第628回 初戦から激戦必至!鹿児島県大会の注目カードを一挙紹介!2018年03月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から吉村 陸矩(鹿児島実)、中里 琉星(神村学園)

 3月21日から開幕する第142回九州地区高校野球大会鹿児島県予選。連合3チームを含む76校67チームが出場するこの大会で注目すべき対戦カード、チームを紹介していきたい。

出場67チーム組み合わせ決まる神村学園、鹿児島実、2強を軸に優勝争い?

 第142回九州地区高校野球大会鹿児島県予選の組み合わせ抽選会が3月4日、鹿児島市の鶴丸高校文化館であり、連合3チームを含む76校67チームの対戦カードが決まった。

 大会は21日に開幕し、4月4日まで(※準決勝前日は休養日)、鹿児島市の鴨池市民球場、姶良市の姶良総合運動公園野球場の両球場で春の九州大会を目指した熱戦が繰り広げられる。開会式は実施しない。上位2チームが九州大会(4月21―26日・福岡)に出場する。

 抽選会では、昨秋優勝の神村学園が第1、以下、鹿児島実鹿児島情報鹿屋中央鶴丸薩南工樟南鹿児島商、8強以上の成績を残した8校がシードされ、残りチームがフリー抽選で対戦カードが決まった。優勝争いは神村学園鹿児島実の2強を軸に鹿児島情報樟南鹿屋中央の私学シード勢、薩南工鶴丸鹿児島商の公立シード勢が絡む展開になりそう。

  昨夏準優勝の鹿児島と第8シード鹿児島商が初戦で対戦するなど、初戦の好カードも多く、シード校といえども序盤から気が抜けない。2年連続でセンバツ甲子園出場を逃した鹿児島勢の中で、来る第100回大会の夏を占う上でも大事な大会になりそうだ。

 組み合わせを4つのパートに分けて展望を述べる。

【神村学園―鹿児島商】神村学園を追う学校は?

 第1シード神村学園が実績、戦力で一歩抜けている。エースで主将の中里 琉星(2年)、小田大介監督が「2017年の救世主」と呼ぶ金城 伶於(2年)ら経験豊富な投手陣に加え、羽月 隆太郎(2年)、角 颯真(2年)、阿次富 雄大(2年)ら野手の能力も高い。1年生好左腕・上野 倖汰を擁する枕崎との初戦を注目したい。

 昨秋、5年半ぶりに8強入りした鹿児島商は粘り強さが身上の左腕・横谷 蒼(2年)がカギを握る。松永 遥平(2年)―上之薗 大雅主将(2年)の昨夏準優勝バッテリーを擁する鹿児島との初戦は2回戦屈指の好カードだ。鹿屋工も投打の潜在力は高い。伊集院出水中央鹿児島玉龍武岡台は好勝負が期待できそう。

【鶴丸―鹿屋中央】好チームがひしめく最大の激戦区に

 好チームがひしめく最大の激戦区になりそう。第4シード鹿屋中央は打線に力がある。リードオフマンの篠田 大聖(2年)、1年生ながら4番に座る柊木野 太助ら打線の破壊力は県下トップクラス。それだけに投手陣の出来が上位に勝ち上がるカギになりそう。

 第5シード鶴丸も4番・中野 尚仁(2年)を軸に打力は高い。鳴川 俊介(2年)、東畑 竣(2年)の好右腕2人を擁する川内商工との初戦は好勝負が期待できそう。加世田れいめい池田なども力がある。鹿児島工川辺、奄美勢同士の対戦となる喜界大島は2回戦の好カードだ。

【鹿児島情報―薩南工】元プロ佐々木監督が就任した鹿児島城西にも注目

 鹿児島情報鹿児島枕崎樟南と好チームに競り勝って4強入りしシード権をとった。リードオフマン本村 優貴主将(2年)をはじめ、積極的に足を使える選手が多く、攻撃野球が持ち味だが、昨秋は1年生左腕・沖田 龍之丞らを中心とした粘り強く守れる野球もできるようになった。

 第6シード薩南工は好右腕・柳元 義貴主将(2年)を中心に安定感がある。昨秋は準々決勝で鹿児島実相手に延長11回の接戦を演じた。攻撃力の向上がすれば更なる上位も狙えそう。鹿児島中央との初戦は要注意。元プロ野球選手の佐々木誠新監督を迎えた鹿児島城西国分中央なども注目したい存在。加治木鹿屋徳之島加治木工を好カードに挙げておく。

【樟南―鹿児島実】鹿児島を代表する名門が同ブロック!

 鹿児島実樟南の両シード勢が実力的には抜けている。鹿児島実はエース吉村 陸矩(2年)、左腕・立本 颯(2年)の計算ができる左右2本柱がおり、4番・西 竜我(2年)を中心とする打線も破壊力があり、優勝候補に挙げられる。創部100周年の年に夏の代表を勝ち取るためにも、この春に弾みをつけたい。

 樟南も実力的には神村学園鹿児島実に遜色ない。県下屈指の好左腕・松本 晴主将(2年)は全国クラスの力がある。松本に続く2、3番手投手が台頭してくると夏に向けても楽しみ。リードオフマンの石澤 凛汰郎(2年)ら野手も力がある。

 大隅の雄・尚志館、昨秋3回戦で奇跡の逆転勝利を挙げた鹿屋農鹿児島南などがどこまで意地を見せられるか。

(文=政 純一郎)

 

このペ-ジのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
第799回 神村学園、攻守に安定感 「守り勝つ」野球を再認識  2018秋鹿児島大会総括【大会展望・総括コラム】
神村学園vs鹿屋中央【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs鹿児島城西【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿屋中央vs鹿児島情報【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs川内【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs鹿児島商【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第516回 伝統を受け継ぎ、アップデートを続ける国分中央(後編)【野球部訪問】
第515回 部員3人から県大会ベスト4!チームを支える3つのモットー!国分中央(前編)【野球部訪問】
第514回 野球を通じて人間を磨く 鹿児島県立枕崎高校(鹿児島)【後編】【野球部訪問】
第730回 スピードよりも、制球とキレ 「甲子園に行くことしか考えていない」松本晴(樟南) 【2018年インタビュー】
第699回 鹿児島ナンバーワン左腕・松本晴(樟南)が抱くエース像 【2018年インタビュー】
第389回 阪神タイガース 大和選手「自慢の守備は地道な壁当てから始まった」 【2016年インタビュー】
第275回 神村学園高等部 山本 卓弥選手【後編】 「目指すは『相手投手から嫌がられ、仲間から信頼される打者』」 【2015年インタビュー】
第274回 神村学園高等部 山本 卓弥選手【前編】 「才能開花のきっかけ」 【2015年インタビュー】
鹿児島商 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
鹿児島情報 【高校別データ】
鹿屋中央 【高校別データ】
神村学園 【高校別データ】
薩南工 【高校別データ】
樟南 【高校別データ】
樟南二 【高校別データ】
鶴丸 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

政純一郎
政 純一郎(つかさ・じゅんいちろう)
  • 生年月日 1974年12月18日
  • 出身地 鹿児島市
  • ■ 経歴
    鶴丸高校―同志社大
  • ■ 鹿児島新報で6年間スポーツ担当記者。2004年5月の同社廃刊後、独立
  • ■ 「スポーツかごんまNEWS」を立ち上げ、野球、バスケットボール、陸上、サッカーなど主に鹿児島のスポーツを取材執筆する。2010年4月より奄美新聞鹿児島支局長を兼務
  • ■ 著書に「地域スポーツに夢をのせて」(南方新社)「鹿実野球と久保克之」(同、久保氏と共著)
  • ■ Webでは「高校野球ドットコム」、書籍では「野球小僧」(白夜書房)「ホームラン」(廣済堂出版)「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン)「月刊トレーニングジャーナル」(ブックハウスHD)などに記事を寄稿している。
  • ■ 野球歴は中学から。高校時代は背番号11はもらうも、練習試合に代打で1打席、守備で1イニングの試合経験しかない。現在はマスターズ高校野球のチームに所属し、おじさんたちと甲子園の夢を追いかけている
  • ■ フルマラソンの自己ベスト記録は3時間18分49秒(2010年のいぶすき菜の花マラソンにて)。野球とマラソンと鹿児島をこよなく愛する「走るスポーツ記者」

スポーツかごんまNEWS
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム