第809回 近畿6枠はどうなる?龍谷大平安の優勝で幕を閉じた秋季近畿大会を総括!2018年11月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大熱戦が続いた秋の近畿大会を振り返る
[2]選抜への出場権争いは混戦模様

大熱戦が続いた秋の近畿大会を振り返る


優勝を決めた龍谷大平安

 好カード、好ゲームが続いた平成30年度秋季近畿大会は龍谷大平安の優勝で幕を閉じた。

 龍谷大平安は準決勝の履正社戦以外は全て1点差ゲームと接戦での強さが際立った。それを象徴する試合だったのが決勝の明石商戦だろう。スコアレスで延長12回までもつれた熱戦は表に1点を先制されるも、その裏に二死満塁から多田 龍平(2年)の逆転打でサヨナラ勝ちを収めた。

 勝負強いチームにおいて特に勝負強さが際立ったのが主将で4番の水谷 祥平(2年)と5番の奥村 真大(1年)だ。水谷は16打数9安打1本塁打5打点と大当たり。奥村は準々決勝の市立和歌山戦でサヨナラ打を放った。

 投手陣は1回戦の天理戦で豊田 祐輔(2年)が9回途中3失点と試合を作ると、準々決勝以降は野澤 秀伍(2年)が25回2/3を投げて自責点1という圧巻の投球を見せた。今後も両左腕で切磋琢磨してほしい。

 準優勝の明石商は準々決勝、準決勝を完封勝利で飾るなど投手力の高さが際立った。最速145㎞のストレートを投げる中森 俊介(1年)とキレのあるスライダーを投げる宮口 大輝(2年)の2投手が強豪校の打線を苦しめた。

 打線では1番の来田 涼斗(1年)が準決勝の智辯和歌山戦で3安打1本塁打を放つなど、1年夏から甲子園の土を踏んだ実力を見せつけた。

 大阪大会を制した履正社はエースの清水 大成(2年)が準々決勝の福知山成美戦で完封勝利を飾り、大会屈指の好投手として存在感を示した。

 打線は1回戦と準々決勝の2試合で16得点を奪ったが、準決勝の龍谷大平安戦では完封負けを喫した。個々の能力は高いだけに好投手とぶつかった時の対応力が課題となるだろう。

 智辯和歌山は準々決勝でこれまで敗れ続けた大阪桐蔭にリベンジし、4強まで勝ち進んだ。主将の黒川 史陽(2年)を筆頭に昨年からの主力が好守でチームを引っ張った。投手陣が力をつけていけば甲子園でも上位に進出できる力はあるだろう。

【次のページ】 選抜への出場権争いは混戦模様

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】 【2019年インタビュー】
第529回 一戦必勝が導いた優勝!甲子園で勝つためにさらなる高みへ!【バッテリー座談会 後編】【野球部訪問】
第533回 「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】【野球部訪問】
第864回 何としても甲子園へ!最速145キロ右腕・遠藤慎也が目指す、周りから信頼されるエースに!【後編】 【2019年インタビュー】
第531回 『目標』ではなく『決意』の域へ!兵庫県の公立の雄・社が痛感した勝負への姿勢【前編】【野球部訪問】
第863回 重圧の中でも投げ勝つ!最速145キロ右腕・遠藤慎也(京都翔英)が強豪相手に見つけた収穫と課題【前編】 【2019年インタビュー】
第828回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
第78回 2019年から始める! キミにぴったりの野球ノートの取り組み方は?【高校野球コラム】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
札幌大谷vs龍谷大平安【2018年 第49回明治神宮野球大会】
明石商vs龍谷大平安【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商 【高校別データ】
近江 【高校別データ】
近江兄弟社 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
橿原 【高校別データ】
京都国際 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
市立和歌山 【高校別データ】
市立和歌山商 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム