第780回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「選考基準を再考する」2018年09月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ミレニアム世代は右の強打者が頂点を占めていたのに誰も選ばれなかった
[2]潜在能力が高い選手を選ぶ重要性
[3]甲子園上位チームほど準備期間がとれない

 日本開催のアジア大会で優勝を逃す事態となった。チャイニーズタイペイ戦に敗れてから、日本代表の在り方が盛んに議論された。2019年のワールドカップの出場権は何とか手にしたものの、現状のままでは来年の世界大会では3位がやっとかもしくは5位~6位で終わってしまうかもしれない。

 

 今回、問題になった課題をシリーズもので検証をしていく。第3回は皆様が盛んに議論していた「選手選考」について。今回の選考の問題点、そして高校野球ドットコムも「選考基準」について提言をしていく。

ミレニアム世代は右の強打者が頂点を占めていたのに誰も選ばれなかった



高校通算45本塁打の濱田太貴(明豊)

 韓国戦チャイニーズタイペイ戦で貧打に苦しむ中、日本の野球ファンはSNS上で、「右の強打者がいれば…」という声が多かった。その指摘は正しい。

 チャイニーズタイペイ戦韓国戦を振り返ると、国際大会のゾーンになれておらず、木製バットに順応していないのに左打者6人並ぶというのは相手からすればくみしやすい。良い打者であれば、右、左も関係ないという論調は確かに正しいが、国際大会の最低限の準備もできていない中で、左打者の偏重は無理があった。実際に韓国、チャイニーズタイペイは左投手が先発し、1点しか奪えなかった。どちらもタイムリーで点をとっていない。戦略負けと受け取るしかない。

 攻撃の引き出しとして右の強打者がいればどうなったか。もし打てなくても検証の材料はあったが、その検証の材料も消えてしまった。

 あくまで仮定の話だが、突出した打撃技術を持った右打者と、アウトコースに強く、なおかつリーチと体重がある右打者がいれば、もっと厚みが違った。前者が高校通算68本塁打の野村 大樹早稲田実業)、高校通算45本塁打の濱田 太貴明豊)。後者は野村 佑希花咲徳栄)、北村 恵吾近江)だ。

 野村大、濱田の2人は内回りで、さらにボールの下側をたたくスイングで、本塁打を量産できる選手だ。野村佑は185センチ90キロと恵まれた体格を生かしたフルスイングで、森 友哉、清原和博しかなしえていない2年夏から2年連続で夏の甲子園2ホーマー以上の快挙を達成。北村は182センチ83キロのがっしり体型を生かしたパワーで高校通算44本塁打。また、逆方向に打ち分ける打撃技術の高さも光り、夏の甲子園では打率.529、2本塁打、12打点をマークした。野村佑、北村はリーチがあり、外のボールに対して本塁打にできるツボを持っている。外に広い国際大会のゾーンでも十分に強みを発揮できたのではないか。

 また、韓国、チャイニーズタイペイの体重がある右打者の打撃を見ると、本当に打球が速く、詰まってでもヒットにしてしまうパワーがある。今年ほど実績、才能面を見ても、右の強打者が集まった年はないのだが、1人も選ばれなかったのはもったいなかった。

 国際大会では勝つために「足」を重視したオーダーになりがちだが、結果としてボーク問題に対応できず、一部の俊足選手しか走れなかった。韓国チャイニーズタイペイ戦の合計盗塁は2盗塁と、まったく機能しなかった。不調で片づけると、発展しない。選考委員会の目論見が外れたといえる。

【次のページ】 潜在能力が高い選手を選ぶ重要性

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「選抜出場を勝ち取っていた学校で甲子園大会を!」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「ピンチをチャンスに」思える発想を! 私が考える「代替案」【高校野球コラム】
第110回 センバツ出場校に対しての救済策を考える 「休養日を有効に活用しての特別試合を実施!」【高校野球コラム】
第108回 島袋洋奨(興南出身)、今井達也(作新学院出身)などの現在地。過去10年間の甲子園優勝投手の歩み【高校野球コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
チャイニーズタイペイ代表vsアメリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
チャイニーズタイペイ代表vsオーストラリア代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
韓国vsオーストラリア【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
アメリカ代表vs韓国代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1052回 目指すはナンバーワン野手。さらにレベルアップし、来年も日本代表へ 横山陽樹(作新学院) 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18日本代表vsオーストラリア代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
第1050回 「奥川の持ち味を引き出すことに関しては誰にも負けない」 奥川快投の裏には必ず山瀬慎之助(星稜)がいる 【2019年インタビュー】
第1050回 甲子園・W杯合わせて10勝。水上桂(明石商)は大舞台で勝てる捕手として邁進中! 【2019年インタビュー】
第1033回 静かに剣を研ぐ伸び盛りの2年生 作新学院・横山陽樹が実践力の高さをアピール 【2019年インタビュー】
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
飯田 晴海(常総学院) 【選手名鑑】
逸崎 友誠(明徳義塾) 【選手名鑑】
岩重 章仁(延岡学園) 【選手名鑑】
上林 誠知(仙台育英) 【選手名鑑】
内田 靖人(常総学院) 【選手名鑑】
奥村 展征(日大山形) 【選手名鑑】
熊谷 敬宥(仙台育英) 【選手名鑑】
園部 聡(聖光学院) 【選手名鑑】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
高橋 由弥(岩国商) 【選手名鑑】
田口 麗斗(広島新庄) 【選手名鑑】
竹村 春樹(浦和学院) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
森 龍馬(日大三) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
山岡 泰輔(瀬戸内) 【選手名鑑】
吉田 雄人(北照) 【選手名鑑】
若月 健矢(花咲徳栄) 【選手名鑑】
渡邉 諒(東海大甲府) 【選手名鑑】

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム