第622回 第90回センバツ逸材投手【西日本編】ガイドブック2018年01月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から市川悠太(明徳義塾)、柿木蓮(大阪桐蔭)、川原陸(創成館)

 第90回記念選抜大会の出場36校が決まった。今年はどんな選手がいるのか?東日本、西日本と分けて紹介していきたい。第2回は東日本投手編(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)に続き、西日本(近畿・中国・四国・九州)の逸材を紹介したい。

■西日本 注目投手リスト
柿木 蓮大阪桐蔭
横川 凱大阪桐蔭
平田 龍輝智辯和歌山
川畑 大地乙訓
有本 雄大おかやま山陽
市川 悠太明徳義塾
土居 豪人松山聖陵
川原 陸創成館
伊藤 大和創成館
七俵 陸創成館
石田 旭昇東筑

 西日本で最も注目を集めるのは昨年の選抜優勝の大阪桐蔭。昨春、優勝を経験した選手たちが多く残る。

 昨年の選抜で、登板経験があるエースの柿木 蓮は最速148キロの速球で勝負する本格派。秋は近畿大会決勝で完封するなど優勝に大きく貢献するも、秋のピッチングのままでは勝てないと感じ、冬はトレーニングに専念してきた。センバツでは自分の持ち味である力強いストレートを軸としたピッチングを見せたいと意気込む。

 そして柿木とともに注目されている横川 凱は、190センチから最速144キロを投げ込む大型左腕。一時期、不振に陥ったが、選抜出場がかかった近畿大会準々決勝の近大附戦で好投を見せた。横川も強いストレートを投げることにこだわっている。この選抜では、これまでの横川にはない姿を見せることができるか。

 智辯和歌山のエース・平田 龍輝にも注目。184センチの長身から144キロの速球を投げ込む大型右腕。昨秋は球速を抑え、制球力重視のピッチングで近畿4強進出に貢献した。この春は、制球力に加え、昨夏のような140キロ連発を投げ込むピッチングをみせたい。

 初出場の乙訓はエース・川畑 大地、左腕・富山大樹の二枚看板に注目だ。川畑は173センチと決して大きくないが、体全体を使った投球フォームから常時140キロ台の速球は回転数が高く、スライダー、チェンジアップ、カーブと変化球の精度も高い。ピンチでも動じない精神力の強さも魅力だ。富山は、180センチの長身を生かした投球フォームから、130キロ後半の速球を投げ込む。直球は威力があり、マウンド度胸も強い。秋から2人を視察するスカウトの姿も見られ、この選抜では秋より成長した姿を見せることができるか、注目される。

 初出場のおかやま山陽は、最速142キロ右腕・有本 雄大に注目。神宮大会の登板経験から直球を磨きなおすことを決意。自身が掲げたテーマをクリアし、甲子園初勝利を狙う。

 神宮大会優勝の明徳義塾のエース・市川 悠太は、右サイドから常時140キロ台のストレートは、大学生投手を見ているかのような切れ味があり、変化球は横滑りするスライダー、スプリットを投げ込む。試合状況、相手打者の力量を読んだ投球術も高校生離れしている。「今年は春夏連覇とドラフト1位を目指す」と公言した市川は格の違いを見せることができるか。

 190センチ右腕・土居 豪人松山聖陵)も、この春、甲子園に乗り込む。最速144キロの直球、スライダー、チェンジアップ、フォークを投げ込み、四国4強入り。「アドゥワ(誠・現:広島東洋カープ)と同じ手順で基本から教えている」と、荷川取 秀明監督いわく「2年秋時点でのフォームの完成度はアドゥワより上」という評価の土居。全国デビューする今年の選抜でブレイクを果たしたい。

 神宮大会準優勝の創成館は3人の好投手に注目。エース・川原 陸は184センチの長身から140キロ前後の速球とチェンジアップをコンビネーションにする大型左腕。伊藤 大和は、投げるたびにリリースする位置が変わる投手で、オーバーで140キロ、サイドで130キロ後半を計測。スライダー、シンカーを投げ込み、神宮大会では安定したピッチングを披露した。神宮大会で登板した七俵 陸は181センチの長身から、130キロ後半の速球を投げ込む投手で、ポテンシャルは川原とひけをとらない逸材。この3人が順調に成長を示せば、創成館の初勝利。そして上位進出の期待も高まる。

 二季連続出場の東筑のエース・石田 旭昇は技巧派右サイド。速球投手に注目が集まりやすいが、石田は全国レベルの投球術の上手さを持っている。昨夏のマウンド経験も武器にしたいところだ。

 【第90回センバツ逸材投手【東日本編】も読む

▼90回大会センバツ注目選手シリーズ
東日本投手編(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)
西日本投手編(近畿・中国・四国・九州)
東日本野手編(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)
西日本野手編(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第754回 圧倒的強さ見せた龏谷大平安、激闘の京都大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第733回 選抜連覇のPL学園を破るために取り組んだ練習の日々 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.1 【2018年インタビュー】
第759回 【準々決勝展望】王者、名門、新鋭、台風の目が勝ち進んだ平成最後の夏!ゲキアツ4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs高岡商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第32回 智辯和歌山高等学校(和歌山)【2年連続23回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
大阪桐蔭vs沖学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
センバツ出場乙訓のWエース川畑・富山投手の野球ノートに綴られたチームへの想いとは【現地記者の高校野球取材ノート】
第755回 【9日目見所】大阪桐蔭は試合巧者・沖学園と対決!4本の矢・近江にも期待【大会展望・総括コラム】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第734回 黒川史陽(智辯和歌山)「驚異の勝負強さで選抜準優勝に貢献!目指すは西川遥輝」 【2018年インタビュー】
第732回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
おかやま山陽 【高校別データ】
乙訓 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
東筑 【高校別データ】
東筑紫学園 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム