第763回 平成最後の夏の甲子園 高校野球ドットコムが選ぶベストナイン!2018年08月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

写真提供(一部):共同通信社

 2018年夏の甲子園は大阪桐蔭の優勝で幕が閉じた。大阪桐蔭は史上初の春夏連覇となった。さて高校野球ドットコムでは恒例のベストナインを紹介!

投手 吉田 輝星金足農
捕手 有馬 諒近江
一塁手 野村 佑希花咲徳栄
二塁手 齊藤 大輝横浜
三塁手 北村 恵吾近江
遊撃手 根尾 昂大阪桐蔭
左翼手 藤原 恭大大阪桐蔭
中堅手 蛭間 拓哉浦和学院
右翼手 松本 渉龍谷大平安

 投手は吉田 輝星だ。最速150キロのストレートといわれるが、試合展開によってストレートの強弱をつけるのが絶妙で、相手の狙いを外した投球術。猛烈という表現がぴったりなダッシュを生かしたフィールディングと機転が利いた判断と、我々の予測を超えるパフォーマンスを見せたのが吉田である。一つ一つの所作があり、がっちりと甲子園のファンをつかんだ吉田。今年は好投手が非常に多かった。それでもベストナインとして選んだのは、投球以外の総合力の高さと観客を味方につけた勝負強いピッチングだ。2018年の甲子園の主役は吉田 輝星だった。

 捕手は有馬 諒。4投手を巧みにリードし、ベスト8進出に貢献。簡単に失点を与えないリードや、強肩を生かしたけん制送球など捕手としての総合力の高さは3年生捕手含めてもナンバーワンだった。あとはパワフルなスイングが持ち味の打撃に磨きがかかれば、来年の高校生ナンバーワンキャッチャーとして期待がかかるだろう。

 

 一塁手は野村 佑希。甲子園では2試合連続本塁打。2年夏、3年夏で2本塁打以上を記録したのは、清原和博、森 友哉に並ぶ快挙。また一塁手の守備も絶妙に上手かった。

 

 二塁手は齊藤 大輝愛知産大三河戦で見せたバックハンドからの併殺。打撃面でも3試合通じて活躍を見せ、最後の夏で躍動した。多くの好二塁手がいたが、甲子園の活躍度では、齋藤だった。

 三塁手は北村 恵吾は、今年の甲子園で17打数9安打、2本塁打12打点の大活躍。智辯和歌山戦で2本塁打、常葉大菊川戦で4安打6打点。力量、活躍度から言っても北村がピカイチだった。

 遊撃手は根尾 昂。今年は良い遊撃手が多かった。その中でもパフォーマンス、活躍度が抜けていたのは根尾であった。甲子園では3本塁打。打球方向も半端ない鋭い打球であった。守備では軽快な守備ではなく、とっさの判断からシングルハンドにしたり、フォースアウトを狙ったりなど、冷静な判断力も光った。

 外野手は藤原 恭大。甲子園でも3本塁打はレフト方向、ライト方向、センター方向とそれぞれ1本ずつ。どれも圧巻の本塁打だった。また済美戦での捕殺を記録した強肩、そしてベースランニングの速さ。どれも群を抜いていた。

 蛭間 拓哉仙台育英戦で本塁打。どの試合でもセンターから強肩を見せ、盗塁も記録。走攻守で高いパフォーマンスを発揮していた。

 松本 渉鳥取城北戦の第1打席で三塁打。そのタイムは11秒00と驚愕のタイムを記録した。驚異的な足は藤原に負けないものだった。バットコントロールの高さを含め、強烈な存在感を見せた松本を選出した。

 この9人含め甲子園に出場したすべての球児たちが次の舞台で活躍することを期待したい。

記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近江vs高田【2019年春の大会 近畿大会】
第913回 関東大会で評価を挙げた投手と野手は?注目選手のパフォーマンスを徹底分析!【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
第912回 これからは複数投手制がトレンド。東海大相模、東海大菅生など関東大会出場校の投手運用を振り返る【関東大会総括】【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs東海大菅生【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第911回 令和初の関東王者になるのは?「TOKAI決戦」のキーマン、勝負のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
東海大菅生vs専大松戸【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第908回 今年の関東ベスト4はすべて南関東!準決勝の注目選手・勝負のポイントを解説!【大会展望・総括コラム】
専大松戸vs桐光学園【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
東海大菅生vs春日部共栄【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第907回 夏の大会で活躍するのは俺たちだ!春季埼玉県大会を総括!【後編】【大会展望・総括コラム】
第952回 待っていた25年ぶりの優勝。今年の東海大菅生の象徴・石田隆成! 【2019年インタビュー】
第944回 まだまだいる猛者揃いの東海大菅生。堅守のセンター・今江康介のスピードを見逃すな! 【2019年インタビュー】
第939回 精密なコントロールは根気強さから生まれる 中村晃太朗(東海大菅生)後編 【2019年インタビュー】
第937回 実直な性格が勝負強さにつながる!スラッガー・杉崎成(東海大菅生)が目指すのは高校通算70本塁打! 【2019年インタビュー】
第941回 貫いてきたU-18代表への思い スーパーキャッチャーとして集大成を見せる! 小山 翔暉(東海大菅生)【後編】 【2019年インタビュー】
広陵 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム