第778回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「ルールへの対応」2018年09月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]うまくいかなかったゾーンへの対応
[2]国際ルールへの対応はプロ・アマ統一

 日本開催のアジア大会で優勝を逃す事態となった。チャイニーズタイペイ戦に敗れてから、日本代表の在り方が盛んに議論された。2019年のワールドカップの出場権は何とか手にしたものの、現状のままでは来年の世界大会では3位がやっとかもしくは5位~6位で終わってしまうかもしれない。今回、問題になった課題をシリーズもので検証をしていく。まずはルールへの対応だ。

うまくいかなかったゾーンへの対応



藤原恭大(大阪桐蔭)

 日本は貧打に苦しんだ。チャイニーズタイペイ韓国戦の合計スコアは2得点。去年のカナダでのワールドカップと比べて、とにかく貧打に苦しんだ。その原因として、永田監督は「ゾーンに対応できなかった」と挙げる。日本と国際大会ではどれくらいゾーンが違うのか。永田監督は「ボール1個~2個分は広いですね。今までやってきたゾーンとは違うので、どうしても当てに行く傾向が強い。韓国戦チャイニーズタイペイ戦ではそれが出てしまった」

 はっきり言ってボール1個~2個の違いはかなりの違いである。野球の質が変わる。

 高校代表の優秀な選手が集まったとはいえ、そう簡単に対応できるものではない。

 韓国戦では1得点に終わり、台湾戦は2安打のみに終わった。

 この2試合を振り返ると、ゴロやポップフライが多かったが、東京合宿では鋭いライナー性で伸びていく打球も多かった。永田監督は「振ってタイミングをとる」というように、強く振ることを推奨しており、合わせようとして、当てることは絶対にやるなと選手にも伝えていた。10日の中国戦を振り返ると、藤原 恭大大阪桐蔭)は点差がついた場面で、フルスイングを行ったが、あれも永田監督の指示である。

 「藤原にはホームランを狙え、MRTにぶちこめ!ともいっていましたね」

 MRTというのはサンマリンスタジアムにあるMRT放送の広告のことだ。その上を行くような打球を放ってほしい思いがあった。

 ただ外に広すぎるゾーンが日本の打者のメカニズムを狂わせたと考えられる。その対応策として蛭間 拓哉浦和学院)は「やはり外角へ打てるように踏み込んで打って強く振ることです。でも、なかなか打てずに苦しみました。最後の中国戦で良い打球を打てたかなと思います」と踏み込んで打っていった。

 中国戦で14得点を挙げ、対応に成功したものの、時すでに遅し感が強かった。

【次のページ】 国際ルールへの対応はプロ・アマ統一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第937回 【埼玉大会総括】花咲徳栄5連覇達成!2019年夏を熱くした埼玉の強豪たち【大会展望・総括コラム】
第937回 【大阪大会総括】混迷を極めた大阪大会を制したのは履正社!金光大阪など上位進出したチームを総括【大会展望・総括コラム】
第218回 200球の力投も及ばず。平均球速から測る大阪桐蔭のエース・中田 惟斗の成長ぶり【ドラフト特集コラム】
第7回 夏3連覇が潰えた大阪桐蔭。それでも随所に大阪桐蔭らしさは見せた!【101回大会特集】
金光大阪vs大阪桐蔭【大阪府 2019年夏の大会 第101回選手権大阪大会】
浦和実vs浦和学院【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第1022回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1021回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第1006回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第1006回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs関西【2019年 練習試合(交流試合)・春】
玉野光南vs大阪桐蔭【2019年 練習試合(交流試合)・春】
叡明vs浦和学院【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
蛭間 拓哉(浦和学院) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
コメント (1)
野球2018.09.13 畠山鉄男
プロアマ統一は、いいかな。

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム