第766回 U18日本代表の前に立ちはだかるのはこの選手!韓国代表の注目投手3人を紹介!2018年09月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]韓国の公式戦では今年から球数制限
[2]プロ指名の注目投手3人

 

この数年で韓国球界は大きな変化があった

韓国の公式戦では今年から球数制限

 韓国の高校球界は、この数年、大きな動きがあった。アマチュア野球の統括団体である大韓野球協会は様々な問題が生じ、一時は上部団体である大韓体育会(日本スポーツ協会に相当する組織)の管理団体になっていたが、2年前に大韓野球ソフトボール協会として再出発し、韓国シリーズ優勝10回、韓国プロ野球での通算勝利数が最多の1567勝を挙げている金應龍が会長に就任した。
 プロ球界に睨みが効く金の会長就任効果は絶大で、これまで8月中旬に開催されていた2次ドラフトは、昨年からU18の国際大会が終わった後に開催されることになり、今年も9月10日に2次指名ドラフトが行われる。

 これまで、韓国独特の制度である、フランチャイズ地域の高校生(卒業生を含む)を1人優先指名できる1次指名に加え、2次指名も行われた後に国際大会が行われるため、大部分をプロ指名選手が占めたU18の韓国代表は、プロ側に気を遣い、選手起用に制約を受けていた。
 1次指名は既に行われているものの、2次指名は国際大会の後になったことで、プロの制約を受けないばかりか、多くの選手がドラフトでの上位指名を目指して奮闘した結果、昨年のU18 ワールドカップで韓国は準優勝。前身の大会を含め9年ぶりに決勝戦に進出した。

 また韓国の高校野球はプロに入ることを前提にしているため、投手の酷使の問題は、より深刻に受け止められていた。そして今年から、105球でカウントに関係なく強制降板、75球以上投げれば、4日間は登板できなくなった。
 そのため、先発、完投型の従来の意味のエースは、ほとんどいなくなった。

【次のページ】 プロ指名の注目投手3人

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第774回 全てをやりきったラストサマー!目指すは日本を代表する4番打者!野村佑希(花咲徳栄高) 【2018年インタビュー】
横浜vs桐蔭学園【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs慶應義塾【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
慶應義塾vs横浜商【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs東海大相模【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第790回 絶対的なエース・及川擁する横浜か?強力打線・東海大相模が制するのか?いざ激突!【大会展望・総括コラム】
第785回 怪物・キム・デハン、台湾の大谷翔平・李晨薰など宮崎で躍動したアジアの逸材たち【大会展望・総括コラム】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第780回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「選考基準を再考する」【大会展望・総括コラム】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
韓国vsチャイニーズタイペイ【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第757回 何もかも大谷翔平。渡邉勇太朗(浦和学院)が持つ独特の感性 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第755回 2つの顔を持つ蛭間拓哉(浦和学院)4スタンス理論で打撃開花 【2018年インタビュー】
筒香 嘉智(横浜) 【選手名鑑】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム