第636回 【9日目見所】今日でベスト8が出揃う!大阪桐蔭vs明秀日立の一戦に注目!2018年03月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から山田健太(大阪桐蔭)、増田陸(明秀日立)

 3月23日から開幕した甲子園球場で、第90回記念選抜高等学校野球大会。大会9日目に突入。今日でベスト8が出そろう3回戦4試合の見所を紹介したい。

明秀学園日立vs大阪桐蔭

 強力打線同士の一戦は大きく盛り上がりを見せそうだ。明秀学園日立はここまで2試合連続で長打を発揮している増田陸が大阪桐蔭投手陣相手に力を発揮することができるか。強打のセカンド・芳賀 大成も勝負強い打撃を期待したい。対する大阪桐蔭は打線好調。明秀学園日立細川 拓哉の切れ味鋭い変化球を捉え、攻略することができるか。投手陣は平均球速140キロを超える根尾 昂が安定感あるピッチングを見せていきたい。

花巻東vs彦根東

 花巻東はエース・田中大樹、彦根東は増居翔太と両チームともエースが左腕の対決。田中は軟投派、増居は本格派とそれぞれのスタイルを持った投手の投げ合いは注目だ。また、両チームとも初戦で好投手を攻略して勝ち上がったように一定以上の打力がある。投手が実力を発揮するのか、それとも打線が力を発揮するのか?4点、5点の勝負が予想されそうだ。

乙訓vs三重

 三重はエース・定本卓真が完封勝利と調子を上げてきている。打線も140キロ台の投手を攻略できるミート力も兼ね備えており、この試合でも爆発に期待がかかる。対する乙訓は1番から9番まで強打だけではなく、小技も仕掛けられる打線。乙訓はエース・川畑 大地が初戦で無失点の好リリーフを見せ、状態は上がっている。お互いの打線が力を発揮して打撃戦になるのか、両エースが実力を発揮し、投手戦となるのか。いずれにしてもハイレベルな試合になることは間違いない。

近江vs星稜

 お互い左の好打者が上位を打ち畳みかけるチームカラーは共通している。近江金城 登耶(3年)、林 優樹(2年)の両左腕のピッチングがカギ。星稜は、146キロ右腕・奥川 恭伸は初戦で松山聖陵の好投手・土居を攻略した近江打線に対し、どんなピッチングを見せるのか。5~6点の勝負が予想されそうだ。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
乙訓vs立命館宇治【京都府 2019年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
彦根東vs綾羽【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
近江vs滋賀学園【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
近江vs綾羽【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
滋賀学園vs彦根東【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
第79回 令和がスタート。令和元年の怪物候補8名をピックアップ!【高校野球コラム】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第41回 斬新に歴史重ねた「第11回少年硬式野球四国選手権」で輝いたネクスト球児たち【四国発】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第929回 センバツで150キロ出したい!夏の甲子園へ監督を連れていく岩本大地(石岡一)の覚悟【後編】 【2019年インタビュー】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
近江 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
乙訓 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
彦根東 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム