第716回 東兵庫展望 滝川第二と報徳学園が同ブロック!4回戦が盛り上がりそう!2018年07月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今回、高校野球ドットコムの副編集長の河嶋宗一が近畿地区を担当し、デイリーニュースをお届けする松倉雄太さんと近畿地区についての展望を対談いたしました。東兵庫の対談の模様は動画で見ていただき、組み合わせ後の見どころについては本文で紹介します。


 阪神地区・神戸地区で構成される東兵庫は実力校同士が同ブロックで、4回戦で面白いカードが続出しそうだ。

 春準優勝の滝川第二西宮今津と仁川学園の勝者と対戦。好左腕・田邉大登、俊足巧打の外野手・高島 大輝など俊足選手が多く揃える強豪。同ブロックにはプロ注目で、2年連続の侍ジャパンU-18代表を目指す小園 海斗擁する報徳学園が入った。両校は順調に勝ち進めば4回戦で激突。実現すれば、大きく盛り上がりそうだ。

 好投手・若林 秀真擁する市立西宮六甲アイランドと鈴鹿鈴蘭台の勝者と対戦。今春8強入りした星陵川西北陵尼崎工の勝者と対戦。第1回から出場を続ける関西学院県立西宮の勝者と対戦する予定だ。

 二季連続で県大会ベスト4の市立尼崎は昨秋のベスト8・尼崎小田葺合の勝者と対戦。市立尼崎の本格派右腕・小森 陵司は最速143キロを誇る。2年ぶりの甲子園へ。ぜひ進化のピッチングを期待したい。同ブロックでは、昨秋近畿大会出場の神港学園も登場。こちら4回戦で激しい戦いが期待できそうだ。

 昨夏甲子園出場の神戸国際大附は、武庫之荘総合と宝塚北の勝者と対戦。神戸国際大附は春に出場がなかったスラッガー・谷口 嘉紀の復活に期待したい。また同ブロックには育英も登場する。

 プロ注目の捕手・荒川 亮太がチームを引っ張る須磨翔風尼崎西伊川谷の勝者と対戦。神戸弘陵は尼崎双星と神戸村野工の勝者と対戦する。

文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
須磨翔風vs神戸国際大附【兵庫県 2019年 春季高校野球兵庫県大会地区予選】
第79回 市立尼崎(兵庫)「目標に向かって最後まで食らいついていくチームに」【冬が僕らを強くする2019】
第572回 全ては『志1つ』!強豪私学を破り聖地へ上り詰める 六甲アイランド【後編】【野球部訪問】
第570回 弱みは強み!創意工夫でレベルアップを図る 六甲アイランド【前編】【野球部訪問】
第891回 150キロは目前。藤本竜輝が追求する「下半身主導フォーム」と「ボールの回転数」【後編】 【2019年インタビュー】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第890回 兵庫ナンバーワン右腕・藤本竜輝(社)を支える「笑顔のマウンドさばき」【前編】 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第835回 激戦の近畿地区の選考!ベスト8敗退チームはどこが出ても楽しめる!【大会展望・総括コラム】
第535回 「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】【野球部訪問】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
尼崎小田 【高校別データ】
尼崎工 【高校別データ】
尼崎西 【高校別データ】
伊川谷 【高校別データ】
育英 【高校別データ】
市立尼崎 【高校別データ】
川西北陵 【高校別データ】
関西学院 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
須磨翔風 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
宝塚北 【高校別データ】
滝川第二 【高校別データ】
市立西宮 【高校別データ】
西宮今津 【高校別データ】
葺合 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
六甲アイランド 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム