第633回 【3日目見所】2回戦注目の好カード・明徳義塾vs中央学院など3試合のポイントは?2018年03月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から市川悠太、大谷拓海

 3月23日から開幕した甲子園球場で、第90回記念選抜高等学校野球大会。大会3日目は明徳義塾vs中央学院など好カードが目白押し。対戦を制し、3回戦に進出するチームはどこになるのか?今回は3日目3試合の見所を紹介していきたい。

中央学院vs明徳義塾

 明治神宮大会以来のカードとなったこのカード。明徳義塾中央学院のエース・大谷 拓海のペースにさせない仕掛けを見せていきたい。そのためには1、2番の出塁がカギとなるだろう。4番谷合悠斗が勝負強い打撃を見せることができるか、注目だ。明徳義塾のエース・市川 悠太は安定感十分。いつものようにカウント球、決め球を自在に投げ分けられる状態であれば、中央学院が打ち崩すのは難しいだろう。
中央学院は投打の中心である大谷が自分の実力を発揮することが必須条件。打者・大谷は前回の対決で市川から本塁打を打っているが、市川の失投を逃さず、勝負強い一打を見せることができるか?また前後の打者は機動力を仕掛け、市川を崩していきたい。

智辯和歌山vs富山商

 智辯和歌山は評判の豪打を発揮できるか。ドラフト候補として期待される大型スラッガー・林 晃汰が夏の甲子園に続き一発を見せることができるか。投手陣に不安を抱えるが、多少の失点をカバーできる打力は十分にある。富山商はエース・沢田 龍太が相手の強力打線をしのぐピッチングができるか注目される。

智辯学園vs日大山形

 智辯学園左向 澪など上位打線に俊足巧打の左打者が揃い、ここから畳みかけて得点を加点していきたい。守備ではエース・伊原隆人、大型捕手・小口 仁太郎が軸。伊原は持ち味の切れのあるストレート、チェンジアップを巧みに使い分け、小口は伊原の持ち味を引き出すリードを見せていきたい。対する日大山形斎藤 史弥、大型捕手・渡部 雅也など打力が高い打者が揃う。彼らが中心となって攻略していきたい。両校の持ち味が発揮できると、4点~6点ぐらいの勝負となりそうだ。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第987回 明治神宮大会に出場した野手はやはりタレント揃い!来春の進化が楽しみな逸材を徹底紹介! 【神宮大会総括】【大会展望・総括コラム】
第986回 高橋宏、下ら令和最初の神宮大会で輝いた好投手たち【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第8回 明徳義塾高等学校(高知・四国地区代表)「史上初の3位校から四国制覇!反発力で一戦必勝へ」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
第894回 名伯楽の指導によって覚醒した野村健太(山梨学院)目指すは高校通算50本塁打!【後編】 【2019年インタビュー】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
富山商 【高校別データ】
日大山形 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム