第755回 【9日目見所】大阪桐蔭は試合巧者・沖学園と対決!4本の矢・近江にも期待2018年08月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

藤原恭大(大阪桐蔭)

 8月13日、第100回全国高等学校野球選手権記念大会9日目。大阪桐蔭が2回戦を迎える。激戦が予想される3試合の見どころを紹介したい。

第1試合 大阪桐蔭(北大阪)vs沖学園(南福岡)

 大阪桐蔭は苦戦を制して、2回戦を迎える。初戦では北大阪大会で見せた打撃を発揮できなかったが、2回戦ではレギュラー全体が当たりを見せないと厳しい。藤原 恭大根尾 昂をつなぐ3番・中川 卓也、7番・山田 健太の打撃がカギとなりそうだ。

 投手は柿木 蓮の連投になるのか。左腕・横川 凱、二刀流・根尾 昂の登板も十分に考えられる。

 一方、沖学園はエース・斉藤礼がどこまで大阪桐蔭打線を交わすピッチングを見せることができるか。打線では当たりを見せている4番・吉村 脩希、3番・三浦 慧太や、キーマンとなる1番主将・阿部 剛大に注目したい。速球派右腕・石橋 幹にも登板があるのか注目だ。

第2試合 佐久長聖(長野)vs高岡商(富山)

 延長タイブレークを制した佐久長聖の原動力は、ともに140キロを超える速球を投げる林 虹太北畑 玲央の両右腕。林が試合を作り、北畑が締めるパターンでいきたい。一方、高岡商は復調の兆しを見せた山田 龍聖が状態を上げることができるか。1回戦同様、6回~7回前後で球威が落ちる可能性がある。そこでベストタイミングで継投することができるか。打線も140キロを超える投手を攻略する打力を持っており、5~6点勝負の活発な打撃戦となりそうだ。

第3試合 近江(滋賀)vs前橋育英(群馬)

 智辯和歌山を破った近江近大附を破った前橋育英の対戦。ともに投手力が高く、捕手のレベルが高く、守備力が高い。締まった好ゲームが期待できそうだ。近江は4本の矢というように、松岡 裕樹金城 登耶佐合 大輔林 優樹の4投手の力量は大会屈指。4人をうまく継投策を見せていきたい。打線は2本塁打を放ったスラッガー・北村 恵吾を中心に強力。

 対する前橋育英はエース・恩田 慧吾小池 悠平のバッテリーで近江打線をしのいでいきたい。この試合でも守り勝つ野球を実現できるか注目だ。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近江vs高田【2019年春の大会 近畿大会】
第905回 上田西、松本第一、東海大諏訪が同ブロックで潰し合う!熾烈極めた春季長野県大会を総括!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs前橋育英【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第905回 野手のタレントが続々登場する関東大会2日目。東海大菅生、前橋育英に注目(最新版)【大会展望・総括コラム】
第899回 県内公式戦負けなしの上田西を止めるのは?長野県大会は序盤から激戦の予感!【大会展望・総括コラム】
近江vs滋賀学園【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
近江vs綾羽【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
前橋育英vs健大高崎【群馬県 2019年春の大会 群馬県春季大会】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第41回 斬新に歴史重ねた「第11回少年硬式野球四国選手権」で輝いたネクスト球児たち【四国発】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
近江 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
沖学園 【高校別データ】
佐久長聖 【高校別データ】
高岡商 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム