第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?2018年08月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]野手メンバーをおさらい!木製バットの対応状況は?
[2]二遊間争いはし烈!主将経験のある5選手にも注目!
[3]ドットコムが考えるオーダーはこれだ!


ドットコムが考えるオーダーはこれだ!



峯圭汰

【オーダー】
 今回のチームでオーダーを組むのだったら、こんな形になるのではないだろうか。

1番ショート・小園
2番レフト・峯
3番ファースト・野尻
4番センター・藤原
5番ライト・蛭間
6番DH・根尾
7番サード・中川
8番セカンド・奈良間
9番キャッチャー・小泉

 おそらくこういう形になると考えられる。1番小園はこれまでの経験を生かして流れを作ってくれるだろうと意味合いで1番。2番峯は練習の中でもバントが実にうまかった。いろいろな戦略が試せる打者だと感じた。
 クリーンナップは代表メンバーで最も木製バットの対応力が高く、さらに鋭い打球を打っていた3人にした。6番以降は流動的。

 とりあえず野手については限られた練習、練習試合、公式戦の中でステップアップすることである。そのためには代表コーチの下、木製バットでも強い打球を打ち返せる打撃技術、スイングの強さ、好投手から打てる対応力を磨いていきたいところ。また、実戦では選手たちの打撃内容、守備内容、走塁内容についてはレポートをしていきたい。

(文=河嶋 宗一

U18代表特設サイト!試合や合宿情報など掲載中!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
叡明vs浦和学院【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第885回 静岡商や常葉大菊川、加藤学園などを中心に優勝争い!伝統校、新鋭校が入り混じり混戦か?【大会展望・総括コラム】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
浦和学院vs白岡【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
東海大菅生vs日大三【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第884回 浦和学院vs白岡など今年の埼玉はシード争いと関東大会出場争いが例年以上に熱い!【大会展望・総括コラム】
第940回 ライバルと先輩から刺激を受け続けた野球人生 小山 翔暉(東海大菅生)【前編】 【2019年インタビュー】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第26回 東邦が優勝を決めた選抜!俳優・吉村卓也が大会で活躍した選手を紹介しつつ振り返る!!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
浦和学院vs市立浦和【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
日大三vs都立小松川【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第41回 斬新に歴史重ねた「第11回少年硬式野球四国選手権」で輝いたネクスト球児たち【四国発】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
小泉 航平(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
小園 海斗(報徳学園) 【選手名鑑】
中川 卓也(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
奈良間 大己(常葉大菊川) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
根来 龍真(常葉大菊川) 【選手名鑑】
野尻 幸輝(木更津総合) 【選手名鑑】
日置 航(日大三) 【選手名鑑】
蛭間 拓哉(浦和学院) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
峯 圭汰(創成館) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
常葉大菊川 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム