介(1年)も粘りのある投球を見せており、甲子園でも十分に通用するチームだということを印象づけた。

 センバツ3連覇を目指す大阪桐蔭は当落線上といったところだろうか。1回戦の橿原戦では打線が活発だったが、準々決勝の智辯和歌山戦では守備や走塁でミスが出て試合の流れを掴むことができなかった。これから実践経験を積んでチームとしての成熟度を上げていきたいところだ。

 京都大会を1位で通過した福知山成美は準々決勝の履正社戦で完封負けを喫したのがどう響くだろうか。丁寧な投球が光るエースの小橋 翔大(2年)は近畿大会でも安定した投球を見せていた。履正社戦では内野と外野に落ちる不運な当たりが多くあったため、守備の連係をより高めていきたい。

 報徳学園はエース左腕の林 直人(2年)が近江戦で2失点完投と好投した。準々決勝の明石商戦でも後半まで息詰まる投手戦を見せていたが、3位通過という評価が選考に響くかもしれない。

 1回戦敗退校からセンバツに選出される可能性は極めて低いが、神宮枠を勝ち取ることができれば、わずかにチャンスが回ってくるかもしれない。唯一チャンスがありそうなのは1回戦の龍谷大平安を最後まで追い詰めた天理だろうか。

 前評判の高い近江はエースの林 優樹(2年)が1回戦の報徳学園戦で思うような投球ができずに2対5で敗れてしまった今年は3校出場した滋賀県勢だったが、近江兄弟社も1回戦で敗れ、来年のセンバツ出場校輩出はほぼ絶望的となった。

 今大会で唯一の初出場となった京都国際は準優勝した明石商を相手に終盤までリードする健闘を見せたが、8回に守りのミスが出て一気にひっくり返されてしまった。この悔しさをバネにより強い姿を春以降に見せてほしい。

 結果的には出場校で明暗が分かれたが、決勝に進んだ龍谷大平安明石商が初戦で苦戦したように全体的には大きな差はなかったように思われる。試合の流れや一つのプレーで雌雄を決する試合も決して少なくはなかった。各校が今大会での収穫と課題を持ち帰って今後の強化に励んでほしい。

文=馬場 遼

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第529回 一戦必勝が導いた優勝!甲子園で勝つためにさらなる高みへ!【バッテリー座談会 後編】【野球部訪問】
第533回 「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】【野球部訪問】
第864回 何としても甲子園へ!最速145キロ右腕・遠藤慎也が目指す、周りから信頼されるエースに!【後編】 【2019年インタビュー】
第531回 『目標』ではなく『決意』の域へ!兵庫県の公立の雄・社が痛感した勝負への姿勢【前編】【野球部訪問】
第863回 重圧の中でも投げ勝つ!最速145キロ右腕・遠藤慎也(京都翔英)が強豪相手に見つけた収穫と課題【前編】 【2019年インタビュー】
第828回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
第78回 2019年から始める! キミにぴったりの野球ノートの取り組み方は?【高校野球コラム】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第825回 これも必要な過程!平安のスター候補生・奥村真大(龍谷大平安)が味わった苦い経験 【2018年インタビュー】
札幌大谷vs龍谷大平安【2018年 第49回明治神宮野球大会】
明石商vs龍谷大平安【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商 【高校別データ】
近江 【高校別データ】
近江兄弟社 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
橿原 【高校別データ】
京都国際 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
市立和歌山 【高校別データ】
市立和歌山商 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム