第778回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「ルールへの対応」2018年09月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]うまくいかなかったゾーンへの対応
[2]国際ルールへの対応はプロ・アマ統一

 日本開催のアジア大会で優勝を逃す事態となった。チャイニーズタイペイ戦に敗れてから、日本代表の在り方が盛んに議論された。2019年のワールドカップの出場権は何とか手にしたものの、現状のままでは来年の世界大会では3位がやっとかもしくは5位~6位で終わってしまうかもしれない。今回、問題になった課題をシリーズもので検証をしていく。まずはルールへの対応だ。

うまくいかなかったゾーンへの対応



藤原恭大(大阪桐蔭)

 日本は貧打に苦しんだ。チャイニーズタイペイ韓国戦の合計スコアは2得点。去年のカナダでのワールドカップと比べて、とにかく貧打に苦しんだ。その原因として、永田監督は「ゾーンに対応できなかった」と挙げる。日本と国際大会ではどれくらいゾーンが違うのか。永田監督は「ボール1個~2個分は広いですね。今までやってきたゾーンとは違うので、どうしても当てに行く傾向が強い。韓国戦チャイニーズタイペイ戦ではそれが出てしまった」

 はっきり言ってボール1個~2個の違いはかなりの違いである。野球の質が変わる。

 高校代表の優秀な選手が集まったとはいえ、そう簡単に対応できるものではない。

 韓国戦では1得点に終わり、台湾戦は2安打のみに終わった。

 この2試合を振り返ると、ゴロやポップフライが多かったが、東京合宿では鋭いライナー性で伸びていく打球も多かった。永田監督は「振ってタイミングをとる」というように、強く振ることを推奨しており、合わせようとして、当てることは絶対にやるなと選手にも伝えていた。10日の中国戦を振り返ると、藤原 恭大大阪桐蔭)は点差がついた場面で、フルスイングを行ったが、あれも永田監督の指示である。

 「藤原にはホームランを狙え、MRTにぶちこめ!ともいっていましたね」

 MRTというのはサンマリンスタジアムにあるMRT放送の広告のことだ。その上を行くような打球を放ってほしい思いがあった。

 ただ外に広すぎるゾーンが日本の打者のメカニズムを狂わせたと考えられる。その対応策として蛭間 拓哉浦和学院)は「やはり外角へ打てるように踏み込んで打って強く振ることです。でも、なかなか打てずに苦しみました。最後の中国戦で良い打球を打てたかなと思います」と踏み込んで打っていった。

 中国戦で14得点を挙げ、対応に成功したものの、時すでに遅し感が強かった。

【次のページ】 国際ルールへの対応はプロ・アマ統一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第9回 ドラフト指名が10人!2017年U-18ワールドカップで優勝したアメリカ代表の現在地【世界の高校野球】
第820回 動画で振り返るミレニアム世代のトップランナー!根尾昂(大阪桐蔭)が見せた圧倒的身体能力とひりつくような熱気【大会展望・総括コラム】
第816回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第815回 史上3校目の選抜連覇を達成!大阪桐蔭の1年間の軌跡「手探りの秋、逞しさが出た選抜」【前編】【大会展望・総括コラム】
第21回 俳優・吉村卓也がドラフト会議2018で目玉になった選手を紹介!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
第804回 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ ! 【2018年インタビュー】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs橿原【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs済美【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
浦和学院vs報徳学園【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
蛭間 拓哉(浦和学院) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
コメント (1)
野球2018.09.13 畠山鉄男
プロアマ統一は、いいかな。

コメントを投稿する


コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム