第612回 6年前のアジア制覇に貢献した4割打者・近藤健介(北海道日本ハムファイターズ)2017年11月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今年、けがの影響で規定打席には到達しなかった日本ハムファイターズの近藤 健介。しかしその打率は167打数69安打でなんと.413。1936年以降の日本プロ野球界で4割を記録した選手はおらず、初の「4割打者」となるか注目を集めた。そんな近藤の高校時代やU-18日本代表での活躍を振り返っていく。

6年前のアジア制覇に貢献した4割打者・近藤健介


U-18当時の近藤健介

 名門・横浜で捕手としてチームを牽引した近藤 健介。身長173センチと小柄ながら高校通算本塁打は35本。1年生から試合に出場し、当時の主将だった筒香 嘉智(横浜―横浜DeNAベイスターズ)と共に夏を戦い、1年生ながら打率は4割越えを記録していた。その後捕手に転向し3年春、夏と2度甲子園に出場。当時の横浜にいた横浜DeNAベイスターズの乙坂 智、1学年下には柳 裕也(明治大―中日ドラゴンズ)らを率い全国の舞台を経験した。

 近藤はその後、2011年アジアAAA野球選手権の日本代表に選出される。当時の日本代表には原 樹理東洋大姫路―東洋大―東京ヤクルトスワローズ)、野田 昇吾鹿児島実―西濃運輸―西武ライオンズ)、横尾 俊建日大三―慶應義塾―日本ハムファイターズ)、高橋 周平東海大甲府―中日ドラゴンズ)らが集まった。

 この大会で近藤は評価を急上昇させる。強肩の捕手として評判だった近藤はここでも強肩を披露。スローイングタイムは1.9秒、そしてベース上に送球できるコントロールを兼ね備えていた。予選リーグの台湾戦では巧みな配球を見せ、リードで勝利に貢献。かつて横浜の頭脳と呼ばれた小倉清一郎さんが認める野球脳の高さとインサイドワークの巧みさを発揮。大会を通じて相手の弱点を察知、分析し、押しの強いリードで投手陣を引っ張り、決勝の韓国戦に完封勝利。3大会ぶりの優勝をもたらした。

 その後、近藤は日本ハムファイターズにドラフト4位で指名を受け、プロへ進む。捕手としてプロの世界に進んだが、ファイターズでは外野やサード、などを守る機会が多くなった。1年目から1軍の舞台に立ち、1年目には20試合、2年目には32試合と着実に出場試合数を伸ばし、2014年には89試合に出場。この年にはU21ワールドカップにも選出される。2015年には129試合に出場し435打数142安打、本塁打8、打率.326、出塁率.405というキャリアハイの成績を残した。2017年は怪我の影響で規定打席には届かなかったが、57試合に出場し打率.413。プロ野球史上初の4割打者なるかと注目を集め強烈なインパクトを残した。

 今年の活躍もあって、16日から開幕しているアジアチャンピオンシップに選出。韓国戦では3番DHで先発出場し、先制点を生む内野安打を含む4打数3安打の活躍を見せた。

 プロ6年目のシーズンを終えようとしている近藤。今大会でも安打を積み重ね来シーズンの飛躍につなげていく。

(文・編集部)

注目記事
仙台育英学園高等学校 上林 誠知 選手 「神様からプレゼントをもらう準備」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第776回 全てをやりきったラストサマー!目指すは日本を代表する4番打者!野村佑希(花咲徳栄高) 【2018年インタビュー】
横浜vs桐蔭学園【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs慶應義塾【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
慶應義塾vs横浜商【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs東海大相模【神奈川県 2018年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第790回 絶対的なエース・及川擁する横浜か?強力打線・東海大相模が制するのか?いざ激突!【大会展望・総括コラム】
第785回 怪物・キム・デハン、台湾の大谷翔平・李晨薰など宮崎で躍動したアジアの逸材たち【大会展望・総括コラム】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第780回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「選考基準を再考する」【大会展望・総括コラム】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
日本vs中国【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第757回 何もかも大谷翔平。渡邉勇太朗(浦和学院)が持つ独特の感性 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第755回 2つの顔を持つ蛭間拓哉(浦和学院)4スタンス理論で打撃開花 【2018年インタビュー】
近藤 健介(横浜) 【選手名鑑】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム