4月21日から開幕する第142回 九州地区高等学校野球大会。16校が出場する今大会は、注目チーム、注目選手が多く揃う。そんな今大会の見どころを紹介したい。
会場:久留米市野球場,小郡市野球場

注目は明豊vs聖心ウルスラ

 メイン球場の久留米野球場の開幕戦では、れいめい(鹿児島1位)と未来沖縄(沖縄1位)の一戦が行われる。れいめい鹿児島大会で準々決勝鹿屋中央決勝樟南と優勝候補を破り、優勝を決めた。投打の中心は左腕の松江 優作(3年)、県大会で打撃好調だった3番・川口考(3年)の二人だ。九州大会でも引き続き活躍を見せていきたい。未来沖縄沖縄大会準決勝で沖縄尚学、決勝で興南と、甲子園優勝経験もある2校を破り、初優勝を決めた。中心選手は最速145キロ右腕・丹保翔、1年生時から経験を積んでいる新垣 龍希の投球にも注目が集まる。

 選抜出場の富島(推薦出場)は八幡(福岡2位)と対戦。富島は夏の甲子園出場へ向け、実りある大会にしたい。八幡福岡県大会で、昨年選抜出場の東海大福岡など強豪を破り、決勝まで勝ち進んだ実力校だ。

 選抜ベスト8の創成館(長崎・選抜推薦)は、強打を誇る文徳(熊本1位)と対戦。創成館は夏へ向け、投打ともにしっかりと成果を残したいところ。文徳は1年から4番に座る萩尾 匡也(3年)が創成館が誇る強力投手陣相手に一打を見せることができるか。

 九州国際大付(福岡4位)は、福岡県大会4位に終わったが、投打ともにポテンシャルが高い選手を揃える。九州大会では爆発力ある野球を見せることができるのか?
 対する東明館(佐賀1位)は、佐賀商佐賀学園龍谷といった強豪を下し、佐賀県大会優勝。九州大会ではどんな野球を見せるのか?

 伊万里(佐賀・選抜推薦)は、昨秋に続いて二季連続の九州大会出場。選抜で大阪桐蔭戦った経験を九州大会で生かしたい。対する東筑紫学園(福岡3位)は、秋ベスト8、そしてこの春ベスト4と順当に結果を残してきた。九州大会1勝を目指していきたい。

 聖心ウルスラ(宮崎1位)vs明豊(大分1位)は、1回戦では屈指の好カード。聖心ウルスラのエース・戸郷 翔征は県大会でも好投を続け、140キロ台を連発。ドラフト候補として注目される右腕の1人としてアピールをしたい。明豊のスラッガー・濱田 太貴は県大会でも自慢の長打力を発揮してきた。この2人の対決は注目が集まりそうだ。

 東筑(選抜推薦・福岡)は、エース・石田 旭昇(3年)は右サイドから140キロを超える直球と多彩なツーシームを得意にする九州屈指のサイドハンド。打線も上位下位と切れ目なく、高い得点力が期待できる。対する長崎総科大附(長崎1位)は、決勝の波佐見戦では一時、0対8と大量点差をつけられたが、そこから大逆転で、波佐見を破り、長崎県大会優勝を決めた。県大会で見せた打力を九州大会でも発揮できるのか?

 樟南(鹿児島2位)は鹿児島県ナンバーワン左腕・松本 晴の投球に注目。対する延岡学園(宮崎・選抜推薦)は、プロ注目の大型遊撃手・小幡 竜平(3年)は攻守でキレのあるプレーを見せていきたい。

このペ-ジのトップへ