第788回 埼玉大会が開幕!浦和学院、花咲徳栄ともに序盤から強敵と対決!2018年09月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 埼玉県大会の組み合わせが決まった。関東大会をかけた今大会も花咲徳栄浦和学院の甲子園出場校を中心に盛り上がる大会になるのではないだろうか。そんな今大会の見どころを紹介したい。 

浦和学院、花咲徳栄の今年の陣容は?



井上朋也(花咲徳栄)と畑 敦巳(浦和学院)

 花咲徳栄宮代と対戦。花咲徳栄は地区予選で好投手・米山 魁乙擁する昌平にコールド勝ち。主将の韮沢 雄也は4打数4安打の活躍を見せ、「ああいう左の本格派から打てたのは自信になりましたし、また経験者の選手が活躍してくれて頼もしかった」と振り返る。今年は1年生スラッガー・井上 朋也、核弾頭・橋本 吏功、大型三塁手・羽佐田 光希と経験者が揃う。投手陣では左腕・和田慶悟が中心になる。

 また、勝利すれば、埼玉栄細田学園の勝者と対戦するが、埼玉栄は2年生スラッガー・和田 康平を擁する打線が売りのチームだ。

 関東大会出場を狙いたい花咲徳栄。韮澤は「一戦一戦大事に戦っていきたい」と意気込む。今年も花咲徳栄は浮上することができるか。同ブロックの武蔵越生熊谷商春日部といった実力校も注目だ。

 この夏の北埼玉大会準優勝の上尾栄東が対決。勝者は前チームからの経験者が残る所沢商と対戦。好二塁手・下田 啓詞のパフォーマンスに注目だ。

 またここ数年、力をつけてきた狭山清陵は、春日部共栄と対戦。代表決定戦ではふじみ野との打撃戦を制し、勝ち上がった。一方、春日部共栄は4番・森 飛翼、エース・小森結を軸に関東大会を狙う。

 聖望学園西武台と対戦。北部地区の実力校・本庄第一松山の一戦も見逃せない。

 白岡と対戦する浦和学院は右の美又 王寿、左の永島 竜弥の二枚看板に加え、打線では捕手・畑 敦巳、遊撃手・中前 祐也と投打に好選手が揃う。この秋、どんな新戦力が出てくるのか、注目したい。

 浦和学院vs白岡の勝者は叡明山村学園の勝者と対戦する。山村学園は1年夏から経験してきた左腕・和田 朋也は、強豪校を破る投手へ成長しているのか、注目したい。

 この大会は関東大会だけではなく、来春の地区予選免除をかけた戦いでもある。地区予選免除の条件はベスト8入り。今年、ベスト8入りするチームはどこになるのか、注目だ。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
花咲徳栄vs春日部東【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
春日部共栄vs川越初雁【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
所沢商vs浦和麗明【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
花咲徳栄vs伊奈学園【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
浦和学院vs白岡【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第884回 浦和学院vs白岡など今年の埼玉はシード争いと関東大会出場争いが例年以上に熱い!【大会展望・総括コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第592回 無欲になって上位進出を狙う! 白岡(埼玉)【後編】【野球部訪問】
第632回 星稜vs履正社の勝負のポイントは?読めばさらに面白くなる大会初日の見所!【大会展望・総括コラム】
第855回 横浜の初戦は危ない!?高校野球ドットコムが予想する選抜ベスト8!【前編】【大会展望・総括コラム】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第916回 目指すは甲子園で本塁打!大谷翔平に憧れる平尾 柊翔(春日部共栄) 【2019年インタビュー】
第914回 4番エースに相応しい選手になるために 村田賢一(春日部共栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
上尾 【高校別データ】
上尾鷹の台・上尾橘・桶川西 【高校別データ】
桶川西・上尾鷹の台・上尾橘・越生 【高校別データ】
春日部共栄 【高校別データ】
白岡 【高校別データ】
福岡・自由の森学園・上尾鷹の台連合チーム 【高校別データ】
所沢商 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
宮代 【高校別データ】
武蔵越生 【高校別データ】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム