第654回 宇部工が42年ぶりの春制覇で幕を閉じた春季山口県大会を徹底総括!2018年05月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]好投手・佐伯 亮太朗打ち崩し42年ぶりの春制覇を果たした宇部工
[2]夏に向け期待を感じさせる公立勢の活躍

夏に向け期待を感じさせる公立勢の活躍



エース・田中 未来投手(宇部商)
 

 昨秋に続いて4強進出の早鞆は、エースに返り咲いた畑村 政輝のスケールアップした投球が際立っていた。準々決勝・戦では投じた直球の多くが津田恒美メモリアルスタジアムのスピードガンで140km/h越えを記録する圧巻の投球。今後も熱視線を集める存在となりそうだ。

 

 準決勝で下関国際昨夏以来の“再戦”を果たした宇部鴻城は2年生主体のチームで今春を戦った。その下関国際戦では敗れはしたものの、中軸を担う田中 力が本塁打、翌日の3位決定戦・早鞆戦では池村 健太郎が公式戦初完封を記録するなど、投打で2年生が台頭。“若い”チームなだけに、ここからの一伸びにも期待したい。

 

 私立勢以外にも、「1番・投手」の磯村 飛鷹を中心に、下関国際相手に奮闘した徳山、打線に力のある常連校・南陽工、就任2年目の松尾貢史監督の下、復活の雰囲気を感じる宇部商らの公立勢の活躍も多く見られた今大会。大会を通じて得た自信、浮かび上がった課題を胸に、夏に向けて各校がどんな成長を見せるか。中国大会に挑む上位4校だけでなく、こちらも大いに楽しみだ。

 

(文・井上幸太)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
光泉カトリックvs北大津【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
高知vs金光学園【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
桐生第一vs桐光学園【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs桐光学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs三浦学苑【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第49回 高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か?【101回大会特集】
第534回 宇部鴻城 嶋谷 将平選手「高い吸収意欲と悔しさを糧に」 【2017年インタビュー】
第458回 神宮をどよめかせた天才ショートストップ!嶋谷将平の華麗なる守備の秘密 【2016年インタビュー】
宇部工 【高校別データ】
宇部鴻城 【高校別データ】
宇部商 【高校別データ】
光星学院 【高校別データ】
光明相模原 【高校別データ】
下関工科  【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
高川学園 【高校別データ】
徳山 【高校別データ】
南陽工 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
八戸学院野辺地西 【高校別データ】
早鞆 【高校別データ】
光 【高校別データ】
山口鴻城 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム