第656回 倉敷商が制した春季岡山大会を総括!2018年05月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]長年、岡山の高校野球界を牽引した伝統校2チーム
[2]夏の甲子園への切符を狙う"新鋭"と"古豪"

長年、岡山の高校野球界を牽引した伝統校2チーム



背番号10ではあったものの見事なピッチングを見せた引地秀一郎(倉敷商)

  倉敷商が3年ぶりとなる秋の頂点に辿り着いた春季岡山県大会。大会前は、昨秋の優勝校・岡山学芸館、中国地方屈指の戦力とも言われている創志学園、センバツで持ち前の打力の一端を見せたおかやま山陽ら、近年活躍が目立つ“新鋭”の注目度が高かったが、決勝へ勝ち進んだのは、倉敷商関西。長年、県高校野球界を牽引してきた二校による決勝戦となった。

 倉敷商は、昨秋エースナンバーを背負った引地 秀一郎が、故障明けという事情もあり、背番号10でベンチ入り。反対に、秋は故障で出遅れた小引 智貴が背番号1として台頭。引地も準々決勝、準決勝では、完全復活を印象付ける快投を見せ、投手陣全体のレベルアップを感じさせる戦いぶりだった。

 関西は、浜田紳吾新監督体制となって初めての県大会で、いきなりの決勝進出。パンチ力とスピードを兼ね揃えた1番・伊島龍哉ら、振りの鋭い打者が並ぶ打線の迫力は大会随一だった。エースナンバーを背負う田中隼也、キレのある直球が武器の三井有世ら投手陣も経験を積み、安定感が増した印象だ。今大会で得た“勢い”を夏に繋げていきたい。

【次のページ】 夏の甲子園への切符を狙う"新鋭"と"古豪"

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
第202回 奥川、西はどのような投球を見せたのか?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第201回 佐々木、及川の実力は?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第15回 明誠学院(岡山)「みんなキャプテン」という言葉をチームで意識する【冬が僕らを強くする2019】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
立正大vs関西国際大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
関西国際大vs創価大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
関西国際大vs中部学院大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
第813回 飛躍の夏、我慢の秋。西純矢と創志学園が来夏に笑うために必要なこと 【2018年インタビュー】
広陵vs創志学園【2018年秋の大会 第131回(平成30年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
第795回 覚悟の強さこそが最大の武器!靏仁(石見智翠館)のプロへの想い!【後編】 【2018年インタビュー】
第794回 投手一本で飛び込んだ高校野球  靏仁がエースになるまで【前編】 【2018年インタビュー】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
岡山学芸館 【高校別データ】
おかやま山陽 【高校別データ】
岡山商大附 【高校別データ】
岡山理大附 【高校別データ】
関西学院 【高校別データ】
関西 【高校別データ】
関大一 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】
倉敷商 【高校別データ】
興譲館 【高校別データ】
創志学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム