第755回 【9日目見所】大阪桐蔭は試合巧者・沖学園と対決!4本の矢・近江にも期待2018年08月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

藤原恭大(大阪桐蔭)

 8月13日、第100回全国高等学校野球選手権記念大会9日目。大阪桐蔭が2回戦を迎える。激戦が予想される3試合の見どころを紹介したい。

第1試合 大阪桐蔭(北大阪)vs沖学園(南福岡)

 大阪桐蔭は苦戦を制して、2回戦を迎える。初戦では北大阪大会で見せた打撃を発揮できなかったが、2回戦ではレギュラー全体が当たりを見せないと厳しい。藤原 恭大根尾 昂をつなぐ3番・中川 卓也、7番・山田 健太の打撃がカギとなりそうだ。

 投手は柿木 蓮の連投になるのか。左腕・横川 凱、二刀流・根尾 昂の登板も十分に考えられる。

 一方、沖学園はエース・斉藤礼がどこまで大阪桐蔭打線を交わすピッチングを見せることができるか。打線では当たりを見せている4番・吉村 脩希、3番・三浦 慧太や、キーマンとなる1番主将・阿部 剛大に注目したい。速球派右腕・石橋 幹にも登板があるのか注目だ。

第2試合 佐久長聖(長野)vs高岡商(富山)

 延長タイブレークを制した佐久長聖の原動力は、ともに140キロを超える速球を投げる林 虹太北畑 玲央の両右腕。林が試合を作り、北畑が締めるパターンでいきたい。一方、高岡商は復調の兆しを見せた山田 龍聖が状態を上げることができるか。1回戦同様、6回~7回前後で球威が落ちる可能性がある。そこでベストタイミングで継投することができるか。打線も140キロを超える投手を攻略する打力を持っており、5~6点勝負の活発な打撃戦となりそうだ。

第3試合 近江(滋賀)vs前橋育英(群馬)

 智辯和歌山を破った近江近大附を破った前橋育英の対戦。ともに投手力が高く、捕手のレベルが高く、守備力が高い。締まった好ゲームが期待できそうだ。近江は4本の矢というように、松岡 裕樹金城 登耶佐合 大輔林 優樹の4投手の力量は大会屈指。4人をうまく継投策を見せていきたい。打線は2本塁打を放ったスラッガー・北村 恵吾を中心に強力。

 対する前橋育英はエース・恩田 慧吾小池 悠平のバッテリーで近江打線をしのいでいきたい。この試合でも守り勝つ野球を実現できるか注目だ。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第9回 ドラフト指名が10人!2017年U-18ワールドカップで優勝したアメリカ代表の現在地【世界の高校野球】
第821回 近江が抜群の強さを見せつけた秋季滋賀大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第820回 動画で振り返るミレニアム世代のトップランナー!根尾昂(大阪桐蔭)が見せた圧倒的身体能力とひりつくような熱気【大会展望・総括コラム】
第816回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第815回 史上3校目の選抜連覇を達成!大阪桐蔭の1年間の軌跡「手探りの秋、逞しさが出た選抜」【前編】【大会展望・総括コラム】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
第805回 近畿大会ナンバーワン左腕へ!辛苦を乗り越えた清水大成(履正社) 【2018年インタビュー】
第804回 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ ! 【2018年インタビュー】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs橿原【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
山梨学院vs前橋育英【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
前橋育英vs作新学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
近江vs近江兄弟社【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
近江 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
沖学園 【高校別データ】
佐久長聖 【高校別データ】
高岡商 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム