第756回 【11日目見所】 ベスト16入りを決める4校は?創志学園vs下関国際など実力校同士の対決に注目2018年08月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

東の名門校対決を制するのは??

 8月15日、第100回全国高等学校野球選手権記念大会11日目。この4試合で、第100回甲子園のベスト16が出揃う。2回戦最後の4試合も好カードばかり。そんな4試合の見所を紹介したい。

第1試合 下関国際(山口)VS創志学園(岡山)

 中国地区同士の対決。中国地区で勝ち残っているのはこの2校だけであり、実は国体の出場校を選ぶうえでも大事な試合だと頭にとどめておきたい。

 この試合は下関国際鶴田 克樹創志学園の2年・西 純矢の両エースの投げ合いに注目だ。鶴田は145キロ前後の速球と高速スライダーを武器にする投球は簡単に攻略できない。西は、140キロ後半のストレートと落差抜群の変化球のコンビネーションで三振を量産。さらに四死球0と、三振が奪えるのも魅力。両投手の持ち味が発揮されれば、終盤までひりひりするような投手戦が予想される。

 両チームの打のキーマンは、創志学園は1番岡本 伊織、3番中山 瞬、4番金山 昌平、9番藤原 駿也下関国際は1回戦猛打賞の甲山 達也、3番・川上 顕寛、4番鶴田となるだろう。

 試合は3点~4点勝負の接戦が期待できるのではないだろうか。

第2試合 興南(沖縄)vs木更津総合(東千葉)

 初戦、競り合いを制した興南と打線活発な木更津総合の一戦。興南は投手起用がポイント。2年生左腕・宮城 大弥は右打者の胸元に強烈に140キロ台のストレートを投げ込める左腕。木更津総合でも打ちにくい投手だ。とはいえ、右打者に本塁打を打たれており、右打者の太田翔悟がポイントとなりそう。もちろん、広角に打てる野尻 幸輝山中 稜真もキーマンとなる。

 興南は左打者が揃い、嫌らしさがある。コツコツとつないで集中打で加点していきたい。

 木更津総合は投手総動員の体制。まず背番号1の野尻 幸輝が6回、7回まで試合を作り、最速149キロを計測し、上り調子の根本 太一。また140キロ超の速球を投げ込む1年生右腕・篠木 健太郎も投入して、逃げ切りたい。試合は5点勝負になるのではないだろうか。どちらがチャンスの場面で畳みかけることができるか注目だ。

第3試合 日大三(西東京)vs奈良大附(奈良)

 初戦大勝した日大三羽黒の好投手を攻略して勝ち上がった奈良大附。ともに打力が高く、終盤まで激しい戦いが繰り広げられそうだ。

 日大三の初戦を振り返ると、相手投手の自滅によって優位的に進めることはできたが、今度の奈良大附はそうはいかない。奈良大附のエース・木村 光は143キロのストレートと落差のあるスプリットのコンビネーションにする本格派で、簡単には打ち崩せない。初戦で甘い球を本塁打にした4番・大塚 晃平のように、好球必打で攻略をしていきたい。

 さらに打線も上位下位と当たりを見せており、中村 奎太河村 唯人だけではしのぐのは厳しいかもしれない。この夏、登板がない147キロ右腕・井上 広輝の登板があるか注目だ。

 お互いの打線が爆発すると、7点~8点の勝負となりそう。実力校同士の対決は最後まで見放せない。

第4試合 龍谷大平安(京都)vs八戸学院光星(青森)

  初戦の鳥取城北戦で苦戦を制した龍谷大平安と同じく延長の末、明石商を破った八戸学院光星。どちらも強打が持ち味のチームだが、投手力は龍谷大平安が上回っており、若干だけ有利かもしれない。

 龍谷大平安はエース・小寺 智也がコーナーワークを存分に生かしたピッチングを見せていきたい。打線は3番・松本 渉、4番松田の2人がキーマン。機動力を使いながら畳みかけていきたい。

 八戸学院光星は小寺のピッチングの前に苦しむことが予想される。しかしこの場合、龍谷大平安バッテリーの配球を読み、甘く入った球を確実にたたき、得点をものにしたい。投手陣を見ると、多少の失点は覚悟。投手陣総動員のつもりで龍谷大平安打線をしのいでいきたい。

 龍谷大平安が勝つ場合は大差をつけるか、守り勝ち。八戸学院光星が勝利する場合は打撃戦を制した形になるのではないだろうか。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
興南vs神村学園 2【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
興南vs神村学園【2019年春の大会 第144回九州地区高等学校野球大会】
東海大菅生vs日大三【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第883回 平成最後の九州王者になるのは!?出場18校の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
日大三vs都立小松川【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第202回 奥川、西はどのような投球を見せたのか?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第201回 佐々木、及川の実力は?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【東日本編】【ドラフト特集コラム】
日大三vs都立文京【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 龍谷大平安に現れた俊足好打の1番打者・中島大輔(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 客観視できる姿勢が万能型野手へ成長させた 水谷祥平(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
木更津総合 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】
奈良大附 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム