3月23日から開幕した甲子園球場で、第90回記念選抜高等学校野球大会。大会10日目に突入。準々決勝4試合の見所を紹介したい。

東海大相模vs日本航空石川

 東海大相模は上位、下位と切れ目ない打線は大会に入っても発揮。1番小松 勇輝がチャンスメイクできるかで得点効率は変わってくる。日本航空石川は左腕・杉本 壮志が決め球のチェンジアップを使って、東海大相模打線を交わすことができるか。日本航空石川が勝つにはやはり打ち勝つしかない。後半にかけて畳みかける打撃は脅威だが、前半から得点を仕掛けていかないと東海大相模相手に勝つのは難しい。初回からあっと言わせる攻撃を言わせ、長期戦を仕掛けていきたい。

智辯和歌山vs創成館

 智辯和歌山は投打の柱であるエース・平田 龍輝、スラッガー・林 晃汰の調子が仕上がってきた。智辯和歌山は平田以外の投手陣の状態もよく継投策で失点を防ぐことになりそう。打線は1番・神先 恵都を中心に畳みかけていきたい。まだ本塁打はないが、強力打線でプレッシャーをかけていきたい

 創成館は引き続き投手起用に注目が集まる。目先を変える継投で智辯和歌山の強打を防ぎ、打線は1番・峯 圭汰、サヨナラ本塁打を放った松山 隆一の上位打線を中心に着実に点を重ねていきたい。

大阪桐蔭vs花巻東

 大阪桐蔭の打撃陣は巧打・長打・盗塁を絡めせながら、着実に点を加点。無駄なミスをしない守備も安定感がある。投手陣も柿木 蓮根尾 昂の二枚看板の安定感は絶対。2人の起用が予想される。

 花巻東はエース・田中大樹の温存に成功し、準々決勝進出を決めたのは評価できる。この日は投手総動員となりそう。鉄壁の守備と粘り強い打撃で対抗をしていきたい。またここまで登板がない背番号17の大器・西舘勇飛は甲子園デビューを果たすのか、注目したい。

三重vs星稜

 三重は複数の投手陣を起用しながら、勝ち上がってきた。また上位打線に巧打者が揃っている。対する星稜も先発・竹谷 理央、リリーフ・奥川 恭伸でつなぐリレーが勝ち上がってきた。打線も南保 良太郎を軸に左の巧打者が揃っている。三重は序盤から畳みかけ、早めに試合の主導権を握り、奥川を早めに投入させる流れを作っていきたい。星稜は竹谷がどれだけ長いイニングを投げられるかがカギとなりそうだ。