第654回 宇部工が42年ぶりの春制覇で幕を閉じた春季山口県大会を徹底総括!2018年05月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]好投手・佐伯 亮太朗打ち崩し42年ぶりの春制覇を果たした宇部工
[2]夏に向け期待を感じさせる公立勢の活躍

好投手・佐伯 亮太朗打ち崩し42年ぶりの春制覇を果たした宇部工



42年ぶりの春制覇を果たした宇部工

 

 宇部工が1976年以来、42年ぶりの春制覇を果たした春季山口県大会。大会の印象的な場面、戦いぶりの紹介を交えつつ、今大会の総括を行いたい。

 

 優勝した宇部工は準決勝進出4チームのなかで唯一の公立校。準々決勝は4カード全て「私立VS公立」の構図となったが、宇部工が登場する第4試合までの3試合で残りの公立校は全て敗退。「4強は全て私立校になるか」という空気が立ち込めるなかで始まった、秋準優勝の有力校・高川学園との一戦は非常に鮮烈な試合内容だった。

 高川学園先発の佐伯 亮太朗が、投げては前半5回を無安打、打っても左中間を破る適時二塁打を放つなど、投打に活躍を見せ、試合序盤は高川学園ペース。追いかける宇部工は、6回に3安打を集めて逆転するなど、徐々に佐伯を捉え始め、最終的には8安打7得点。守りでは、先発した背番号8の久保田 巽が130km/h中盤の直球を武器に、粘りの3失点完投で勝利を手繰り寄せた。

 

 この逆転勝ちで波に乗った宇部工は、準決勝で早鞆を4-3、決勝ではセンバツ出場の下関国際を9-5で降し、県の頂点へ。地区大会を含めた6試合で合計39得点と大会を通じて、打線全体の強いスイングが際立っていた。県1位校として臨む地元開催の中国大会での打撃にも要注目だ。

 

 準優勝の下関国際は、エース・鶴田 克樹の登板を下関工科 戦の1イニングに留め、投手陣の底上げを図った。今大会、投手として台頭したのが、1年夏から外野手として試合出場を続けている木村 大輝。バランスの良いフォームから投じるスピンの効いたストレートは、球速表示以上のキレを感じさせた。

 

 6回まで0行進が続き、最終的に1-0で勝利を挙げた準々決勝・徳山戦を筆頭に、緊迫した場面でも崩れない守備、そつなく点を奪う試合巧者ぶりは今大会も光っていた。厚みを増した投手陣で、昨夏今春に続く、3季連続の甲子園出場がかかる夏に挑む。

【次のページ】 夏に向け期待を感じさせる公立勢の活躍

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
桐生第一vs桐光学園【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs桐光学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs三浦学苑【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
仙台育英vs宇部鴻城【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
中京学院大中京vs八戸学院光星【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第49回 高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か?【101回大会特集】
第956回 星稜vs智辯和歌山などすべてがハイレベルな3回戦4試合!準々決勝に勝ち進むのは?【大会展望・総括コラム】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第956回 ベスト8をかけた戦い!東海大相模ら 大会10日目4試合のみどころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第10回 宇部鴻城高等学校(山口)【7年ぶり2回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第534回 宇部鴻城 嶋谷 将平選手「高い吸収意欲と悔しさを糧に」 【2017年インタビュー】
第458回 神宮をどよめかせた天才ショートストップ!嶋谷将平の華麗なる守備の秘密 【2016年インタビュー】
宇部工 【高校別データ】
宇部鴻城 【高校別データ】
宇部商 【高校別データ】
光星学院 【高校別データ】
光明相模原 【高校別データ】
下関工科  【高校別データ】
下関国際 【高校別データ】
高川学園 【高校別データ】
徳山 【高校別データ】
南陽工 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
八戸学院野辺地西 【高校別データ】
早鞆 【高校別データ】
光 【高校別データ】
山口鴻城 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム