第718回 3季連続優勝を狙う明石商を阻む学校は現れるのか?2018年07月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今回、高校野球ドットコムの副編集長の河嶋宗一が近畿地区を担当し、デイリーニュースをお届けする松倉雄太さんと近畿地区についての展望を対談いたしました。西兵庫の対談の模様は動画で見ていただき、組み合わせ後の見どころについては本文で紹介します。


 西兵庫で注目なのはノーシードに回った東洋大姫路だ。ここまで苦しい戦いが続ているが、各校にとっては怖い存在。初戦の相手は姫路工と対戦。勝利すると市川と対戦。同ブロックには飾磨工が登場と実力校が揃ったブロックとなっている。東洋大姫路が一気呵成で勝ち進むと西兵庫は混沌とした大会となりそう。

 

 二季連続優勝の明石商西脇八鹿の勝者と対戦。明石商は投打ともに総合力が高く、全国的にもトップクラスの強豪だが。夏は3年連続準優勝と甲子園への壁が厚い。この壁を乗り越えることができるか。

 

 三田松聖は1年生から試合に出場している中川 健太郎、直井 亨太の両打者の活躍に期待したい。初戦は高砂南小野工の勝者と対戦する。同じく三田勢として注目される三田学園淡路小野の勝者と対戦。

 

 秋準優勝の西脇工北摂三田三田祥雲館の勝者と対戦。西脇工の最大のウリは堅実な守備。手堅い野球で勝ち進む。

 

 実力校として注目される北条姫路別所の勝者と対戦。藤本 竜輝は最速144キロの直球を武器にする右の本格派で、早くも2019年のドラフト候補として注目される逸材だ。

 

 明石商が盤石な戦いを見せ、悲願の甲子園出場なるか。また東洋大姫路西脇工が負けじと明石商を阻む存在となるのか。

文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1001回 明石商に勝つためでなく全国の壁を破るため。秋の兵庫県王者・報徳学園が見せる強豪の矜持【野球部訪問】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商 【高校別データ】
淡路 【高校別データ】
市川 【高校別データ】
小野 【高校別データ】
小野 【高校別データ】
小野工 【高校別データ】
小野田工 【高校別データ】
三田学園 【高校別データ】
三田祥雲館 【高校別データ】
三田松聖 【高校別データ】
飾磨工 【高校別データ】
高砂南 【高校別データ】
東洋大姫路 【高校別データ】
西脇 【高校別データ】
西脇工 【高校別データ】
姫路工 【高校別データ】
姫路別所 【高校別データ】
北条 【高校別データ】
北摂三田 【高校別データ】
社 【高校別データ】
八鹿 【高校別データ】
八鹿・生野 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム