第638回 【準決勝展望】いよいよ選抜準決勝!見所を解説!2018年04月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


 3月23日から開幕した甲子園球場で、第90回記念選抜高等学校野球大会もついに準決勝を迎えた。準決勝に進出した大阪桐蔭智辯和歌山東海大相模三重の4校はすべて選抜優勝経験があり、近年では珍しい組み合わせとなった。そんな準決勝の2試合の見所を解説していきたい。

東海大相模vs智辯和歌山

【チーム成績】
東海大相模:打率.316 24得点 3本塁打 防御率1.67
智辯和歌山:打率.324 22得点 2本塁打 防御率5.14

 2000年の選抜決勝以来の対決。名門校同士の対決は大きく盛り上がりを見せそうだ。

 東海大相模はまだ打線爆発というほどではないが、1番小松 勇輝、2番山田 拓也の1、2番コンビがチャンスメイク、もしくはポイントゲッターとして活躍を見せた。そしてプロ注目の3番打者・森下 翔太は打率.250と思うような活躍はできていない。森下を乗せると一気に打線は活気づくだけに勝負所の森下の打席に注目だ。

 智辯和歌山は準々決勝で11対10と大勝したように、智辯和歌山らしい打って勝つ野球を実現させつつある。防御率はベスト4入りしたチームでワーストの5.14と多少の失点は覚悟。打線の中心である3番・林 晃汰が準々決勝に続き、強烈な一発を見せることができるのか?

大阪桐蔭vs三重

【チーム成績】
大阪桐蔭:打率.430、39得点 防御率1.00
三重:打率.321 25得点 2本塁打 防御率3.67

 2014年の選手権決勝以来の対決。お互い総合力が高く、前回に引き続き、終盤まで手に汗握る勝負が期待できそうだ。

 大阪桐蔭はチーム打率.430、39得点 防御率1.00と、数字面で圧倒。準決勝でもデータ通りの力を発揮することができれば、高い得点力と少ない失点が期待でき、大阪桐蔭の2年連続の決勝進出の可能性が高くなる。

 しかし三重日大三乙訓星稜と好投手擁するチームを攻略して勝ち上がってきただけに簡単に抑えるのは難しそう。投手陣は、ここまで3戦で、3人の投手が先発と複数投手制で勝ち上がってきた。星稜戦で終盤崩れてしまったが、投打ともに総合力が高いチーム。

 この試合は前半戦までに三重がどれだけ先制攻撃ができるかにかかっている。最後まで見離せない勝負を期待したい。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第23回 激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代【高校野球ヒストリー】
第733回 選抜連覇のPL学園を破るために取り組んだ練習の日々 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.1 【2018年インタビュー】
第759回 【準々決勝展望】王者、名門、新鋭、台風の目が勝ち進んだ平成最後の夏!ゲキアツ4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs高岡商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第32回 智辯和歌山高等学校(和歌山)【2年連続23回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
大阪桐蔭vs沖学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第755回 【9日目見所】大阪桐蔭は試合巧者・沖学園と対決!4本の矢・近江にも期待【大会展望・総括コラム】
第27回 大阪桐蔭高等学校(北大阪)【2年連続10回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
近江vs智辯和歌山【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs作新学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第734回 黒川史陽(智辯和歌山)「驚異の勝負強さで選抜準優勝に貢献!目指すは西川遥輝」 【2018年インタビュー】
第732回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
三重 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム