第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】2018年06月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]未来沖縄ブロック:打倒未来沖縄に燃える学校がひしめく
[2]沖縄尚学ブロック:1回戦屈指の好カードが実現の激戦ブロック!

 ついに100回目の夏がやってくる。
 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会の抽選が12日、北中城公民館にて行われた。春季優勝で第1シードのKBC学園未来沖縄沖縄工と対戦。以下、第2シード興南豊見城南、第3シードのコザ中部商、そして第4シード沖縄尚学沖縄水産とぶつかることが決まった。殆どの高校に優勝の可能性が高く、年々レベルが拮抗している沖縄大会では、シードの優位性など無いに等しいのかも知れない。そこをあえて承知で、大会の展望を述べてみようと思う

未来沖縄ブロック:打倒未来沖縄に燃える学校がひしめく



春の王者 未来沖縄

 秋季8強の具志川商糸満、春季8強の美来工科、秋春8強の沖縄工とベスト8組みが王者KBC未来沖縄の打倒をもくろむAブロック。
 秋季大会で一年生ながらKBC学園未来沖縄打線を6奪三振2失点に抑えた具志川商のサウスポー新垣瑠依。春の初戦でリベンジを誓うKBC学園未来沖縄に12安打を放たれ敗れたが、自責点は僅かに3。1勝1敗の決着を2回戦で果たせるかもしれない機会に目を輝かせていることだろう。対する北中城は結果が伴っていないものの、春の普天間戦で8回2失点と粘投した長嶺慶助を中心に守り抜き、1点勝負に持ち込みたい。

 宮古は春の北山戦で2失点完投、敗れた宜野座戦でも5回途中から登板し、4回2/3イニング3安打7奪三振無失点の長身エース與那覇 達也の出来が上位進出のカギ。対する南部農林は長いこと部員不足に悩まされてきたが、この記念大会で単独出場する。

 秋、沖縄水産に1点差、春もコザに1点差と上位校との差が殆どない美来工科。一本立ちした比嘉竜聖は、球威アップとともに試合を作ることに長けてきた。打線は昨年ほどの破壊力はないが、チャンスを確実にものにする玄人野球は健在だ。対戦する那覇工は、秋季大会で対戦した首里と互角の勝負を繰り広げた。左腕當間海舟をはじめ我那覇恭斗、新垣陸斗の力ある2年生に注目。2012年13年、宜野座の監督として2年連続九州大会に出場した東亮監督と、2001年の選抜高校野球大会でベスト4入りした当時の宜野座の主将だった安富勇人部長。沖縄高校野球の次世代を担う若手二人の采配と起用法で大物喰いといきたい。

 普天間のキーマン仲本光希。秋は沖縄水産打線を8回2失点、春も宜野湾打線を9回2失点と計算が立つだけに打線の奮起が期待される。対する西原は國吉健太、與那嶺絃、安座間喜佳ら打力に秀でる。仲本vs西原打線という見ごたえのある戦いとなるだろう。

 宜野座真和志は投手戦となるか。宜野座の松田周は春、美来工科を相手に8回2失点。真和志の上原航も秋、同じ美来工科打線を向こうに回して7回2/3イニング1失点。両投手の出来が試合を左右する。

 那覇商小禄の1回戦は春と全く同じとなった。このときは那覇商が7対0のコールドで勝利。6回までノーヒットピッチングをした2年生永山和輝と秋、沖縄尚学戦で先発し9回2失点(自責点1)と王者を苦しめた左腕當銘壮大ら投手陣と合わせ、渡具知奨希、平良彰悟ら打撃陣の力は大きく、那覇商の優位は動かないだろう。小禄は春からどこまで戦力を立て直したか。小禄は2年前、春の1回戦で8点差をつけられた大敗後、直後の夏でベスト4入りしたことがあるだけに野原監督と選手たちの底力に期待したい。

 秋にベスト8入りし野球部対抗競技会でチーム1位に輝いた糸満。春は思わぬ苦杯をなめただけにこの夏に懸ける思いは強いだろう。玉城宙夢、金城龍史郎と2年生山城真平の投手陣や前野史佳ら打撃陣の能力は高く、秋に沖縄尚学と1点差ゲームを演じた力をこの夏で爆発させたい。対する美里は戦力的に厳しいが、失点は最小限で食い止めるなど粘り抜いて諦めない野球で前評判を覆したい。

 第1シードKBC学園未来沖縄は、オーバースローとサイドスローを器用に投げ分ける宜保 翔の活躍で春を制した。そこに本来の投手二枚看板である新垣 龍希と2年生伊波洋一が投げられるまでに復活。より一層、選手の層を厚くして臨む最後の夏に死角はないように映る。春の王者に土をつけると臨むのが沖縄工。一年生中央大会の決勝でぶつかった両雄が最後の夏の初戦であたるとは誰も予想出来なかったのではないだろうか。下地海斗、西原拓海、前里大樹のライトハンドトリオに前城弥、中村義幸のサウスポーコンビと投手陣は層が厚い。打線では新城幹稀、棚原龍太朗の1,2番コンビが出塁し王者にプレッシャーを掛け続けたい

【次のページ】 沖縄尚学ブロック:1回戦屈指の好カードが実現の激戦ブロック!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第770回 枢軸4人組を中心に見事チームを成長させ続けた沖縄水産が14年振りの優勝! 【大会展望・総括コラム】
第771回 2強時代の到来か?秋季和歌山大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
第187回 2019年ドラフトガイドブック(投手編) 特A、Aクラス投手がひしめく豊作年!【ドラフト特集】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集】
東亜学園vs日本ウェルネス【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
日本ウェルネスvs目白研心【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
沖縄尚学vs具志川商【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
沖縄水産vs南風原【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs宜野湾【沖縄県 2018年秋の大会 第68回沖縄県高等学校野球秋季大会】
第713回 宜保 翔(KBC学園未来高校沖縄)強烈な個性と圧倒的努力で「やりたいことをやり切る」 【2018年インタビュー】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第621回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】 【2017年インタビュー】
第620回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「強い打球を打てて、確実性が高いフォームを求めよう」【前編】 【2017年インタビュー】
第547回 平良 海馬(八重山商工)「進歩し続ける魅惑の快速右腕!」【後編】 【2017年インタビュー】
飯田 【高校別データ】
石川 【高校別データ】
石川 【高校別データ】
石川県工 【高校別データ】
糸満 【高校別データ】
日本ウェルネス 【高校別データ】
浦添工 【高校別データ】
沖縄工 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
沖縄水産 【高校別データ】
小禄 【高校別データ】
金沢 【高校別データ】
北中城 【高校別データ】
宜野座 【高校別データ】
具志川 【高校別データ】
具志川商 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
向陽 【高校別データ】
向陽 【高校別データ】
向陽 【高校別データ】
向陽 【高校別データ】
コザ 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
首里 【高校別データ】
北谷 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
豊見城 【高校別データ】
豊見城南 【高校別データ】
那覇工 【高校別データ】
那覇商 【高校別データ】
那覇西 【高校別データ】
南部工 【高校別データ】
南部工 【高校別データ】
南部農林 【高校別データ】
日本ウェルネス 【高校別データ】
日本ウェルネス 【高校別データ】
南風原 【高校別データ】
普天間 【高校別データ】
北山 【高校別データ】
北部農林 【高校別データ】
前原 【高校別データ】
真和志 【高校別データ】
宮古 【高校別データ】
宮古 【高校別データ】
宮古工 【高校別データ】
宮古工 【高校別データ】
宮古商 【高校別データ】
宮古総合実 【高校別データ】
未来沖縄 【高校別データ】
美来工科 【高校別データ】
八重山商工 【高校別データ】
八重山農林 【高校別データ】
陽明 【高校別データ】
読谷 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム