第720回 花咲徳栄の独走を止めるのはどこだ!?北埼玉の大会展望を分析!2018年07月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]優勝候補筆頭の花咲徳栄の戦力
[2]花咲徳栄を食い止める可能性がある実力校たち

 100回記念大会ということで今年の埼玉からは2校が出場する。その組み合わせが決まった。本命はあくまで北埼玉が昨夏の全国覇者・花咲徳栄、南埼玉が浦和学院と今年もこの二強という構図だが、何があるかわからない夏の大会だ。今年の南・北埼玉大会出場校をこの二強を中心に考えていきたい。

優勝候補筆頭の花咲徳栄の戦力



投打の柱・野村 佑希、エース・中田 優斗、打線の軸・韮澤 雄也

 昨夏全国を制した花咲徳栄。今春の埼玉県大会でも準優勝し、関東大会では東海大相模に1点差で敗れたが壮絶な打撃戦を見せたのは記憶に新しい。4年連続の甲子園出場を狙う花咲徳栄が北埼玉大会の大本命であることに間違いはない。この花咲徳栄を止めるチームは果たして現れるか。これが北埼玉大会のテーマであろう。

 まずは投手陣だが、基本的にはエース中田 優斗(3年)か、MAX140km中盤を誇る岩崎 海斗(2年)を中心として回し、齋藤 倖介(3年)などを交え場合によっては、最後にMAX146km右腕野村 佑希(3年)が登板する。この継投で行くという基本路線は春と変わらないであろう。

 花咲徳栄サイドとすれば、夏の連戦で野村にできるだけ負担をかけたくはないはずだ。つまり各チームがどれだけ野村を引っ張り出すことができるかが鍵となる。投手陣は旧チームの綱脇、清水と比べるとやや落ちるだけにある程度の得点は奪えるはずだ。

 一方の打線は、韮沢 雄也(2年)、野村、井上 朋也(1年)が中心だ。だが、橋本、羽佐田 光希(2年)、倉持 賢太(3年)などその他の選手のレベルも総じて高く、今春の関東大会では東海大相模の投手陣を相手に敗れはしたが互角に打ち合うなど、昨夏と比べても遜色ない布陣ができあがりつつある。

 特に花咲徳栄打線の特徴としてその修正力の高さが挙げられる。例えその試合タイミングが合わない投手が出てきても三巡目を迎えるあたりには、打線の雰囲気が全く変わる。つまり対戦相手はとにかく欲張らず二巡目までと決め、潔くスイッチするベンチの勇気が必要不可欠である。

 もちろん、最後の夏の大会ということもあり、エースに頼りたくなるのはどのチームも同じであろうが、それまでが良くて必要以上に投手を引っ張ってしまうと、勝てる確率も一気に下がっていくであろう。

 また、花咲徳栄は元来変則投手にも強く、膠着した時に仕掛けるダブルスチールやセーフティースクイズなど細かい野球が得意なチームである。そのあたりの試合運びの巧さが負けにくいチームとしての所以なのだが、対戦相手はこのあたりにも気を付けなければならない。

 どのチームもそうだが、とにかく花咲徳栄の鬼門は初戦であろう。昨秋もチームが固まっていなかったこともあったが滑川総合に1点差、今春も川越東相手に同じく1点差勝ちと苦戦している。今大会も初戦の桶川西は左腕の並木隆幸(3年)、MAX140km近い直球を投げる松岡 洸希(3年)とタイプの違う2枚を擁するだけに注意が必要だ。

 これに勝っても、次はこれまでやや苦戦することの多い八潮勢の対戦、そして順当に行くと4回戦でタイプの違う複数投手を擁し、主砲木下 遥斗(2年)を中心とした打力には自信を持っている春日部東との対戦が有力だ。

 ここを越えるとおそらく決勝まで勝ち進む可能性も高くなるが、それだけに序盤の戦い方には注意したい。

【次のページ】 花咲徳栄を食い止める可能性がある実力校たち

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
専大松戸vs桐光学園【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
桐光学園vs藤代【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
東海大相模vs前橋育英【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
東海大菅生vs春日部共栄【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
春日部共栄vs栃木工【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第907回 夏の大会で活躍するのは俺たちだ!春季埼玉県大会を総括!【後編】【大会展望・総括コラム】
第906回 関東大会に出場する4校の現在の戦力は?春季埼玉県大会を総括!【前編】【大会展望・総括コラム】
第904回 2011年以来の関東制覇を狙う習志野が登場!春日部共栄・藤代は秋から成長した姿を見せるか?(最新版)【大会展望・総括コラム】
第95回 浦和学院(埼玉)編「好投手を輩出し続ける投手王国・浦和学院のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第204回 埼玉県屈指の本格派左腕・米山魁乙(昌平) スピードガンでは測れない圧力あるストレートは必見!【ドラフト特集コラム】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第916回 目指すは甲子園で本塁打!大谷翔平に憧れる平尾 柊翔(春日部共栄) 【2019年インタビュー】
第914回 4番エースに相応しい選手になるために 村田賢一(春日部共栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
井上 朋也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
岩崎 海斗(花咲徳栄) 【選手名鑑】
大木 喬也(春日部共栄) 【選手名鑑】
小川 竜太朗(上尾) 【選手名鑑】
木下 遥斗(春日部東) 【選手名鑑】
木村 歩夢(上尾) 【選手名鑑】
倉持 賢太(花咲徳栄) 【選手名鑑】
齋藤 倖介(花咲徳栄) 【選手名鑑】
塩野 閣也(春日部共栄) 【選手名鑑】
高木 大地(栄北) 【選手名鑑】
田中 翔太郎(春日部共栄) 【選手名鑑】
田山 駿(春日部共栄) 【選手名鑑】
寺山 大智(上尾) 【選手名鑑】
内藤 竜也(春日部共栄) 【選手名鑑】
中田 優斗(花咲徳栄) 【選手名鑑】
韮沢 雄也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
野村 佑希(花咲徳栄) 【選手名鑑】
羽佐田 光希(花咲徳栄) 【選手名鑑】
松岡 洸希(桶川西) 【選手名鑑】
米山 魁乙(昌平) 【選手名鑑】
渡部 太陽(春日部共栄) 【選手名鑑】
上尾 【高校別データ】
上尾鷹の台・上尾橘・桶川西 【高校別データ】
浦和学院 【高校別データ】
叡明 【高校別データ】
桶川 【高校別データ】
桶川西 【高校別データ】
桶川西・上尾鷹の台・上尾橘・越生 【高校別データ】
春日部共栄 【高校別データ】
春日部工 【高校別データ】
春日部 【高校別データ】
春日部東 【高校別データ】
川越東 【高校別データ】
北本 【高校別データ】
栄北 【高校別データ】
昌平 【高校別データ】
白岡 【高校別データ】
福岡・自由の森学園・上尾鷹の台連合チーム 【高校別データ】
滑川総合 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
本庄第一 【高校別データ】
本庄東 【高校別データ】
松山 【高校別データ】
松山工 【高校別データ】
松山 【高校別データ】
松山商 【高校別データ】
鷲宮 【高校別データ】
コメント (1)
さあ、いよいよ⚾️2018.07.07 徳栄野球ファン
この夏も、徳栄野球を出し切ってFIGHT‼️
⚾️応援します‼️
甲子園に連れてって‼️

コメントを投稿する

プロフィール

南英博
南 英博
  • 生年月日:1977年7月13日
  • 出身地:埼玉県出身
  • ■ 大学卒業後、SEからフットサル雑誌の編集を経て2007年よりフリーライターにという異色の経歴。
    一念発起し2010年から野球の道へ。埼玉県を中心に関東の高校野球を取材する。
  • ■ ネットでは『高校野球ドットコム』、書籍では『週間サッカーダイジェスト』(日本スポーツ企画社)、『フットサルナビ』(白夜書房)、に寄稿。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム