第639回 【決勝展望】センバツ連覇を狙う大阪桐蔭か?24年ぶりの優勝を狙う智辯和歌山か?2018年04月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


 23日から開幕した第90回記念選抜高等学校野球大会もついに決勝戦を迎え、最後のカードは大阪桐蔭(大阪)vs智辯和歌山(和歌山)に決まった。大阪桐蔭は1982年のPL学園以来となる選抜連覇を目指し、智辯和歌山は1994年以来、24年ぶりとなるセンバツ優勝を狙っている。今回は激戦が予想される決勝戦の見所を紹介したい。

 昨秋、両校は近畿大会の決勝で対戦している。試合は投手戦となり、0対0で迎えた6回裏、根尾 昂の本塁打で大阪桐蔭が1点を先制。その1点をエース・柿木 蓮が守りきり完封。大阪桐蔭が近畿大会優勝を果たした。この戦いから半年を経た今、智辯和歌山の打撃の破壊力は数段レベルアップしており、昨秋とは一転して打撃戦が予想される。

まずは今大会の両校のチーム成績を見てみよう。
大阪桐蔭 【打撃】打率.361 1本塁打 42得点 OPS.975 5盗塁 
      【投手・守備】防御率1.15 被安打率.180 奪三振率11.08  2失策
智辯和歌山 【打撃】打率.336 2本塁打 34得点 OPS.878 2盗塁
      【投手・守備】防御率6.16 被安打率.262 奪三振率6.63 8失策

智辯和歌山 個人投手成績個人野手成績、大阪桐蔭 個人投手成績個人野手成績

 数字の上では打撃力、投手力、守備力とどれをとっても大阪桐蔭が優れている。その指標通りにいけば、大阪桐蔭が有利に試合を運ぶだろう。しかし智辯和歌山は、準決勝の東海大相模戦でも投手力では不利だったが、それを上回る強打を見せ逆転勝利を呼び込んだ。今年の智辯和歌山は多少の失点でも取り返してしまう強みがあり、大阪桐蔭はそれを一番警戒しているはずだ。

 智辯和歌山打線でカギを握るのは、ここまでチーム最多となる7打点を記録している黒川 史陽(2年)だろう。準々決勝の創成館戦で追撃となる本塁打にサヨナラ二塁打、準決勝の東海大相模戦では8回に同点適時打、延長10回に試合を決定づける適時打と調子を上げてきている。選球眼も良く、簡単には打ち取れない。黒川をそのまま6番で起用するのか、打順を上げるのかに注目が集まる。またスラッガー・林 晃汰(3年)は打率2割ちょうどながら、6打点を挙げており、この勝負強さを決勝戦でも発揮したい。

 優勝の条件はこれまで見せた強打を発揮すること。劣勢になっても後半に畳みかける攻撃を見せ、大阪桐蔭にプレッシャーをかけていきたい。

 一方、大阪桐蔭智辯和歌山打線の中心である林と黒川の2人を徹底マークし、2人の前に走者をためない展開にすることが問われるだろう。投手陣総動員でしのいでいきたい。

 打線では打率.500の根尾 昂、打率.438の山田 健太など打撃好調な選手たちがしっかりと勝負強さを見せたいところ。また準決勝でサヨナラ安打を放った藤原 恭大は、昨年の選抜決勝戦で2本塁打を放った強運を今年も発揮したい。

 大阪桐蔭が総合力の高さで試合を制するには、序盤でどれだけ点差をつけ、ミスからピンチを広げない試合運びができるかが鍵となる。

 両校には決勝戦に相応しいハイレベルなゲームを期待したい。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第18回 津商業(三重県) 「打倒中京大中京」を掲げ冬を越す!【冬が僕らを強くする2020】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム