目次

[1]投手では公立校に好素材が揃う
[2]捕手、内野手、外野手の逸材


 東京都高野連は、今年の12月、第100回大会記念事業としてU17東京代表キューバ親善野球海外遠征が行われる。今年は1、2年生20名が選出されるが、この夏の大会から視察の対象となっている。今回は高校野球ドットコムが独断で候補選手を選出。秋以降の注目選手として注目していただければ幸いだ。

投手では公立校に好素材が揃う


 井上 広輝日大三)は故障に苦しんでいたが、甲子園で完全復活。2回戦の奈良大附戦で最速150キロをマーク。鋭いチェンジアップを投げ込み、改めて2001年生まれを代表する選手として印象付けた。秋はエースとして活躍できるか、注目である。

 廣澤 優日大三)は189センチの長身から角度ある最速145キロのストレートと強烈な変化を描くチェンジアップを武器にする大型右腕。西東京大会は思い通りのピッチングができず苦しんだが、甲子園では最速148キロのストレートを投げ込み、素質の高さを発揮した。秋以降は都内屈指の右腕として注目するべきである。

 都内上位チームでは東亜学園の斎藤北斗、細野 晴希は注目すべきだろう。斎藤は135キロ前後の速球と、細野は120キロ台ながら、緩いカーブを巧みに使い分けて勝負する技巧派左腕。そして一塁走者を何度もアウトにさせたけん制技術も注目だ。

 11人ながら4回戦まで勝ち上がった都立大島荒田 奏斗は、最速138キロのストレートには勢いがあり、制球力も高く、クイック、フィールディングの精度も高く、投手としての素材、完成度も過去の都立大島ではトップレベルの2年生右腕。さらに、常に全力疾走を心がけ、泥んこになりながらグラウンドを駆け回る野球小僧の一面も持つ。この秋は都立東大和からの派遣選手を入れたチームで大会に臨む予定だ。代表決定戦では関東一都立日野の勝者とどちらが勝っても熾烈な戦いとなりそうだ。

 都立文京仲亀 烈太は187センチの長身から角度ある速球を投げ込む大型右腕。この夏のマックスは138キロだが、来年以降、140キロ超えも期待できる投手だ。

 工学院大附渡邊 充は187センチの長身から力強い速球を投げ込む大型右腕だ。西東京大会では、国士舘戦で好投を見せ、評価を上げている。早稲田実業伊藤 大征は躍動感溢れる投球フォームから140キロ前後の速球を投げ込む速球派右腕。夏では悔しい結果に終わったが、それでも総合力の高さは2019年の西東京をリードする右腕だ。

 しかし投手については、まだデビューが遅く、目立った活躍を残せていない。秋以降に好投手が続出することを期待したい。