第710回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【野手編】2018年06月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]勝てる捕手2人を選出 ただ打力に不安
[2]内野手はこれ以上ない精鋭11名が集結
[3]外野手3名も精鋭 このままいくか、東海大相模の森下がどこまでアピールできるか?

 6月20日、侍ジャパンU-18代表候補30名が発表された。前回は投手を中心に考察を深めたが、今回は野手を中心に考察をしていきたい。

勝てる捕手2人を選出 ただ打力に不安



小泉航平選手(大阪桐蔭)
【捕手】2名

東 亮汰三重)3年 171/77 右右
小泉 航平大阪桐蔭)3年 179/74 右右

 捕手については、選抜での実績を高く評価された形だ。東 亮汰三重)は計4投手を粘り強くリードし、4強に導いたリード、キャッチング技術が高い。打ってもしぶとい打撃を持ち味にする捕手だ。

 小泉 航平大阪桐蔭)は総合力が高い好捕手。これほどマークされてでも大阪桐蔭が勝てるのは、小泉の繊細なリードがあってこそ。さらにスローイングタイム1.9秒台を計測する強肩も魅力で、しぶとい右打ちも見逃せない。

 2人とも経験豊富な捕手で、勝たせる捕手として期待できる。ただ木製バットを使うアジア大会では、打撃面で不安を感じさせる。

 打撃面、捕手のリードセンスを兼ね備えた捕手として、石橋 康太関東一)、野村 大樹早稲田実業)の2人は代表候補として注目すべき選手である。石橋は高校通算52本塁打を記録している打撃に加え、スローイングタイム1.9秒台の強肩、ストッピング能力の高さ、さらに強打の捕手としてはかなり思考力が高い捕手。あとは捕手として激戦区の東東京を勝ち抜くことができるか。今年の関東一は絶対的な柱がいないだけに石橋の捕手的素質が試される夏にもなる。

 野村は春季大会終了時点で高校通算50本塁打を超える長打力だけではなく、相手の配球を読む思考力の高さがあり、レベルが高い投手相手にも対応できる打撃力は今年の右打者でもトップクラス。捕手としてもリード、スローイング技術、ストッピング技術は昨年に比べて格段の進歩を見せている。侍ジャパンU-15代表も経験しており、国際大会の経験も豊富だ。

 東京の強打の捕手コンビは、日本代表に選ぶに相応しいパフォーマンスを見せることができるか、注目したい。 

【次のページ】 内野手はこれ以上ない精鋭11名が集結

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
佼成学園vs日大三【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
第1016回 【西東京準々決勝展望】日大三vs佼成学園、国士舘vs早稲田実業など注目カードのポイント、戦力紹介!【大会展望・総括コラム】
関東一vs立正大立正【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2020年夏の大会 高校野球和歌山大会】
明大中野八王子vs早稲田実業【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
日大三vs都立武蔵村山【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 西東京大会】
第119回 今年初の公式戦を飾った早稲田実業は全国レベルのチーム!清宮弟など主力選手を徹底紹介!【高校野球コラム】
第268回 高卒プロを掲げる大型左腕・下慎之介(健大高崎)は他の高校生左腕に負けないために何をアピールするのか?【ドラフト特集コラム】
第1029回 昨夏甲子園ベスト8から1年。どんな時でも「関東一野球」は生き続けている【野球部訪問】
第1224回 右打者として歴代でもトップクラス。高校通算23本塁打・重政拓夢(関東一)が目指すは東京王者 【2020年インタビュー】
第1225回 投手本格専念は高校から。関東一の最速137キロ左腕・今村拓哉の決意「自分の個性を発揮したい」 【2020年インタビュー】
第1224回 持ち味は高校生レベルを超えたスピード感あふれるプレー 巧打者・細川凌平(智辯和歌山)が掲げるビジョン 【2020年インタビュー】
第1223回 世代トップクラスの剛腕・小林樹斗(智辯和歌山)は昨夏の米子東戦以上のインパクトのある投球を見せることができるか 【2020年インタビュー】
第1219回 最速144キロを誇る大型右腕・蓼原慎仁(桐生第一)。プロ野球選手&甲子園出場のために取り組んだ3年間 【2020年インタビュー】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近代泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
青山 【高校別データ】
明野 【高校別データ】
飯南 【高校別データ】
伊勢 【高校別データ】
上野 【高校別データ】
宇治山田 【高校別データ】
浦和学院 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
海星 【高校別データ】
川越 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
神戸 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
桜丘 【高校別データ】
水産 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
津 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東北 【高校別データ】
東北学院榴ケ岡 【高校別データ】
東北生文大高 【高校別データ】
鳥羽 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
延岡学園 【高校別データ】
白山 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
四日市 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム