第621回 第90回センバツ逸材投手【東日本編】ガイドブック2018年01月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から扇谷 莉(東邦)、大谷 拓海(中央学院)、奥川 恭伸(星稜)

 第90回記念選抜大会の出場36校が決まった。今年はどんな選手がいるのか?東日本、西日本と分けて紹介していきたい。第1回は東日本投手編(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)から。

■東日本 注目投手リスト
佐藤 亜蓮由利工
西舘 勇陽花巻東
衛藤 慎也聖光学院
大谷 拓海中央学院
細川 拓哉明秀学園日立
斎藤 礼二東海大相模
生井 惇己慶應義塾
井上 広輝日大三
扇谷 莉東邦
大橋 修人日本航空石川
重吉 翼日本航空石川
奥川 恭伸星稜

 まず北から紹介したい。21世紀枠として出場する由利工からはエースの佐藤 蓮に注目。佐藤は最速143キロのストレートを投げ込む本格派として東北地区でも話題の好投手。一冬超えてどこまでパワーアップしているか注目したい投手だ。花巻東の1年生右腕・西舘 勇陽も全国デビューを迎える。西舘は菊池 雄星大谷 翔平がかつて背負った背番号「17」を背負い、184センチの長身から投げ込む速球は最速142キロ。秋の時点では未完の大器という印象。大谷 翔平は3年間かけて160キロを投げ込むまでに成長したが、西舘はどんな成長を見せてくれるだろうか。

 また、聖光学院衛藤 慎也は入学からケガに苦しんでいたが、2年秋には快投を続け、東北大会優勝の原動力となった。コンパクトなフォームから140キロ近い速球とスライダーを制球よく投げ分ける姿はこれまで聖光学院のエースとして活躍した岡野 祐一郎(東芝)、森久保 翔也(東海大)と似ている。選抜では自分の実力をしっかりと発揮したい。

 大谷 拓海中央学院)は、投打ともに魅力な選手。右スリークォーターから投げ込む直球は最速145キロ。さらに横に大きく曲がるスライダー、落差あるフォークを交えて関東優勝に貢献。打者としても高校通算23本塁打の長打力と逆方向にも本塁打を打てる技術を併せ持つ。NPBスカウトからも高く評価されている。

 細川 拓哉明秀学園日立)は、横浜DeNAの細川 成也の弟。決して上背は大きくないが、鋭い腕の振りからコンスタントに130キロ後半を計測する。試合終盤になっても球速が落ちないスタミナが魅力だ。

 東海大相模のエース・斎藤 礼二は投球フォーム、投球スタイルとともに2000年選抜優勝のエース・筑川力希也を彷彿とさせる右腕。回転の良いストレート、切れのあるスライダーをしっかりと投げ分けゲームメイクする投手だ。慶應義塾生井 惇己はピンチにも動じないマウンド捌きで、数々の至難を潜り抜け、関東ベスト4に導いた。左腕から投げ込む135キロ前後の直球、小さく切れるスライダー、手元で沈むチェンジアップは高い精度を誇る。

2年連続の選抜出場の日大三井上 広輝は長い腕を生かし、振り下ろす140キロ台のストレートは回転数が高く、本人も外角ギリギリに投げ込むストレートに自信を持っている。また2011年の甲子園優勝投手・吉永 健太朗から影響を受け、シンカーを習得。シンカーをいかにマスターできるかが、井上の成長の分岐点となりそうだ。

 東海地区では、東邦扇谷 莉は、188センチの長身から最速146キロのストレートは威力抜群。まだ制球力にばらつきがある投手だが、今年の出場投手の中では最も球威のある真っすぐを投げ込む投手だろう。

 選抜初出場の日本航空石川は2人の速球投手に注目だ。大橋 修人は、昨夏の甲子園で最速145キロを計測。今は大台の150キロを目指して、フォームの見直しをしている。二度目の甲子園では成長した姿を見せることができるか。1年生の重吉 翼は昨秋の北信越大会直前でベンチ入りし、そして完封も成し遂げた。春には140キロ到達も期待できる右腕で、選抜で自分の名を広めたい。

 そしてこの選抜で一躍、ブレイクする可能性があるのは星稜の1年生右腕・奥川 恭伸。かほく市立宇ノ気中で全国制覇の経験がある奥川は最速146キロの速球だけではなく、制球力、変化球の精度、スタミナともに高水準。星稜の林監督も、「ドラフト1位、2位までに指名される投手にしたい」と期待を込める。一冬で蓄えた力をこの選抜で爆発させたい。

第90回センバツ逸材投手【西日本編】もチェック!

▼90回大会センバツ注目選手シリーズ
東日本投手編(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)
西日本投手編(近畿・中国・四国・九州)
東日本野手編(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)
西日本野手編(北海道・東北・関東・東京・東海・北信越)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第23回 激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代【高校野球ヒストリー】
第42回 中央学院高等学校(西千葉)【初出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第44回 中越高等学校(新潟)【2年ぶり11回目】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
高知商vs慶應義塾【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
済美vs星稜【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs聖光学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第28回 星稜高等学校(石川)【2年ぶり19回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第30回 慶應義塾高等学校(北神奈川)【10年ぶり18回目】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
下関国際vs花巻東【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
星稜vs藤蔭【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第660回 奥川 恭伸(星稜)「全国・世界の頂への第一歩」 【2018年インタビュー】
第655回 上田優弥(日本航空石川)「甲子園初アーチは右中間へ打ちたい」 【2018年インタビュー】
第639回 大谷拓海(中央学院)「応援してもらえる二刀流プレイヤーに」 【2018年インタビュー】
慶應義塾 【高校別データ】
聖光学院 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
富山商 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
明秀学園日立 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム