第764回 九州大会への出場2枠を目指す沖縄大会を、各ブロックごとに展望!2018年09月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]有力校が揃ったAブロック
[2]古豪復活なるか!注目の沖縄水産が入ったCブロック

 来春の選抜高等学校野球大会を目指す沖縄秋の陣。第68回沖縄県高校野球秋季大会の抽選会が8月末行われ、新人中央大会で優勝した浦添工をはじめ、沖縄水産具志川商、そして興南がシードとなり、その他のライバル校たちがクジを引いていった。まずは九州地区高等学校野球大会への出場2枠を目指す戦いを、各ブロックごとに展望していこうと思う。

有力校が揃ったAブロック


興南の宮城、遠矢バッテリー

 新人中央大会初優勝の浦添工は左腕・伊藤の存在が大きい。新人中央大会の4試合で27イニングを投げて自責点は僅か2。防御率0.67と他校の打者を次々と打ち取っていった。エースを支える正捕手の上原は4番として打率.545。準決勝までの3試合のチーム打率は.378だった。その浦添工を追う一番手は、同じく中央大会へ進出した美里工具志川か。美里工は中部南地区予選で二位決定戦を制し、中央大会での宮古戦、そして敗れたものの具志川商戦と接戦に強い。
 1年生ながらエース格の上間は6回まで具志川商をゼロに抑えており、他の投手陣の頑張りでスタミナを考慮しつつ戦うことが出来るか。具志川は右腕・當山が、夏の選手権沖縄大会で沖縄尚学を破ったメンバーが多く残る北山打線を7安打に抑える好投で、秋にめどが立ったのが大きい。打線もともに2安打を放った眞喜志、仲松のクリーンアップを中心に下位まで切れ目のないところを見せつけた。

 その他では、毎年打線の力に秀でる嘉手納や好投手・永山のいる那覇商、夏の選手権沖縄大会で浦添商宜野湾を倒し興南も序盤苦しめた新垣の首里東が続く。試合巧者同士のコザ美来工科も面白い。そして注目は沖縄カトリックだろう。

 金城、普天間、久松、宮良、富盛ら一年生から上級生と戦ってきた経験値はこの世代では抜きん出る。中部南地区2位決定戦で敗れ中央大会への出場を阻まれ、煮え湯を飲まされた悔しさをどこまで出せるか。

一歩も二歩も先を行く興南のBブロック

 興南以外、新人中央大会の出場がないこのブロック。その興南は甲子園組であった宮城、遠矢のバッテリーをはじめ、根路銘、勝連の盤石二遊間が残るのが大きい。兼城、西江も経験豊富。そこにいわゆる居残り組で、新人中央大会で4位になったとなれば怖いものはないだろう。打倒興南を目指す沖縄工知念向陽は、前半のイニングを粘りに粘って終盤勝負に持ち込めるかどうか。浦添商首里名護豊見城といった名門公立の意地にも期待したい。

【次のページ】 古豪復活なるか!注目の沖縄水産が入ったCブロック

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
八重山vs日本ウェルネス【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
未来沖縄vs美里工【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
国府台vs松戸向陽【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
美里工vs中部商【沖縄県 2020年夏の大会 2020沖縄県高等学校野球夏季大会】
第10回 甲子園とは違う緊張をプロで味わった島袋 洋奨さん(興南出身)が贈る球児たちへのメッセージ【甲子園のヒーローに会いに行く】
第9回 史上6校目となった春夏連覇を成し遂げた島袋洋奨さん(興南出身)が語った偉業達成の裏側【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1011回 【夏季沖縄県大会展望】中部商、沖縄尚学、沖縄水産が同ブロックに!参加校数59校の頂点に立つのは?【大会展望・総括コラム】
第10回 沖縄出身初の東京大野球部員 島袋祐奨(東京大)の「文武両道」を続けるための思考法【文武両道 ~部活と勉強の両立~】
第114回 諦めない限り、夢は続く 沖縄の名将たちが球児へあらゆる形でメッセージを送り続ける【高校野球コラム】
第1103回 埼玉西武期待の若手右腕・國場翼(具志川高校出身)が振り返るプロ初勝利。そしてプロに進んで気づいた投手として大事なこと【後編】 【2020年インタビュー】
第1102回 けがで秋、春は未登板。プロへいく道を切り開いた最後の夏 埼玉西武ライオンズ・國場 翼(具志川出身)【前編】 【2020年インタビュー】
横浜桜陽vs横浜旭陵・相模向陽館【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
糸満 【高校別データ】
浦添工 【高校別データ】
浦添商 【高校別データ】
沖縄カトリック 【高校別データ】
沖縄工 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
宜野座 【高校別データ】
宜野湾 【高校別データ】
具志川 【高校別データ】
具志川商 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
向陽 【高校別データ】
向陽 【高校別データ】
向陽 【高校別データ】
向陽 【高校別データ】
コザ 【高校別データ】
首里 【高校別データ】
首里東 【高校別データ】
知念 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
豊見城 【高校別データ】
名護 【高校別データ】
名護商工 【高校別データ】
那覇 【高校別データ】
那覇工 【高校別データ】
那覇工・陽明 【高校別データ】
那覇国際 【高校別データ】
那覇商 【高校別データ】
北山 【高校別データ】
美里工 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】
八重山 【高校別データ】
八重山商工 【高校別データ】
読谷 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム