第722回 「4強」軸に本命なき混戦模様 !カギ握る「勢い」と「確かな力」2018年07月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]【鹿児島実―国分中央】/【川内―神村学園】
[2]【樟南―鹿屋中央】/【尚志館―れいめい】

 第100回全国高校野球選手権記念鹿児島大会の組合せが決まった。
 3つの連合チームを含む77校70チームが7月7日から23日(雨天順延、準決勝前日は休養日)まで、鹿児島市の県立鴨池鴨池市民球場で熱戦を繰り広げ、100回目の節目の大会の頂点を目指す。

 昨秋・神村学園、今春・れいめい、NHK旗・鹿児島実、この1年間の主要県大会の優勝校は全て入れ替わっており、飛び抜けた力を持った優勝候補の本命はなく、シード校を中心に上位争いは混戦模様だ。上位4シードに入った鹿児島実れいめい樟南神村学園は実力的には甲乙つけがたい。下位シードの川内鹿屋中央尚志館国分中央もそん色ない力があり、昨夏準優勝の鹿児島薩南工鹿児島情報などもシード校に比肩する力を秘めたノーシード校も多数ある。

 近年の鹿児島大会を分析すれば、16年に志布志川内が4強入り、17年に鹿児島が決勝に勝ち進むなど、夏までに実績がなくてノーマークだったチームが上位に勝ち進む一方で、選手権の代表は15年・鹿児島実、16年・樟南、17年・神村学園と伝統と実績のある強豪私学がつかんでいる。長丁場の夏を制するためには心技体の準備を万全にして地に足のついた「確かな力」を身に着けることが何より大事。その上で何かをきっかけに「勢い」に乗ることも大事な要素となってくる。混戦の100回大会を制するのはどこか。組み合わせをパートごとに分けて展望を考えてみた。

【鹿児島実―国分中央】



鹿屋中央と鹿児島実

 第1シード鹿児島実が調子を上げてきている。春はライバル樟南に準々決勝でコールド負けしたが、右腕・吉村 陸矩(3年)がNHK旗で復調のきっかけをつかんだ。安定感抜群の左腕・立本 颯(3年)との2枚看板は長丁場の夏を勝ち抜く上でも大事な要素。主力をケガで欠いた状態でNHK旗を制しており、夏は打線も一回りレベルアップしそう。創部100周年の年に100回大会の代表をと周囲の期待も高い。

 春4強の国分中央は好右腕・内田 慶介(3年)―田之畑翔也(3年)のバッテリーが安定しており、好チームに仕上がっている。2年生左腕・上野 倖汰を擁する枕崎との初戦は屈指の好カードだ。好右腕・宮田 悠希(3年)を擁する武岡台と竹下耕大主将(3年)を中心にまとまる喜界との対戦も好勝負が期待できそう。種子島鹿屋工隼人工などが勢いに乗ったら面白い。元プロ選手・佐々木誠監督率いる鹿児島城西にも注目したい。

【川内―神村学園】



川内と神村学園

 昨夏、秋を制した神村学園は実績、実力では県下NO1のチームだが、部内の不祥事で春以降、夏の大会直前まで対外試合禁止処分を受けた。実戦から遠ざかっているのは大きなマイナスポイントだろう。大会序盤で試合感覚を取り戻して、上位と争う終盤で本領を発揮したいところだ。知将・田村正和監督率いる加治木工との初戦に注目したい。

 春8強の鹿屋、経験豊富な選手を擁する出水工、昨夏準優勝メンバーが主力で残る鹿児島などが名を連ねており、序盤戦から気の抜けない展開になりそうだ。第5シード川内はNHK旗準決勝でれいめいとの「同郷対決」を制し決勝に勝ち上がった。リードオフマンの祝迫 駿輔ら2年生メンバーが元気で、打線の力は県下トップクラス。投手を含めた守備の安定が夏上位に勝ち上がるカギになるだろう。鹿児島工鹿屋農鶴丸などの県立勢の奮起も期待したい。

【次のページ】 【樟南―鹿屋中央】/【尚志館―れいめい】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
れいめいvsラ・サール【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
国分中央vs吹上【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
加治木工vs種子島【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
鹿屋工vs志學館【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
川内商工vs鹿児島第一【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
第1000回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第629回 大隅から甲子園の夢、再び! 尚志館(鹿児島)【後編】~6年ぶり甲子園へ、守り切って周りの期待に応えたい~【野球部訪問】
第629回 大隅から甲子園の夢、再び! 尚志館(鹿児島)【前編】~団結力とパワーで上り詰めた大舞台~【野球部訪問】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第999回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第629回 五感を研ぎ澄まし「第六感」は磨きあげる!全員が1つとなって甲子園を掴む!神村学園(鹿児島)【後編】【野球部訪問】
第1007回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第1006回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第811回 若獅子賞受賞し、来季のドラフトで注目の太田龍(JR東日本)の来季の目標とは 【2018年インタビュー】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田辻 【高校別データ】
池田・更別農・大樹・幕別清陵 【高校別データ】
出水工 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
大島 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
都立大島海洋国際(派遣:都立狛江) 【高校別データ】
都立大島(派遣:都立東大和) 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田北・能勢 【高校別データ】
開陽・修学館・加世田常潤 【高校別データ】
開陽・高等支援・加世田常潤・串木野 【高校別データ】
鹿児島 【高校別データ】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島工 【高校別データ】
鹿児島商 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿児島城西 【高校別データ】
鹿児島情報 【高校別データ】
鹿児島第一 【高校別データ】
鹿児島中央 【高校別データ】
鹿児島南 【高校別データ】
加治木 【高校別データ】
加治木工 【高校別データ】
加常潤 【高校別データ】
加世田 【高校別データ】
加世田常潤・市来農芸・串木野・開陽・鹿高等支援 【高校別データ】
鹿東 【高校別データ】
鹿東・開陽・高特支・加常潤・市来農・串木野 【高校別データ】
鹿屋工 【高校別データ】
鹿屋中央 【高校別データ】
鹿屋農 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
川内 【高校別データ】
喜界 【高校別データ】
錦江湾 【高校別データ】
甲南 【高校別データ】
国分 【高校別データ】
国分中央 【高校別データ】
古仁屋・喜界 【高校別データ】
薩南工 【高校別データ】
志學館 【高校別データ】
志布志 【高校別データ】
尚志館 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
川内 【高校別データ】
川内商工 【高校別データ】
武岡台 【高校別データ】
種子島 【高校別データ】
垂水・財部連合チーム 【高校別データ】
鶴丸 【高校別データ】
徳之島 【高校別データ】
隼人工 【高校別データ】
隼人工・国分中央 【高校別データ】
吹上 【高校別データ】
福山 【高校別データ】
枕崎 【高校別データ】
れいめい 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム