第802回 総合力の東海大菅生が優勝最有力候補?ベスト8の顔ぶれと対戦カードのポイント!2018年10月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]27日の試合のポイントはここだ!
[2]東海大菅生、早稲田実が登場する28日の見どころは?

 プロ注目の井上 広輝廣澤 優という速球投手を擁し、優勝候補であった日大三が1回戦で敗退し、二松学舎大附東海大菅生に、帝京早稲田実業に、関東一国士舘に3回戦で敗れ、優勝争いの常連が早くも姿を消した。それでも準々決勝には、甲子園出場経験のある学校が残った。優勝、さらにはセンバツ出場がみえてくる、準々決勝を展望する。

27日の試合のポイントはここだ!



国士舘と都立城東

打線好調の国士舘に、都立城東の左腕2本柱が挑む
都立城東VS国士舘
(27日 第1試合)

 夏までは、左腕3本柱を軸に、守りのチームの印象が強かった国士舘であるが、新チームは打線が好調。冨田 洋佑黒澤 孟朗森中 翼と続くクリーンアップは、外野の間を鋭く破る打球で得点に絡む。8番の鎌田 州真も出塁率が高い。ベテラン・永田昌弘監督が鍛えた、一瞬のスキを突く走塁も健在だ。
 投手陣は、白須 仁久石橋 大心山崎 晟弥らによる継投になる。

 一方都立で唯一8強に残った都立城東は、3回戦は延長戦を制したもののミスが多く、同じような試合をしていては、一方的な試合になる恐れもある。まずは気持ちを入れ替え、思い切ったプレーをしてほしい。
 ともに投手と外野手を兼ねる兼松 千春原川 雄仁の両左腕を、頻繁に入れ替えながらの投手起用で、国士舘打線をどこまでかわすことができるかがカギとなる。実戦経験が豊富な三好 秀登のリードも、重要になる。
 打っても、1番・兼松、2番・原川が出塁して、4番・三好で還す形が基本。1回戦では満塁からスクイズを敢行するなど、同校OBでもある内田稔監督の采配も注目だ。また相手の走塁に惑わされる、落ち着いたプレーで接戦に持ち込みたいところだ。



東亜学園と国学院久我山

打撃好調の東亜学園と国学院久我山 投手交代がカギ
東亜学園VS國學院久我山
(27日 第2試合)

 東亜学園は例年、夏に向けてしっかりチームを作り上げてくる印象が強いが、この秋は夏の経験者が多く残り、秋からチーム力が高い。
 1年生の1番打者・阿部 敬太は、3試合とも複数安打を打ち、50メートルは6秒2と足も速い。阿部が出塁することで、岩本翼、高木啓多らの上位打線の得点力が上がる。
 この大会は今一つ結果を残せていないが、細野 晴希齊藤 北斗東 新太郎といった投手陣は、球威があり、経験も豊富だ。こうした投手をどう起用するか。継投のタイミングも含め、武田朝彦監督の用兵術が注目される。

 國學院久我山は、1回戦は打線がやや湿り気味であったが、尾崎直輝監督が、「このチームは打ちます」と言っていた通り、2回戦はスライダーに威力のある都立小平西の左腕・野崎 師を、3回戦ではカットボールなどが効果的な世田谷学園細田 怜希を打ち崩した。西川 新神山 福生の1、2番が好調で、4番の宮崎 恭輔には長打力がある。
 投手陣は、長身の右腕・高下 耀介と、左腕の問矢 大雅のリレーになる。

 両チームとも打撃が好調なだけに、投手リレーでどうかわすかが焦点になる。

【次のページ】 東海大菅生、早稲田実が登場する28日の見どころは?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の西東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1081回 覚醒のきっかけはダルビッシュ有。中西健登(国士舘)が東京都屈指のサイドハンドになるまで 【2019年インタビュー】
白樺学園vs国士舘【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
国士舘vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第1075回 宮里優吾(岩倉)目標は千賀。伝家の宝刀・フォークを手にプロ入りの夢を目指す【後編】 【2019年インタビュー】
第1075回 宮里優吾(岩倉)最速147キロの剛腕は下積みを重ね、飛躍の瞬間を待ち続けた【前編】 【2019年インタビュー】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
都立城東vs共栄学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
岩倉 【高校別データ】
國學院久我山 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
都立城東 【高校別データ】
東亜学園 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
日体大荏原 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム