第635回 【8日目見所】明徳義塾vs日本航空石川の一戦に注目!ベスト8進出を決めるのは?2018年03月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

谷合悠斗(明徳義塾)

 3月23日から開幕した甲子園球場で、第90回記念選抜高等学校野球大会。大会8日目に突入。3回戦3試合の見所を紹介したい。

日本航空石川vs明徳義塾

 初戦10得点で勝ち上がった日本航空石川と逆転サヨナラ3ランで勝ち上がった明徳義塾の一戦。ともに打線に力があるが、日本航空石川は継投策で勝ち上がってきたのに対し、明徳義塾はエース・市川 悠太1人。サイドスローから140キロ中盤をたたき出す市川の能力は素晴らしいが、前回の試合では後半につかまったようにイニングごとに波を小さくしたい。日本航空石川は出来るだけ球数を投げさせてスタミナを消耗させながら、後半勝負に仕掛けていきたい。

 試合展開は、市川の出来次第で、打撃戦になる可能性がある。前半・後半、両校がどんな戦いをするのか、注目だ。

國學院栃木vs智辯和歌山

 これまで継投策で勝ちあがった國學院栃木。この試合も強打の智辯和歌山打線に対するが、多少の失点は覚悟。國學院栃木が勝利するには、智辯和歌山投手陣を攻略し、打ち勝つ試合展開となるだろう。智辯和歌山は初戦で[team]富山商[/team]の好投手・澤田の前に苦しんだが、この試合では強打が期待できそう。初戦、無安打に終わったスラッガー・林 晃汰がどのように修正するのか、注目だ。

智辯学園vs創成館

 智辯学園は初戦で昨秋に比べ、投手力、打撃力も向上した姿を証明。左腕エース・伊原が試合を作り、強打、小技を駆使して得点を加点していきたい。対する創成館は初戦で145キロ右腕・鶴田 克樹を攻略し、課題だった打撃もレベルアップを見せている。ポイントは投手起用。エースの川原 陸が続けて先発か。本格派左腕・七俵 陸が先発するのか、投手起用に注目が集まる。お互いディフェンス力が高く、ハイレベルな接戦が期待できそうだ。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第8回 五島高校(長崎) 「逆転負けの悔しさを味わったチームの逆襲の冬」【冬が僕らを強くする2020】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1000回 明徳義塾(高知・2年ぶり19回目の出場)「逆転の明徳義塾」で全冠制覇を目指す!【センバツ2020】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
國學院栃木 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム