第762回 侍ジャパンU18代表 投手陣考察 「吉田輝星に負担をかけない構成を考える」2018年08月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]戦況を左右する球数制限と大会ルール
[2]柿木は台湾、韓国戦で先発を!吉田はとっておきの切り札に!
[3]ドットコムが考える投手起用法はこれだ!



戦況を左右する球数制限と大会ルール

 侍ジャパンU18代表18名が決定した。さて、今回のメンバーでどう勝つべきか。その構成をじっくりと考えていきたい。まず投手陣である。今回8名の投手が選ばれたが、内野手で選出された根尾 昂も投手として起用するべきであり、9人で回す構成になるのではないだろうか。テーマは金足農吉田 輝星に如何に負担をかけない構成をするべきか。
 今大会は球数制限がある。今大会に設けられているルールは以下の通りだ。

【球数】
1~49球:制限なし
50~104球:1日休み
105球(上限):4日休み

【連投】
2日連続登板
・球数が2日間で計50球を下回る:翌日も連投可能
・球数が2日間で計50球を超える:1日休み
3日連続登板:1日休み
4日連続登板:不可
これを見ると、投手陣の運用も戦略の1つになる。球数制限を踏まえながら投手陣の実力、起用法を考察したい。

【投手】8名
吉田 輝星金足農
板川 佳矢(横浜)
奥川 恭伸(星稜)
柿木 蓮(大阪桐蔭)
渡邉 勇太朗(浦和学院)
市川 悠太(明徳義塾)
山田 龍聖高岡商
野尻 幸輝木更津総合

【次のページ】 柿木は台湾、韓国戦で先発を!吉田はとっておきの切り札に!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第843回 春の千葉は一次予選から見逃せない!まだまだ隠れた逸材が!【後編】【大会展望・総括コラム】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
第51回 東海大諏訪(長野)チーム全員が競争心を持ち、「速さを強さ」に変える冬に!【冬が僕らを強くする2019】
第908回 「完膚なきまでの敗北」から見せた異国の地での成長 秋山恭平(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第882回 闘争心をストロングポイントにライバルに立ち向かう! 藤代エース・中山航!【前編】 【2019年インタビュー】
第898回 徳島の城島健司を目指して!チームを勝たせられる捕手を目指す!川端晃希 vol.3 【2019年インタビュー】
第7回 漢字表記のユニフォームを紹介!上田西は独特のデザインで強烈なインパクトを残す!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第896回 ハイレベルの環境が磨き上げた技術!川端晃希が大阪桐蔭で吸収した捕手理論 vol.2 【2019年インタビュー】
第562回 北信越王者・星稜の主力4人に訊く!2018年大阪桐蔭のようなチームを目指したい「山瀬 慎之助、東海林 航介、内山 壮真、知田 爽汰」【野球部訪問】
第560回 北信越王者・星稜の主力4人に訊く!神宮大会決勝戦敗退で見えたチームの甘さ「山瀬 慎之助、東海林 航介、内山 壮真、知田 爽汰」【野球部訪問】
木更津総合vs拓大紅陵【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
札幌大谷vs星稜【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs高松商【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs広陵【2018年 第49回明治神宮野球大会】
横浜隼人vs日体大荏原vs加藤学園【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
板川 佳矢(横浜) 【選手名鑑】
市川 悠太(明徳義塾) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
柿木 蓮(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
野尻 幸輝(木更津総合) 【選手名鑑】
山田 龍聖(高岡商) 【選手名鑑】
吉田 輝星(金足農) 【選手名鑑】
渡邉 勇太朗(浦和学院) 【選手名鑑】
浦和学院 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
金足農 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
高岡商 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム