第724回 【滋賀展望】レベルアップ著しい注目の滋賀大会!激戦を勝ち抜くのは?2018年07月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]春優勝の比叡山と春ベスト4の綾羽
[2]センバツ16強の近江と彦根東


 6月26日に滋賀大会の組み合わせ抽選会が行われ、53校50チームの出場が決まった。今年のセンバツには3校が出場し、注目が集まる滋賀大会を展望していきたい 

春優勝の比叡山と春ベスト4の綾羽



春の県大会優勝時の比叡山の選手たち

 シード校は春季大会で4強入りした比叡山近江近江兄弟社綾羽の4校。Aゾーンに入った春優勝の比叡山はエースで4番の勝皓辰(3年)が投打の中心。投手陣は勝以外にも青山武樹(3年)、中村隆一(2年)、中澤嶺(2年)と頭数が揃っている。打線も吉田和将(3年)や下村直也(3年)など打力のある打者が多い。比叡山と初戦で対戦する河瀬は昨年からの主力が多く残っている。春季大会では3回戦で両校が対戦したが、中盤まで互角の戦いを繰り広げており、今回も好ゲームが期待できそうだ。

 ノーシードで脅威となりそうなのが滋賀学園。光本将吾(3年)や狩野祐人(3年)らを擁する打線は県内随一。エースの宮城 滝太(3年)が本来の投球を見せれば甲子園出場が見えてくる。昨夏4強の水口はバランスの取れた好チーム。昨年以上の好成績を目指す。

 Bゾーンではシード校の綾羽光泉が初戦でぶつかる好カードが実現。綾羽はエースの吉川純平(3年)を筆頭に豊富な投手陣を揃えている。二遊間の山本大樹(3年)と野間海斗(3年)を中心に守りが固く、大崩れしないチームだ。光泉は秋、春と初戦敗退が続いているが、夏に本領発揮となるか。

 21世紀枠でセンバツに出場した膳所は春季大会で登板のなかった手塚皓己(3年)の出来がカギを握る。甲子園を賑わせたデータ分析による大胆な守備位置にも注目したい。創部3年目の立命館守山は経験を武器に上位進出を目指す。

【次のページ】 センバツ16強の近江と彦根東

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近江vs虎姫【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
立命館守山vs八幡【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
伊吹vs東大津【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
立命館守山vs八幡【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
近江vs虎姫【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
第769回 近江・滋賀学園に注目!秋季滋賀県大会、組み合わせ決定【大会展望・総括コラム】
第759回 【準決勝展望】日大三vs金足農、済美vs大阪桐蔭 激戦が予想される2試合のポイントは?【大会展望・総括コラム】
第759回 【準々決勝展望】王者、名門、新鋭、台風の目が勝ち進んだ平成最後の夏!ゲキアツ4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第757回 【13日目見所】ベスト8をかけた戦い!3回戦4試合の見どころ!【大会展望・総括コラム】
第755回 【9日目見所】大阪桐蔭は試合巧者・沖学園と対決!4本の矢・近江にも期待【大会展望・総括コラム】
第352回 滋賀学園高等学校 神村 月光選手「強心臓とクレバーさを持ちあわせた怪腕」 【2015年インタビュー】
第349回 東北楽天ゴールデンイーグルス 則本 昂大投手 「東北、そして日本の大エースへの道程」 【2015年インタビュー】
第215回 植田 海選手(近江高等学校) 【2014年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
綾羽 【高校別データ】
伊香 【高校別データ】
伊吹 【高校別データ】
近江 【高校別データ】
近江兄弟社 【高校別データ】
堅田 【高校別データ】
河瀬 【高校別データ】
北大津 【高校別データ】
草津東 【高校別データ】
光泉 【高校別データ】
滋賀学園 【高校別データ】
膳所 【高校別データ】
八幡商 【高校別データ】
比叡山 【高校別データ】
彦根東 【高校別データ】
水口 【高校別データ】
水口東 【高校別データ】
立命館守山 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム