第751回 【6日目見所】木更津総合、日大三、敦賀気比の名門校が続々登場!2018年08月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

野尻幸輝(木更津総合)

 8月10日、第100回全国高等学校野球選手権記念大会6日目。日大三木更津総合敦賀気比の名門校が続々登場する6日目3試合の見どころを紹介したい。

第1試合 敦賀気比(福井)vs木更津総合(千葉)

 五島監督になってから夏10勝目を目指す木更津総合。そして3年ぶりの出場を決めた敦賀気比の対戦。ともに総合力が高く、ハイレベルな戦いが期待できそうだ。

 木更津総合は投打の柱・野尻 幸輝の先発が予想される。木更津総合としては、6回~7回まで野尻が試合を作り、根本 太一篠木 健太郎に回せる展開にできれば理想的だ。打線は、野尻、山中 稜真東 智弥のクリーンナップが中心となって、試合序盤から畳みかけていきたい。

 対する敦賀気比は、2年生エース・木下 元秀は粘り強さがウリの大型左腕。木更津総合の猛攻にあっても受け身にならず、自分のピッチングをしていきたい。速球派のリリーフ・坂井 翔が控える。打線はスラッガー・阪口 竜暉、攻守の要・杉森 圭輔、左の好打者・高橋 丞とタレント揃い。

 両チームとも地方大会の勝ち上がりを振り返ると、圧倒した戦いを見せているが、初めて劣勢となる試合展開が予想される。どちらが先制し、自分たちのペースに持ち込むのか。またリードされてもそれをはねのける反撃を期待したい。

第2試合 日大三(西東京)vs折尾愛真(北福岡)

 強打のチームが初戦で激突する。日大三は6本塁打を放った伝統の強打は健在だが、6試合中、4試合は逆転勝利。今年は土壇場の強さが例年と違う。精神的支柱・日置 航、決勝戦でサヨナラ本塁打を放ち、日大三の4番らしくなってきた大塚 晃平を中心に、一気に火が付くと止められない打線だ。ただ投手陣に不安がある。本来であれば、全国トップクラスの実力を持つが、コンディション不良の投手が多く、エース・中村 奎太は腕がつるなどアクシデントがあり、西東京大会では途中降板。147キロ右腕・井上 広輝が負傷に未登板と苦しい台所事情となっていた。これまでの西京大会は左腕・河村 唯人、大型右腕・廣澤 優が踏ん張っていたが、全国制覇するには、中村、井上の活躍が不可欠。西東京大会とは違う野球を見せることができるか。

 対する折尾愛真も6試合55得点10本塁打と超強力打線を引っ提げて甲子園に乗り込む。また失点は35失点とまさに「取られたら取り返す」を体現するチームである。その打線の中心が1番打者ながら、3本塁打18打点を記録している長野 匠馬、プロ注目のスラッガー・松井、柳田悠岐ばりのフルスイングで、左中間にもスタンドインできるパワーを持つ野元 涼の3人は怖い打者である。多少の失点は想定内。とにかく打ち勝つ野球を見せていきたい。

第3試合 羽黒(山形)vs奈良大附(奈良)

 実力校同士の対決だ。羽黒は最速148キロ右腕・佐藤 幸弥、角度ある速球を武器にする2年生・篠田 怜汰も最速145キロと来年のドラフト候補として期待がかかる。さらに打線は4番竹内 大貴、5番藤沼 龍之介が3本塁打ずつと、打線も協力。さらに守備面でもわずか1失策と安定した守備で、エラーからの失点もない。この地力の高さを甲子園でも発揮できるかがキーポイントとなる。

 奈良大附のウリはなんといってもチーム打率.458を誇る強力打線。出場56校ナンバーワンのチーム打率で、さらに長打は5試合で25本と、上位下位切れ目なく長打が飛び出す打線は脅威だ。エース・木村翔も威力ある速球とフォークをウリにする本格派右腕で、粘り強さが光る。

 両チームともハイレベルな地区を勝ち抜いた。両チームの投手陣を上回る打撃力があり、最後まで大荒れの打撃戦が期待できるかもしれない。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
金足農vs日大三【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第759回 【準決勝展望】日大三vs金足農、済美vs大阪桐蔭 激戦が予想される2試合のポイントは?【大会展望・総括コラム】
日大三vs下関国際【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
龍谷大平安vs日大三【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第759回 【準々決勝展望】王者、名門、新鋭、台風の目が勝ち進んだ平成最後の夏!ゲキアツ4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
下関国際vs木更津総合【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第756回 【11日目見所】 ベスト16入りを決める4校は?創志学園vs下関国際など実力校同士の対決に注目【大会展望・総括コラム】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第13回 奈良大附属高等学校(奈良)【初出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
折尾愛真 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
奈良大附 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム