第669回 2019年のドラフト候補が多数浮上!きらりと光る活躍を見せた2年生の逸材をピックアップ!2018年05月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]来年期待の速球派右腕たち
[2]すでに来年のドラフト候補として意識できる常総学院の両主砲



左から根本太一(木更津総合) 前田聖矢(日大三) 及川雅貴(横浜) 斉藤勇人(常総学院)

 健大高崎の優勝で幕が閉じた春季関東大会。高校生は最初の冬を乗り越えると、逞しさを身に着けるが、この大会でも多くの選手が成長を見せ、来年のドラフト候補が多く浮上する大会となった。

来年期待の速球派右腕たち

 まず高校野球ドットコムの計測で140キロ以上を計測した2年生投手は以下の通り。
145キロ 廣澤 優日大三
142キロ 根本 太一木更津総合
142キロ 飯塚 脩人習志野
140キロ 久保田悠斗(健大高崎
140キロ 岩崎 海斗花咲徳栄
140キロ 遠藤 成東海大相模
 この大会で評価を高めたのは廣澤だろう。189センチから振り下ろすストレートには独特の角度があり、リリーフ時に投げ込むストレートは簡単に前に飛ばさせない勢いがある。先発では力配分を意識しているためか、常時130キロ後半がほとんどなので、いずれはリリーフ時で投げる140キロ中盤~145キロのストレートを先発で投げられるようになってほしい。その時、ストレートの最速は150キロ近くまで到達していることだろう。また、スライダーや打者の手元で大きく落ちるチェンジアップの精度も非常に高いのが特徴だ。

 140キロ後半の速球を投げる投手として評判だった根本 太一健大高崎戦で7回途中まで力投を見せた。先発ながら1イニングに3、4球は140キロ台を計測しており、回転数も高く、質の高さが光った。まだ変化球の精度、制球力が課題だが、これからの2年間でしっかりと高めることを期待したい。

  県大会から140キロ台の速球を投げこんでいた飯塚は、日大三戦でも最速142キロを計測。また一定以上の制球力があり、120キロ台のスライダーの精度も高く、高校2年生としてレベルが高い投手といえる。夏へ向けて変化球の精度も、速球のコントロールを1つずつ高めていきたい。

 関東大会優勝の健大高崎は野手のレベルの高さが光ったが、投手にも逸材がいる。それが準決勝、決勝で好リリーフを見せた久保田悠斗だ。165センチと小柄ながら、気合満点で投げ込むストレートは威力があり、球速表示以上に勢いがある。健大高崎は継投制を敷いているので、先発完投する機会は少ないが、与えられたイニングでは、無失点に抑えられる安定感と投球術を身に付けてほしい。

 岩崎は2試合でリリーフ登板。岩崎の良さは上半身、下半身の動きが連動した投球フォーム。ストレートは140キロ前後ながらボールの質が良く、125キロ前後のスライダーの精度の高さも魅力的で、同タイプだと花咲徳栄の綱脇彗(東北福祉大)を思い出すが、その綱脇より上の逸材だといえる。関東大会では強豪と対戦した経験をどう生かすか注目していきたい。

 遠藤は縦振りのフォームから繰り出す常時130キロ後半の速球が持ち味の本格派。ただ一本調子で、常総学院戦では140キロのストレートをレフトスタンドに叩き込まれた。夏へ向けて投球術を磨き、速球派投手として活躍を見せたい。

 最後に現役高校生最速左腕・及川 雅貴(横浜)に触れたい。木更津総合戦で登板した及川は、5.2回を投げて150キロを計測したストレートを軸に9三振を奪う一方で、終盤に捕まり6失点を喫した。まだイニングごとにムラがあるのが課題だろう。この関東大会では150キロを投げられた収穫とスタミナ不足の課題を得た。夏までどんな成長を見せてくれるのか、楽しみにしたい。

【次のページ】 すでに来年のドラフト候補として意識できる常総学院の両主砲

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
第828回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
第17回 祝3万人突破!年始に見てきたい注目動画を一挙紹介!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第74回 ドットコム編集部が選ぶ!2018年高校野球10大ニュース【高校野球コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
第857回 安心感ある守備で信頼を掴み、強い向上心で打撃が急成長!甲子園ベスト4捕手・佐藤英雄(日大三)! 【2018年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第847回 「綺麗さ」と「力強さ」を兼ね備えた投手へ!古谷拓郎(習志野)の優先課題は「体づくり」【前編】 【2018年インタビュー】
東京代表vs日大三【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
木更津総合vs拓大紅陵【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第837回 野村佑希も認めるクラッチヒッター・井上朋也(花咲徳栄)3年間で師匠を超える! 【2018年インタビュー】
横浜隼人vs日体大荏原vs加藤学園【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
山梨学院vs春日部共栄【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
習志野vs桐蔭学園【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
浦和学院 【高校別データ】
関東学園大附 【高校別データ】
木更津総合 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
青藍泰斗 【高校別データ】
専大松戸 【高校別データ】
千葉黎明 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム