第759回 【準決勝展望】日大三vs金足農、済美vs大阪桐蔭 激戦が予想される2試合のポイントは?2018年08月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ついに準決勝!

 8月20日、第100回全国高等学校野球選手権記念大会は準決勝を迎える。激闘続きだった準々決勝の4試合を制したのは、大阪桐蔭済美日大三金足農だ。準決勝の始球式を務めるのは桑田 真澄さん。34年前、準決勝進出した金足農は、PL学園のエースだった桑田さんに抑えられて敗退した。レジェンド始球式でこういう巡り合わせもなかなかない。もし金足農が後攻となれば、桑田二世と呼ばれる吉田 輝星と桑田さんが一緒に映る可能性もある。さて準決勝の見どころを紹介したい。

第1試合 日大三(西東京)vs金足農(秋田)

 ともに今大会、1点差勝利2回の対決。特に日大三は西東京大会から苦戦続き。接戦勝利の数は日大三が上回っている。苦戦になっても最後は日大三が制する。それが今年の日大三の強みだ。打線のカギを握るには1番金子 凌、3番日置 航、4番大塚 晃平。伸びのある吉田 輝星のストレートに対し、振り遅れることなく、しっかりと叩けるか。日大三日大鶴ヶ丘の剛速球右腕・勝又 温史を攻略している。その経験を生かす時がきた。

 投手陣ではここまでリリーフとして大奮闘を見せている河村 唯人にどう回すかが課題となる。先発となるのは中村 奎太廣澤 優井上 広輝か。今のところ龍谷大平安戦で5回2失点の好投を見せた廣澤の方が、自慢の速球で押していけるかもしれない。球数をあまり投げられない井上はここぞという場面の切り札として取っておきたい。

 対する金足農はここまで1人で投げ抜いてきたエース・吉田の疲労が大変気がかりである。股関節を痛めており、150キロで押すほどの力が残っているのか。近江戦のような力みが取れたピッチングを期待するしかない方法だ。とはいえ、吉田は投球術の巧さでしのぐことができる。できれば、3~4失点にとどめたいところだろう。

 日大三からすれば、5~6点はとりたい。対する金足農は3~4点。また先攻、後攻をどちらがとるか。後攻が金足農ならば何かが起きるかもしれない。それはもちろんこれまでの試合で激戦を制している日大三も同様である。

第2試合 済美(愛媛)vs大阪桐蔭(北大阪)

 両校の対決は昨年のえひめ国体以来。えひめ国体では、済美が9回表までリードしながら、最後は逆転3ランで敗れている。それだけに今年は大阪桐蔭撃破に燃えている。これまで中央学院星稜高知商報徳学園と曲者チームぞろいを破っており、まさに「やればできるは魔法の合い言葉」を体現した戦いを見せている。

 済美は1番・矢野 功一郎、4番・池内 優一を軸とした打線は強力。大阪桐蔭投手陣の140キロ後半に負けない打撃を見せていきたい。投手陣では山口 直哉池内 優一がいるが、やはりエース・山口となりそう。大阪桐蔭打線は偏りがある配球は禁物。内外角・高低を使って抑えていきたい。

 大阪桐蔭は強力な浦和学院投手陣を攻略したように打線の調子を上げてきた。中心である根尾 昂藤原 恭大は本領発揮。簡単な揺さぶりは通用しない。攻めるところは攻める。交わすところはかわす割り切りが必要だ。

 接戦を呼び込むのは済美の山口のピッチング次第。終盤まで手に汗握る勝負を期待したい。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第74回 通算180本塁打のスラッガー・浅村栄斗(東北楽天)が大阪桐蔭に入学した意外なワケ【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
安樂智大(済美)
浦和学院 【高校別データ】
近江 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
金足農 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム